人食いマッコウクジラが実在する?食べられたらどうなる?衝撃の映像が!

人食いマッコウクジラはいるの?
 

「マッコウクジラが人を食べることってあるの?」

「映画ジョーズみたいな人食いクジラって実在するの?」

「ダイビング中に人がクジラに飲み込まれてしまったらどうなるの?」

 

海の生物の中でもダントツの大きさを誇るマッコウクジラ。

でも、あそこまで大きいと「人も食べるんじゃ!?」と怖くなっちゃいますよね。

 

そこで今回は「人食いマッコウクジラが存在するのか」についてご紹介。

 

他にも「マッコウクジラの生態」や「凶悪な古代マッコウクジラ」、「実際に人がマッコウクジラに飲まれてしまった衝撃映像」などについてもまとめていますよ。

ぜひ最後までご覧くださいませ。

スポンサーリンク

マッコウクジラの生態は?

世界最大の捕食動物、マッコウクジラ!マッコウクジラの××は金よりも高価です!!

マッコウクジラの大きさは?

マッコウクジラは「偶蹄目・マッコウクジラ科・マッコウクジラ属」に分類されるクジラ類です。

絶滅危惧種にも指定されている哺乳類でもあります。

マッコウクジラの特徴は何といっても大きさでしょう。

体長は15 ~ 18 メートル。体重は35 ~ 45 トン。

歯がある動物の中では世界最大の大きさで、成長したオスだと体長が20メートルを超えるものもいるんだとか。

スゴイですよね。

マッコウクジラの生活様子は?どこにいるの?

マッコウクジラは、だいたい15~20頭の群れで生活しています。

ただ、この群れの中にいるのはメスと子供だけで、熱帯あるいは亜熱帯の海域に1年中留まります。

どうやらマッコウクジラのメスはみんなで協力し合って子育てをしているようですね。

オスは群れから離れ単独で行動するか、もしくは群れから群れに移動しながら生活します。

 

ちなみにマッコウクジラは北極から南極まで色々な場所で観測されます。

日本ではメスと子供の群れが小笠原諸島近海でよく見られ、知床半島近海ではオスが見られますよ。

マッコウクジラは肉食!?

マッコウクジラは肉食に分類されます。

肉食というと「鳥でも食べるの!?」とビックリしてしまいますが、普段食べるのは魚とイカです。

特にダイオウイカやヤリイカなどのイカ類が大好物で、一日に何百キロもの魚と一緒に1トン以上のイカを食べます。

年間にすると9000万トン~2億2800万トンもの量を食べていると言われているのですから、こちらも驚きですよね。

スポンサーリンク

マッコウクジラが人を食べることってあるの?

さて、それではそんなマッコウクジラが本当に人を食べることがあるのでしょうか?

大きさからしたら普通に人一人くらい丸のみしてしまえそうですよね。

マッコウクジラが船を襲う!?

巨大鯨が人間を襲う…映画『白鯨との闘い』本編映像

本当にクジラが人を食べるかどうかの前に。

おそらく、人食いクジラといえば、ハーマン・メルヴィルによる小説「白鯨」や、その白鯨とも関連が深い映画「白鯨との闘い」を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?

どちらも、凶暴なマッコウクジラと捕鯨船の乗組員たちとの壮絶なバトルが描かれたものです。

真っ白で大きな身体をしたマッコウクジラが捕鯨船を襲うシーンの迫力が凄まじいですよね。

人食いホオジロザメの様子

【ホオジロザメ】閲覧注意 最も恐ろしいサメの捕食方法 | ホホジロザメ、新たな海を舞う

映画「白鯨との闘い」から、なんとなく「映画ジョーズ」のような凶暴な人食いサメを想像してしまった人もいるのではないでしょうか?

ジョーズのモデルになっているのは「ホオジロザメ」なのですが、上の動画でも見ての通り、凄まじい恐ろしさです。

特に動画の18:47くらいを見て欲しいのですが、尖ってむき出しになっている歯が凶悪です。

こんな歯で食いつかれたら、人間なんてひとたまりもありませんよね。

マッコウクジラの実際は…

「マッコウクジラもホオジロザメのように鋭い歯が生えていて人を攻撃するのでは!?」

と思うかもですが、マッコウクジラの口にビッシリと生えている歯は、実はとても小さいです。

しかもサメと違って下あごにしか生えていません。

餌を食べる時は吸い込んで捕食するので、サメのように歯で人を食いちぎる…なんてことはないのです。

それでは、やっぱりクジラが人を襲うことはないのでしょうか?

スポンサーリンク

古代マッコウクジラが凶悪すぎる!

【ゆっくり解説】リヴィアタン・メルビレイ

実は、世界では古代マッコウクジラの化石が発見されているのですが、その特徴は歯にあります。

なんと現在のマッコウクジラのように小さな歯ではなく「人間の前腕ほどの大きく鋭い歯があごの上下にビッシリと生えていた」のです。

つまり、この凶悪な歯で獲物を捕らえ、獲物の肉を引き裂いて食べていた…と推測されます。

ちなみにこの古代マッコウクジラは白鯨の作者名から「リヴィアタン・メルビレイ」と名付けられています。

こんなマッコウクジラに襲われたら…人なら簡単に食べられてしまいそうですよね。

マッコウクジラが人を飲み込んだ事例があった!

この巨大クジラは、人間を食べようとして、皆に衝撃を与えました。

古代クジラならともかく、現在のマッコウクジラが人を捕食目的で食べることはありません。

が!

泳いでいるマッコウクジラがうっかり人を口の中に飲み込んでしまった事例はあります

なんと、クジラを水中撮影していた人をマッコウクジラが間違って飲んでしまったのです。(上の動画の2分30秒くらいです)

人がマッコウクジラに嚙みつかれているかのように見える映像…衝撃的ですよね。

 

結局、この時の記者はマッコウクジラが異物に気づいて吐き出してくれたので命は助かったのですが、もし気づかずにそのまま飲み込まれてしまったら…。

あるいは口の中に入れられたまま海の底まで潜られてしまったら…本当に怖いですよね。

そう思うと、もしかしたらマッコウクジラの間違いで飲み込まれ命を落としてしまった人は世界中のどこかにいるのかもしれません…。

人食いマッコウクジラは存在するのかまとめ

いかがだったでしょうか?

マッコウクジラは船などに体当たりすることはあるかもしれませんが、人を食べることはまずありません。

が、間違って飲んでしまうことはあるようです。

もしクジラと一緒にダイビングする機会があったら、飲み込まれないように気を付けましょう。

 

↓こちらの記事もオススメ↓

タイトルとURLをコピーしました