バイトの単位と変換計算式。KB,MG,GB,TB,PB,EB,ZB,YB

KB,MG,GB,TB,PB,EB,ZB,YB
 

ネット社会になっている現代。

携帯やパソコンを使っているとダウンロードやインストールする画像や動画、アプリのサイズや、スマホの残りストレージ容量などでKB(キロバイト)やMB(メガバイト)といった言葉をよく見かけますよね。

なんとなくファイル等の大きさを表す単位だとはわかりますが、詳しいバイト単位やそれぞれのサイズの違い等は知らない人が多いのではないでしょうか?

「あれ?GB(ギガバイト)って何MB(メガバイト)だっけ?TB(テラバイト)ならどのくらいの容量になるの?」等などふと思ったりしますよね。

 

そこで今回は「バイト(Byte)単位についてどのような単位があるのか、それぞれの変換計算式はどうなるのか」等をご紹介。

 

知っているようで実は知らないバイト(Byte)単位。

実はGB(ギガバイト)やTB(テラバイト)の上にはまだまだ単位があったりするんですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

気になる人はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

そもそもバイトってなに?

そもそもバイト(Byte)というのは、パソコンやスマホのようなコンピューター等に記録保存できるデータ量を表した単位になります。

 

で、1Byteでどのくらいの大きさのデータを保存できるかというと「1Byte=1文字(文字によっては2Byteで1文字)」です。

「1Byteで1文字って少なすぎない?」と思われるかもですが、Byteの単位はものすごーく多いです。

そして、スマホやノートパソコン、ハードディスクなんかには「GB(ギガバイト)」や「TB(テラバイト)」といった単位が使われるので、スマホやパソコン等にはたくさんの写メやアプリを保存できるんですよ。

 

ちなみにバイト(Byte)の前にはもう1つ小さいサイズの単位であるビット(bit)が存在します。

このビットについては以下の記事で詳しく紹介していますよ。

バイトにはどんな単位があるの?

それでは次に、具体的にどのような単位があるのか見ていきましょう。

バイト(Byte)の単位を小さい順に並べると以下のようになります。
  1. b(ビット:bit)
  2. B(バイト:Byte)*基礎単位
  3. KB(キロバイト/Kiro Byte)
  4. MB(メガバイト/Mega Byte )
  5. GB(ギガバイト/Giga Byte)
  6. TB(テラバイト/Tera Byte)
  7. PB(ペタバイト/Peta Byte)
  8. EB(エクサバイト/Exa Byte)
  9. ZB(ゼタバイト/Zetta Byte)
  10. YB(ヨタバイト/Yotta Byte)
なんだかたくさんの種類がありますよね。

これだけだと、それぞれの大きさの違いが分かりませんので、次の章でさらに詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

単位のサイズを比較すると

先程紹介したバイト単位ですが、それぞれの大きさはを簡単に表すとこんな感じになります。
  • 1bit(ビット)=0.125B
  • 1Byte(バイト)=1B
  • 1KB(キロバイト)=1,000B
  • 1MB(メガバイト)=1,024KB=約100万B
  • 1GB(ギガバイト)=1,024MB=約10億B
  • 1TB(テラバイト)=1,024GB=約1兆B
  • 1PB(ペタバイト)=1,024TB=約1,000兆B
  • 1EB(エクサバイト)=1,024PB=約100京B
  • 1ZB(ゼタバイト)=1,024EB=約10垓(がい)B
  • 1YB(ヨタバイト)=1,024ZB=約1秭(じょ・し)B
それにしても、たくさんの数字がありますよね。

そして、ヨタバイト(YB)になると、なんと「1YB(ヨタバイト)=約1秭B(バイト)」

秭(じょ)だなんて数字、今初めて使いましたよ。おそらく「今日初めてみた!」なんて人もいるのでは?それくら大きな単位もあるということですね。

あ、ただ、PB(ペタバイト)以降の単位は普段使う事はまずないので、専門的に勉強したい人以外は覚えなくてもOKですよ(笑)

なんで1024なの?

ちなみに、なぜ「1KB(キロバイト)=1024B(バイト)」のように、「1024」という数字が使われているかというと、2進法で計算されているからです。

コンピューター内ではデータは「0」と「1」での2つの数字のみで構成されています。

そして、 1024はちょうど2の10乗。

つまり、コンピューターからしたら「ちょうどキリがいい数字」になるんです。

 

ただし、近年ではわかりやすさ重視で「1KB=1,000B」で計算されている事も多いです。

一般的な人ならこちらの十進法で計算された数字を覚えていても良いですね。

専門的に勉強したい人でしたら、「1KB=1,024B」で計算できた方が良いでしょう。

具体的にどのくらいのデータを保存できるの?

数字で表現されても、いまいちどのくらいの大きさなのか分かりづらいですよね。

もう少し分かりやすい例で説明しますね。

例えば、「写真1枚…1.5MB(メガバイト)」、「約1分の動画…60MB(メガバイト)」とした場合、以下の数量を保存できる計算になります。

 1枚1.5MBの写真
1分60MBの動画
1TB(テラバイト)約70万枚約291時間
250GB(ギガバイト)約17万5千枚約72時間
18GB(ギガバイト)約1万2千枚約5時間
1GB(ギガバイト)約7百枚約17分

 

さらに、もう少し他の物でも大きさを例えてみると以下のようになります。
  • Word(ワード)やエクセル(Excel)ファイル…約20KB(キロバイト)~
  • 3.5インチのFD(フロッピーディスク)…1.44MB(メガバイト)
  • スマホで撮った写真…約1.5MB(メガバイト)*画質で変動
  • スマホで撮った動画1分…約60MB(メガバイト)*画質で変動
  • アプリ(パズドラ)…156.5MB(メガバイト)~
  • CD-R(シーディー‐アール)…約700MB(メガバイト)
  • iPhone(アイフォン)13…4GB(ギガバイト)
  • iPhone(アイフォン)13Pro…6GB(ギガバイト)
  • BD-R(Blu-ray Disc/ブルーレイディスク)…約25GB(ギガバイト)
  • SDメモリーカード…64GB(ギガバイト)~1TB(テラバイト)
  • ノートパソコンのストレージ…約128GB(ギガバイト)~
  • 外付けHDD(ハードディスク)…1TB(テラバイト)~
こうやって比較すると、なんとなく大きさのイメージが付きやすいですよね。

スポンサーリンク

バイトの変換計算式は?

それでは次に「MB(メガバイト)をKB(キロバイト)に換算したらどうなるの?」とか「1TB(テラバイト)をGB(ギガバイト)に変換する方法を知りたい!」という疑問に答えていきますね。

まず、バイトの基礎となる数値は「1024」ですので、この数字さえ覚えておけば後はどうにかなります。

小さい単位に変換したい場合

「MB(メガバイト)→KB(キロバイト)」のように1つ小さい単位に変換したい場合、掛け算を使います。

例えば「4MB(メガバイト)をKB(キロバイト)に変換したい」時は基礎数字の1024をかければOKです。

1024 × 4 = 4,096

4MB(メガバイト)は 4,096KB(キロバイト)という答えになります。

大きい単位に変換したい場合

逆に「KB(キロバイト)→MB(メガバイト)」のように1つ大きな単位に換算したい場合には、割り算を使います。

例えば「4,096KB(キロバイト)を4MB(メガバイト)に変換したい」時は基礎数字の1024で割ればOK。

4,096 ÷ 1024 = 4 

4,096KB(キロバイト)は4MB(メガバイト)という答えになります。

 

その他、それぞれのさらに詳しい変換方式(MB→Byteへの変換など)は以下の記事でまとめていますので、良かったらどうぞです。

 バイト単位と変換計算方法まとめ

いかがだったでしょうか?

バイト(Byte)はコンピューター等に記録できる写真や動画等の大きさを表す単位です。

もしスマホ等の空きストレージを増やしたいなら、大きなサイズのアプリやファイルを削除(アンインストール)すると良いですよ。

また、スマホやパソコン等を購入する際も、どのくらいのメモリやストレージがあるのか確認し購入を検討すると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました