洗濯槽カビキラーでも臭いがとれない。カビ臭さを取る方法





洗濯槽、放っておくとすぐにカビでいっぱいになりますよね。



そんな時に役立つのが洗濯槽カビキラー。



洗濯槽のカビや雑菌を退治してくれるので、きれいで清潔な洗濯槽を保つことができます。

でもこの洗濯槽カビキラーを使っても、なかなかカビ臭さが取れない…というご家庭もあると思います。



そこで、洗濯槽カビキラーの正しい使い方と、カビキラーでも取れない臭いへの対策についてご紹介!



きれいな洗濯機でお洗濯できるように、ぜひ試してくださいね!




スポンサーリンク

洗濯槽カビキラーの正しい使い方、やり方は?


まずは正しい使い方をおさらい

洗濯槽カビキラーの使い方はとっても簡単。


1.洗濯機の電源を入れ、洗濯槽カビキラーをすべて入れて高水位まで水を入れます。

洗濯機によっては槽洗浄コースがあるのでそちらを選びましょう。

お風呂の残り湯ですが、入浴剤を使用したものはNG。

何も入れていないただのお湯なら使用してOKです。


2.洗濯、すすぎ、脱水の標準コースで洗濯機を動かし、洗濯槽を洗浄していきます。

1サイクル終了後は、必ず洗濯槽を確認してください。

まだ汚れが内側に残っている場合や、内側の汚れが浮いている時があるので、そういった時はもう一度すすぎをしてください。



使い方はこの通りなので、とても簡単ですよね。

洗浄中は洗濯機におまかせして放置しておけばいいので、他の家事をこなしている間やちょっと買い物に行く間に槽洗浄をすることができます。




汚れがひどい時はつけおきすると効果アップ

基本的に洗濯槽カビキラーは、放置時間不要の洗剤です。

ですが、汚れがひどい場合は、3時間程度つけおきをしておくと洗浄力がアップするんですよ。



つけおき方法は簡単。カビキラーを洗濯槽に入れ、高水位まで水を注いだ後に放置すればいいだけです。



この時の水、冷たい水ではなくて、お湯の方が汚れが落ちるんじゃない?と思われるかもしれませんが、水でもお湯でもその効果は変わりありません。

ただし、熱湯はカビキラーと併用することで洗剤中の成分変化をもたらしてしまうので、ぜったいに使わないよう注意してください。


一度で汚れが取れないときは

何年も槽洗浄をしていなくて、今回初めてやってみたという場合…。

必ずと言っていいほど、一度で汚れは取れません。

わたしも引っ越してから1年以上洗浄を放置していた洗濯槽は、なかなか汚れが取れず苦労しました。



そんな時は、洗濯槽カビキラーを2つ用意してください。



でも、2つ一気に入れるわけではないのでご注意を。

2回立て続けに洗浄するんです。

1回目のサイクルが終わって、「汚れがまだ残っているな~。」となったら、再度すすぎをしますよね。



でも、しつこい汚れはいくらすすぎをしても出てきます。

そこで、2回目のサイクルをスタートしてください。

やり方は1回目とまったく一緒。ですが、一度洗浄されているので、すすぎの段階での汚れ浮きがまったく違うんですよ。



「かなり汚いであろう洗濯槽を掃除する!」という場合は、あらかじめカビキラーを2つ用意しておいた方がいいかもしれません。

2回も洗浄していると、自分たちの洗濯物をしている時間がない!と思われるかもしれませんが、きちんとすすぎがされていればカビキラーの成分が残留して人体に影響を与えるということはありません。

時間がないからと中途半端に汚れを落とすよりは、一度できれいになるまで頑張ってみることをオススメしますよ。



スポンサーリンク

洗濯槽カビキラーでもカビ臭い!臭いをとる方法は?


実は排水口の臭いかも…

洗濯槽カビキラーを使ってみたのに何だかカビ臭い…。



そんなお悩みを持つ方は、まず排水口をチェックしてください。



意外にも、排水口からカビの臭いがしていたなんてこともあるんですよ。

普段なかなか換気しない所ではありますが、こまめにチェックすることが大事。

詰まりが激しくて臭っているという場合は、パイプユニッシュを使うことでかなりすっきりするようです。


洗濯機のメーカーにあった洗濯槽クリーナーを使う

洗濯槽カビキラーをドラッグストアーで発見してから、洗濯槽は必ずコレで洗う!と決めていたわたしですが、家電屋さんをウロウロしていた時メーカーごとの洗濯槽クリーナーがあることに気づきました。



我が家は日立の洗濯機なので、興味本位で早速購入。



汚れがしつこくなって来た頃洗濯槽洗浄に使ってみたのですが…これはかなり効きました!

カビキラーではなかなか落ちないな~…というカビ臭も、メーカーの洗濯槽クリーナーにより一発できれいになったんです。



カビキラーと比較して、泡立ちは少なめだなという感じがしましたが、それでもしっかりカビ臭を取ってくれたので感激です。

お掃除のプロの方は、メーカーごとの洗濯槽クリーナーを使っていることが多いんだとか!



ただ、カビキラーと比べるとけっこう高いので(1回2000円くらい。カビキラーは400円くらいで売っていますよね。)

毎回使うのはやはり難しいかもしれません。

カビキラーを使っても、全然ダメ!という場合の秘密兵器として利用してみるのはいかがでしょうか。


困った時はプロに相談する手もある!

洗濯槽カビキラーをしたけれど、なかなか臭いが取れない…そんな場合は、思い切ってプロに相談してみるのも一つです。

市販の洗濯槽洗浄剤では、裏側にあるカビや雑菌にまで対処しきれていないのも事実。

それらの汚れが溜まりに溜まって嫌な臭いを発生させているのかもしれません。



この洗濯槽の掃除、プロに頼めば分解しながら掃除してもらうことができます。



こうすることで、裏側のカビや汚れもきれいに取り除けますし、何よりプロなので新品同様きれいにしてくれます。

気になるお値段ですが、1万3000円から2万円ほどが一般的。



大掃除シーズンなどは込み合うこともあるようなので、時期を外してお願いしてみると予約が取れやすいと思います。

年に何度もすることではないですし、どうしてもきれいにしたい!という時は一度相談してみることをオススメしますよ。




洗濯槽カビキラーは効果なし?しつこい匂いを取る方法!まとめ

いかがでしたか。

洗濯槽の掃除、せっかくしたのに汚れ浮きまくり、カビ臭いまくりではがっかりですよね。

基本的には、カビキラーを正しく使えばかなりきれいになっていくので面倒くさがらず小まめに洗浄することが大事ですね。



もし、けっこう掃除するのを放置しちゃった…という場合は、メーカーの洗濯槽クリーナーやプロのお掃除を利用してみてください。

一度ですっきりするので、見違えると思います。

自分たちの着る衣服を清潔に保つためにも、洗濯槽をきれいにできるように工夫していきましょうね!