国内線 機内持ち込みサイズ一覧!預け入れ荷物の大きさも紹介

旅行や仕事で国内線を利用する時、気になる事の1つと言えば


「飛行機機内に持ち込める荷物のサイズ」


ですよね。
「実家でもらった海産物のお土産」や「仕事で必要な精密機械」等を機内に持ち込もうとしたけど、手荷物検査場でサイズオーバー・・・なんて事になったら大変です。

事前に「機内に持ち込める手荷物の大きさ」をしっかりとチェックしておきましょう!


というワケで今回は「各航空会社ごとの機内持ち込みサイズ一覧」を紹介しますよ。


一緒に「預け入れできる荷物の大きさや重量、超過料金」等もまとめていますので、国内線を利用する人はぜひ参考にしてくださいね。

【目次】
1、国内線 機内持ち込みサイズ一覧
2、預け入れ可能な荷物のサイズや料金は?
 ・JAL(日本航空)
 ・ANA(全日空空輸)
 ・Jetstar(ジェットスター)
 ・ピーチ(peach)
 ・スターフライヤー(STARFLYER)
 ・バニラエア(Vanilla Air)
 ・スカイマーク(SKYMARK AIRLINES)
 ・エアドゥ(AIRDO)
 ・ソラシドエア(Solaseed Air)
 ・春秋空港(Spring Japan)



スポンサーリンク

国内線 機内持ち込みサイズ一覧!手荷物の大きさをチェック!

まずは「国内線で飛行機機内に持ち込める物」ですが、基本的にどの航空会社も

・身の回り品1個
・手荷物1~2個


を持ち込めるようになっています。
「身の回り品」というのは「ショッピングバッグ、ハンドバッグ、カメラ、パソコン、傘、etc」ですね。

んで、この「身の回り品」に加えて「手荷物」を持ち込めるのですが、各航空会社によって機内に持ち込める手荷物の「個数」「サイズ」「重量」が異なります。

以下に「各航空会社ごとの機内に持ち込めるサイズ一覧」を紹介していますので参考にしてくださいね。

空港名個数合計重量サイズ
JAL
ANA
1個10㎏100席以上
3辺の合計が115cm以内
(55cm×40cm×25cm以内)

100席未満
3辺の合計が100cm以内
(幅45cm×高さ35cm×奥行20cm以内)
ジェトスター普通席
1個
ビジネス席
2個
普通席
7kg
ビジネス席
14kg
56cm×36cm×23cm以内
スターフライヤー
ピーチ
スカイマーク
エアドゥ
ソラシドエア
1個10kg3辺合計が115cm以内
(55cm×40cm×25cm以内)
バニラエア1個10kg56cmX36cmX23cm以内
春秋空港1個5kg辺合計が115cm以内
(56cm×36cm×23cm以内)

あと、たとえ国内線の機内に持ち込める大きさ内だとしても「機内に持ち込んだらダメな物」「機内に持ち込むのに条件がある物」もありますので、注意してくださいね。

これらの物をうっかり持ち込もうとすると、手荷物検査場で最悪「廃棄」しないといけなくなってしまいますよ(ノД`)・゜・。

また、国内線と国際線で「機内に持ち込める荷物の規定」も違いますので、そこ辺も気を付けてくださいです!

 関連記事
国内線の機内持ち込み 液体や食べ物、身の回り品はOK?禁止な物は?
国際線の機内持ち込み 液体や食べ物はOK?禁止品や制限がかかる物は?


スポンサーリンク

国内線 預け入れ荷物のサイズは?大きさや料金を比較

飛行機に乗る時は「機内持ち込み用の手荷物」だけではなく、「預け入れ荷物・受託手荷物」も確認しておきましょう。

航空会社によって

・料金(無料で預けられる範囲、超過料金)
・最大何kgまで預け入れが可能か
・サイズや個数


等が異なります。
特にLCC(格安航空会社)の場合、航空券は安くても荷物の預け入れ料金が高かったり、預け入れできる最大量が少なかったりする事があります。

旅行中にお土産を買いすぎて、「超過料金で莫大な費用がかかった」、「最大重量をオーバーして荷物を廃棄した」なんて事にならないように注意ですよ。

JAL(日本航空)の預け入れ荷物

【料金】
無料分
・普通席…20kgまで
・ファーストクラス…1個32kg、合計45kgまで

超過料金分
・1kgにつき200~400円(区間によって異なります)


【最大重量】
・100kgまで(ただし1個の重さは32kgまで)

【サイズ】
・50cm × 60cm × 120cm 以内  

【公式ホームページ】
JALの預け入れ荷物詳細

ANA(全日空空輸)の預け入れ荷物

【料金】
無料分
・普通席・・・20kgまで
・プレミアム席・・・40kgまで

*スターアライアンス・ゴールドメンバーの場合は
 普通席40kg、プレミアム席60kgまで無料

超過料金
・10kg毎に1,000~2,500円
*路線や超過重量によって異なります。


【最大重量】
・100kgまで(ただし1個の重さは32kgまで)

【サイズ】
・3辺の和が203cm以内

【公式ホームページ】
ANAの預け入れ荷物詳細

スポンサーリンク

Jetstar(ジェットスター)預け入れ荷物

【料金】
・15kgまで650~1800円
・15kg以上は5kg毎に約500円追加

*当日空港で預け入れ追加すると割高になるので、事前にネットor電話で予約をしておくのがおすすめです。


【最大重量】
・40kgまで(ただし1個の重さは32kgまで)

【公式ホームページ】
ジェットスター預け入れ詳細

ピーチ(peach)の預け入れ荷物

【料金】
20kgまで
・ネット予約・・・1個1,200~1,800円
・コンタクトセンターや空港で予約・・・1個2,280~2,880円
・ピーチハイクラスの場合、1個目のみ料金が無料

20kg~32kg
・個数ごとに2,110~2,820円必要(路線によって料金が異なります)


【最大重量】
・100kgまで(ただし1個の重さは32kまで)

【サイズ】
・3辺の和が203cmまで

【公式ホームページ】
ピーチ預け入れ荷物詳細

スターフライヤー(STARFLYER)の預け入れ荷物

【料金】
・20㎏まで無料
・20~30kg・・・2,500円
・40~100kg・・・10kg毎に1,000円追加


【最大重量】
・100㎏まで(ただし、1個の重さは32kgまで)

【サイズ】
・3辺の和の合計が203cm以内

【公式ホームページ】
スターフライヤー預け入れ荷物詳細

バニラエア(Vanilla Air)の預け入れ荷物

【料金】
20kgまで
・ワクワクバニラ…2,000~6,000円(路線によって変化)
・コミコミバニラ…無料

21~100kgまで
・5kg毎に1000~2000円の追加料金


【最大重量】
・100kgまで(ただし1個の重さは32kまで)

【サイズ】
・三辺の和が203cm以内、かつ一辺の長さが120cm以内

【公式ホームページ】
バニラエアの預け入れ料金詳細

スカイマーク(SKYMARK AIRLINES)の預け入れ荷物

【料金】
・20㎏まで無料
・20~100㎏・・・10kgごとに1,000円の超過料金


【最大重量】
・100kgまで(ただし1個の重さは32kgまで)

【サイズ】
・50cm×60cm×120cm以内

【公式ホームページ】
スカイマークの預け入れ荷物詳細

エアドゥ(AIRDO)の預け入れ荷物

【料金】
・20kgまで無料
・20~30kg・・・2,500円
・30~100kg・・・10k毎に1,000円の追加料金


【最大重量】
・100kgまで(ただし1個の重さは32kgまで)

【サイズ】
・3辺の合計が203cmまで

【公式ホームページ】
エアドゥの預け入れ荷物詳細

ソラシドエア(Solaseed Air)の預け入れ荷物

【料金】
・20kgまで無料
・20~30kg・・・2,500円
・30~100kg・・・10kg毎に1,000円の追加料金


【最大重量】
・総重量100kgまで(1個あたり32kgまで)

【サイズ】
・3辺の和が203cm以内

【公式ホームページ】
ソラシドエアの預け入れ荷物詳細

春秋空港(Spring Japan)の預け入れ荷物

【料金】
・5kgまで・・・750円
・10kgまで・・・1,500円
・15kgまで・・・2,250円
・20kgまで・・・3,000円
・30kgまで…事前購入不可

*料金は事前予約した分です。
当日空港カウンターで預けるとかなり割高になるので必ず予約しておきましょう。

あと、利用するクラスによっても事前予約できる重量が異なりますので、注意してくださいね。


【最大重量】
・合計60kgまで(ただし、1個あたり30㎏まで)

【サイズ】
・3辺の合計が203cmまで

【個数】
・1人最大3個まで

【公式ホームページ】
春秋空港の預け入れ荷物詳細

国内線 機内持ち込み手荷物サイズ一覧!預け入れ荷物の大きさも紹介まとめ

いかがだったでしょうか?
航空会社によって機内に持ち込める手荷物のサイズや預け入れできる荷物の大きさ・重量・料金が異なります。

空港に行ってから「持ち込めない手荷物があった」「預け入れする荷物が重量オーバーだった」という事がないように事前にしっかりとチェックしておきましょうね。

それでは、素敵な空の旅を楽しんでくださいね♪