読書感想文の書き出し例!高評価な書き始め方を例文付きで丁寧に解説!

小学校、中学校、高校のやっかいな夏休みの宿題、読書感想文。本を読むのが苦手な人だと、1冊本を読んでしまうだけでも大変ですよね。何とか苦労して本を読んでしまったとしても、


「書き出しが思いつかず、筆が進まない」


という事ってありますよね。最初の1文だけでもバシッと決まれば、続きが書けそうなのですが、これが難しい。一文字も書けず、原稿用紙が白紙のまま時間だけが過ぎていくあの悲しさたらもう。


「誰かー!読書感想文の良い書き始め方を教えてくださーい!」


って感じですよね。というワケで今回は「読書感想文の書き出し方」を例文付きで紹介しますよ。読書感想文の最初の行でつまづいて「何を書けばいいのかわならない」状態の人やインパクトがある書き出しで「先生から高評価を得たい人」はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

読書感想文の書き出しを例文付きで紹介!

読書感想文の書き出し例1 本との出会いを書く

あなたは「読書感想文の本」をどういう理由で選びましたか?きっとその本に選んだ理由が何かしらあるはずです。その「読書感想文に選んだきっかけ」や「読書感想文の本との出会い」を書き出しにしてみるのも良いアイディアですよ。


書き出し例 サッカーボーイズ編

僕の夢はサッカー選手になる事だ。その為にも現在サッカー部に所属し、毎日サッカーの練習に明け暮れている。なので、読書感想文の本もサッカー関連の本にしようと決めていた。この「サッカーボーイズ」は主人公の遼介がサッカーを通して大きく成長してく話だ。僕は…



書き出し例 ハッピーバースデイ編

本屋でひときわ私の目を引き付けた本。それが「ハッピーバースデイ~命が輝く瞬間~」だ。私がこの本に惹かれた理由は、本の表紙に描かれている腕の中いっぱいにひまわりの花を抱きかかえている女の子にある。この女の子の表情が悲しそうに何かを強く訴えているように見え、「なぜこの症状はこんな表情をしているのだろう」と気になったからだ。

ハッピーバースデイを購入し自宅で読み終え、やっと少女の悲しそうな表情の秘密がわかった。表紙の少女、物語の主人公であるあすかは…



読書感想文の書き出し例2 本の感想から書きだす

あなたが本を読んで思った事を素直に読書感想文の1文目に書いてみましょう。コツは感じたことを「簡潔にまとめて書く」事です。2文目以降は「なぜそう思ったのか」感想の理由を書けば良いので、簡単に続きを書くことができますよね。

また、書き出しに使う感想は何も「良い感想」ではなく「悪い感想」でもOKですよ。


書き出し例 走れメロス編

メロスはバカだ。わざわざ王様の反感を買うような真似をして、親友のセリヌンティウスを勝手に人質にし、そして最後には自分が死ぬために全力で走るからだ。これ程正義感にあふれ、自分の意志を貫く強さを持った「バカな男」が他にいるだろうか。



書き出し例 ホームレス中学生編

僕は驚いた。当時、僕と同じ年齢だったお笑い芸人の田村が公園でホームレス生活を始めなければならなかったからだ。こんな事が現実的に起こりえるという事にもびっくりしたが、僕がさらに驚いたのは貧乏生活の中でも田村が明るく過ごし、最後まで「感謝の気持ち」を忘れなかった事だ。


スポンサーリンク

読書感想文の書き出し例3 疑問文から始める

少し変わった書き出しをしたいなら、最初の一文を疑問文から始める手もあります。疑問文から始めると続きも書きやすいですよね。


書き出し例 変身編

なぜグレーゴルは気味の悪い虫になってしまったのだろうか。

思うにフランツ・カフカの「変身」は「共依存関係から抜け出す家族」がテーマだ。その証拠にグレーゴルが人間だった時は彼に頼りっきりだった家族は、彼が虫に姿を変えた後、少しずつ変化していく。



書き出し例 坂本龍馬編

坂本龍馬はなぜ薩長同盟を結ぶことができたのだろうか。

幕末、薩摩藩と長州藩は「犬猿の仲」と言っていい程、互いに相容れない立場だった。しかし、坂本龍馬が薩摩藩と長州藩の間に入った事で、誰もが不可能だと思っていた薩長同盟が実現したのだ。

これは坂本龍馬が優しさや器の大きさ、そして「自分の信念を最後まで貫き通す強い心」を持っていたからではないだろうか。


ちなみに読書感想文の書き出しを疑問文から始めるなら「もし自分が主人公だったらどうしただろうか?」みたいな書き出しもおすすめですよ。

・もし僕が「五体不満足」の乙武さんだったらどうしただろうか?乙武さんのように明るく前向きに生きられただろうか?」

・もし私が「そして父になる」の野々宮良多だったらどうしただろうか?血の繋がりはないが今までずっと一緒に生活してきた子供。今まで別々に暮らしてきた実の子供。この2人の子供がいたとしたら、一体どのような選択をするだろうか?


ね?なんだか続きが簡単に書けそうですよね。

スポンサーリンク

読書感想文の書き出し例4 会話文から始める

もしあなたが「読書感想文で高得点を取りたい」と考えているなら書き出しを会話文から始めるのがおすすめです。というのも、なぜか書き出しを会話文から始めると先生から高評価を得やすいからです。

始めに書く会話文は「物語のカギとなる主人公のセリフ」や「本を読んだあなたの感想」を書くと良いですね。


書き出し例 ガンジー編

「弱者ほど相手を許す事ができない。許すというのは、強さの証だ」

これは「非暴力、不服従」を提唱したインド独立の父「ガンジー」の言葉である。成る程、彼の強さの秘密は「相手を許す事ができる寛容さ」にあるのだ。そして僕は思う。僕は友達や家族とケンカした時、相手を許す事ができているだろうか。



書き出し例 人間失格編

「なんて嫌な人だろう」

人間失格の大庭葉蔵はいつもおどおどと他人の顔色を窺ってばかりだ。人から嫌われたくないばっかりに自分の意見をはっきりと主張する事ができない。そんな自分の欠点に気付いているのにも関わらず、勇気がなく自分を変える事もできない。

私は大庭葉蔵が嫌いだ。そして、そんな大庭葉蔵と似ている私自身はもっと大っ嫌いだ。


読書感想文の書き出し例5 時事ネタから書き始めてみる

中学生、高校生、大学生の読書感想文なら時事ネタ…つまり、その年に話題になっているニュースを最初に持ってきてみてはどうでしょうか?先生からの評価も上がりやすいので、おすすめですよ。書こうとしてる読書感想文のテーマと合った時事ネタがあれば、使ってみてください。

もしテーマに合った時事ネタが無かった場合、過去の有名なニュースでもOKでしょう。ちなみに2016年なら「戦争」というテーマで「オバマ大統領の広島訪問」を書き出しに持ってきてはいかがでしょうか?


書き出し例 黒い雨編

今年の伊勢志摩サミットでオバマ大統領が広島を訪問した。現職のアメリカ大統領が広島を訪れたのは戦後初めてだ。オバマ大統領は演説で「空から死が舞い降り、世界が一変した」と述べたが、本当にその通りだと思う。

私は井伏鱒二の「黒い雨」を読んで、戦争の残酷さ、原子爆弾の悲惨さを知った。

私たちは今、日本で何不自由なく暮らしているが、八月六日のあの日、あの場所にいた私たちと年齢の変わらない子供たちはどうだっただろうか。



ね、けっこういい感じで書きだせますし、この本文の続きもなんとなく思いつくでしょ?特にあらすじは必要なく、この後は

・現在内乱で争いあっている国や核爆弾を所有している国の事
・テロの事
・今まで勉強してきた戦争について知識
・世界が平和になるためにはどうしたらいいか
・今の自分にできることはないか


等、書きやすい項目で書いていけば良いですよね。だから戦争関連の本だったら選ぶのはなんでもOKですし、下手したら本を読まなくても読書感想文が書けてしまいます(笑)

ちなみにこの「オバマ大統領の広島訪問」は世界的に非常に関心度が高かった歴史的訪問と言えるので、書き出しの「今年」を「二〇一六」に変えれば来年も再来年も使えるネタです。

最初の1文を「オバマ大統領の演説内容」から始めると、書き出しが会話文から始まるのでさらに高評価を狙えますよ。戦争をテーマに読書感想文を書きたい人は参考にしてくださいね。


一緒に「書き出し以外の読書感想文の書き方」もチェックしておきましょう!
→『中学生 読書感想文の書き方例!構成やコツを紹介。小学生・高校生でもOK

読書感想文の書き出し例!高評価な書き始め方まとめ

いかがだったでしょうか?読書感想文の書き始めが決まれば、続きもなんとなく思いつきますよね。書き出しをバシッと決めて早くメンドクサイ読書感想文をさっさと終わらせてしまいましょう。

大丈夫!きっと良い読書感想文が書けますよ。頑張って!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする