トイレ洗浄中の使い方。効果はあるの?ブルーレットと併用してもOK?

トイレ洗浄中
 

手軽に使えるトイレ洗浄中。

ご家庭にストックしている方も多いのではないでしょうか。

 

でも、正しい使い方や放置時間についてしっかり理解していますか?

一度使ってはみたけれど、思ったより効果がなかった…という方は、もしかすると使用方法を守れていなかったのかもしれません。

 

また、トイレ洗浄中と同じく小林製薬から発売されているブルーレットおくだけと併用していいのかも疑問に思いますよね。

同じ会社からの製品だから併用OK?それともやっぱり混ぜるな危険?

と悩んでしまうところです。

 

そこで、トイレ洗浄中の正しい使い方や、ブルーレットおくだけとの併用について見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

トイレ洗浄中の使い方。置き時間はどのくらい?入れっぱなしでもOK?

トイレ洗浄中の使い方


トイレ洗浄中は、トイレ便器内の水たまりの部分に1錠投入して、そこから2時間以上放置するだけでOKです。

2時間以上の放置が必要となるので、できれば出かける前や就寝前に入れることをおすすめします。

放置が終わったら、あとは水で流すだけで洗浄完了となります。

 

トイレ洗浄中が使えるトイレは、様式水洗トイレのみです。

和式水洗トイレや、汲み取り式の簡易水洗トイレには使用できないので誤って使わないように気をつけましょう。

 

トイレ洗浄中は入れっぱなしでもOK?

トイレ洗浄中の放置時間は2時間以上となっていますが、もっと長く放置してもいいのか気になりますよね。

 

実はトイレ洗浄中は「洗浄時間は長いほど効果が出やすい」ようになっています。

 

特にびっしりついてなかなか取れない水垢や、黒ずみ、黄ばみ汚れには、長時間放置の方が効果がありますよ。

一度の洗浄では落としきれないこともありますが、繰り返し長時間放置を行うことでより落ちやすくなっていきますよ。

 

トイレ洗浄中は効果があるの?浄化槽の汚れや尿石は落ちる?

トイレ洗浄中の効果とは?

便器の中を除くと、水たまり部分に黒ずみができていることってありませんか?

擦ってもなかなか落ちないし、水の中の汚れは落としにくい!と感じてしまいますよね。

 

そこで役立つのがトイレ洗浄中です。

 

洗浄粒が含まれた発泡剤タイプの洗剤なので、しつこい黒ずみも見事に撃退してくれます。

さらに、悪臭の原因となる蓄積汚れも洗浄してくれるので、トイレ独特の嫌なニオイも見事になくなっていきます。

1粒入れて放置するだけの簡単な使い方なので、定期的に曜日を決め手使うことで清潔なトイレを保つことができそうですね。

 

浄化槽の汚れ

トイレ洗浄中は、浄化槽の汚れにも効果があります。

ただ、浄化槽は槽内に生息するバクテリアの働きで汚物を分解しており、このバクテリアが弱っているときに酸性やアルカリ性の洗剤を使用すると死滅させてしまう恐れがあります。

そうなると、トイレ洗浄中も使ってはいけない?と思いがちですが、トイレ洗浄中は弱アルカリ性の製品なので、通常通り使用していれば問題はないと考えられます。

使用の際は、使用量や方法を必ず守って通常通りの使い方をしてくださいね。

 

尿石

尿石はアルカリ性の汚れなので、弱アルカリ性であるトイレ洗浄中はそれほど効果がない可能性が考えられます。

そのため、しつこい尿石汚れを何とかしたいという方は、酸性の洗剤を使う方が一発で汚れが落ちやすくなります。

尿石落としに有名な洗剤と言えば、やはりサンポールではないでしょうか。

ただ、酸性洗剤であるサンポールと、アルカリ性洗剤であるトイレ洗浄中を併用してしまうと中和作用が起きて洗浄効果が減ってしまうので、併用は避けるようにしましょう。

サンポールの使い方と注意点。トイレの尿石もキレイにとる方法
サンポールの使い方と注意点を紹介しています。トイレの尿石もキレイに落としてくれるサンポール。汚れを効果的に落とす方法や使用時に気をつけておきたことを解説しています!

どういう所に効果がある?

トイレ洗浄中が効果を発揮してくれるのは、ブラシ部分では届かない便器の奥や底の方です。

ここって「何となく汚れているな~。」と目につくものの、いざ擦り洗いしようとすると届かなくて大変な部分ですよね。

ブラシ自体も細いものを用意しないとピンポイントで汚れを落とせないことが多く、なかなかきれいにできないことにモヤモヤを感じている方も多いと思います。

 

そんなモヤモヤを、トイレ洗浄中なら一発解決してくれますよ。

 

ポンと入れておくだけで洗浄粒入りの発泡剤がすみずみまできれいに汚れを落としていってくれます。

入れておくだけでいいと思うと、面倒なトイレ掃除も楽しくなりますよね。

また、ただ汚れを落としてくれるだけでなく、フレッシュミントの香りもついているのが嬉しい所。

トイレが全体的に爽やかな空間になりそうですね。

スポンサーリンク

トイレ洗浄中とブルーレットおくだけを併用してもOK?

ブルーレットおくだけとは?


ブルーレットおくだけは、トイレ洗浄中と同じく小林製菓のトイレ洗浄用品です。

トイレの手洗いタンクの上においておくだけで、汚れ付着防止成分が便器をきれいに保ってくれます。

ブルーレットおくだけは、基本的に水が流れる部分の汚れを落とすことに有効で、流すたびに便器内の清潔さを保ってくれる働きがあります。

1つで約1カ月間は使用できるので、忙しくてトイレ掃除をこまめにしていられないという方にもおすすめですよ。

 

トイレ洗浄中との併用はOK?

ブルーレットおくだけを常にトイレ手洗いタンクに設置しているというご家庭もあるはず。

そこで気になるのが、トイレ洗浄中を併用してもいいの?ということだと思います。

 

ここのところですが、トイレ洗浄中もブルーレットおくだけも、便器内や配管、浄化槽を傷める心配はなく、併用して使っても問題はありません。

 

ただ、気を付けてほしいのは漂白タイプのブルーレットおくだけとは併用するのは危険ということです。

ブルーレットには「ブルーレットおくだけ漂白剤」という商品があり、こちらは酸性やアルカリ性タイプの洗剤と混ざってしまうと有毒ガスが発生する恐れがあります。

そのため、漂白タイプのブルーレットを使用している方は、トイレ洗浄中の併用は絶対に避けるようにしてください。

 

トイレ洗浄中の使用方法まとめ

トイレ洗浄中の使い方についてまとめてみました。

トイレ用洗剤としては、とても使いやすく楽に掃除できるので、お家に常にストックしておきたい商品ですよね。

定期的に使用することで、トイレの中の嫌な黒ずみも撃退できるようになりそうです。

ただ、汚れによっては落ちにくいものや、併用してはいけない洗剤もあるのでその点は注意して使用していきましょう。

トイレをいつも快適な空間に保てるように、適した洗剤を使ってきれいにしていきましょうね。

 

↓こちらの記事もオススメ↓

トイレ掃除用洗剤おすすめ8選。しつこい尿石や黒カビを落とすのはコレ!
トイレ掃除用洗剤のオススメランキングを紹介しています。しつこい尿石や黒カビをキレイに除去するには「正しい洗剤」を選ぶのがポイント。ここで「おすすめのトイレ洗剤の選び方」も一緒にお勉強しましょう!


 

次にみんなが読んでいる記事



家事
スポンサーリンク
カナエをフォローする
なんでも情報発信局
タイトルとURLをコピーしました