ギガバイトとテラバイトの大きさはどのくらい?変換計算式を知りたい!

テラバイトとギガバイトの大きさ
 

「パソコンを購入する際、ハードディスクの容量について、TB(テラバイト)やGB(ギガバイト)って書かれているけど、これって何なの?」

「スマホのデータ通信量に記載されているGB(ギガバイト)ってどのくらいの大きさ?」

「1TB(テラバイト)って何GB(ギガバイト)になるんだっけ?」

 

生活の中でパソコンや携帯、スマホが必須になりつつある現代。これらの疑問が浮かんできた人は多いですよね。

そこで今回は「TB(テラバイト)とGB(ギガバイト)の大きさ」や「TB(テラバイト)とGB(ギガバイト)の変換計算式」についてご紹介。

今さらこんな事聞けなくて…と思っているあなた。ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

TBやGBの大きさってどのくらいなの?

TBやGBってそもそも何?

そもそもTB(テラバイト)やGB(ギガバイト)が何なのかというと、パソコンやスマホに記録保存できるデータ量の大きさになります。

パソコンの中には画像、動画、アプリ等色々なデータが入っていますよね。

このデータは全て大きさがあり、その大きさはB(バイト)によって表すことができます。

 

B(バイト)数が大きい物程「重いデータ(容量が大きいデータ)」になり、B数が小さい物程「軽いデータ(容量が少ないデータ)」になりますよ。

当然容量が大きいデータはハードディスクの使用できる量を圧迫しますので、重いアプリばかりインストール(ダウンロード)していると、容量が足りなくなり新しい画像が保存できなくなった…ということになりかねません。

TBやGBの大きさってどのくらいなの?

「だったら、TB(テラバイト)やGB(ギガバイト)はどのくらいの大きさなの?」

「どのくらいのデータ量を保存できるの?」

 

という話ですが、まず基本となる1B(バイト)で保存できるのは「あ」や「A」や「1」といった1文字のみになります。

「少ない!」と思われるかもしれませんが、TB(テラバイト)やGB(ギガバイト)は1B(バイト)よりもかなり大きな単位なので心配はいりません。

では、具体的にどのくらいの大きさなのかというと、この容量を表す単位は他にもKB(キロバイト)やMB(メガバイト)があり、それぞれの大きさを簡単に表すと…
  • 1KB(キロバイト)=1024B(バイト)
  • 1MB(メガバイト)=1024KB(キロバイト)=約105万B(バイト)
  • 1GB(ギガバイト)=1024MB(メガバイト)=約11億B(バイト)
  • 1TB(テラバイト)=1024GB(ギガバイト)=約1兆B(バイト)
↑こんな風になります。

TB(テラバイト)なら約1兆文字、GB(ギガバイト)なら約11億文字も保存できるという事ですね。

とはいっても、これだけでは少しわかりにくいですよね。もう少しわかりやすい内容で確認してみましょう。

テラバイトとギガバイトの大きさを比較してみると…

文字数で比べてもよくわかりにくいので、保存できる写真や動画で比較してみましょう。

例えばメモリーが1TB(テラバイト)のパソコンの場合、写メでとった写真が1枚1.5MB(メガバイト)だとすると、約70万枚も保存できます。さらに、スマホで撮影した約1分の動画が60MB(メガバイト)だとすると、約291時間分も保存できる計算になります。

これが、メモリー量18GB(ギガバイト)のパソコンになると、1枚1.5MB(メガバイト)の写メが約1万2千枚、約1分60MB(メガバイト)の動画が約5時間分保存できる計算になりますよ。

 1枚1.5MBの写真
1分60MBの動画
1TB(テラバイト)約70万枚約291時間
250GB(ギガバイト)約17万5千枚約72時間
18GB(ギガバイト)約1万2千枚約5時間
1GB(ギガバイト)約7百枚約17分

このように比較してみると、GB(ギガバイト)よりもTB(テラバイト)の方が大きい事がわかりますね。

新しくスマホやパソコン、ハードディスク等を購入する際はメモリー量が大きい方を選んだ方がたくさんのデータを保存できますよ。

ただし、当然メモリーが大きい方がお値段も高くなりますので、どれを買うかは家族やお財布と相談して決めましょう(笑)

スポンサーリンク

1TB(テラバイト)は何GB(ギガバイト)?計算式は?

1TB(テラバイト)をGB(ギガバイト)で表すと?

もう一度TB(テラバイト)とGB(ギガバイト)の大きさを復習してみましょう。

それぞれのデータ量の大きさは以下の表のようになっていますので

  • 1KB(キロバイト)=1024B(バイト)
  • 1MB(メガバイト)=1024KB(キロバイト)
  • 1GB(ギガバイト)=1024MB(メガバイト)
  • 1TB(テラバイト)=1024GB(ギガバイト)

1TB(テラバイト)は 1024GB(ギガバイト)となります。

なんで1024なの?

「なんで1TB(テラバイト)=1000GB(ギガバイト)じゃないの?」

 

そう不思議に思う人もいますよね。

実はこれ、コンピューター上のデータは「0」と「1」で表される二進法で計算されるからなんです。

二進法で計算した場合、「1024」は2の10乗になりますので、単位として使われているんですよ。

 

ただし、近年ではわかりやすいように1TB=1,000GBのように十進法で計算される事も増えてきました。

その場合、以下のような値になりますよ。
  • 1KB(キロバイト)=1,000B(バイト)
  • 1MB(メガバイト)=1,000KB(キロバイト)=約100万B(バイト)
  • 1GB(ギガバイト)=1,000MB(メガバイト)=約10億B(バイト)
  • 1TB(テラバイト)=1,000GB(ギガバイト)=約1兆B(バイト)

テラバイトとギガバイトの変換計算式は?

TB(テラバイト)をGB(ギガバイト)に変換したい場合

例えば「5TBをGBに変換したい」という時でしたら、1024GBをTB数にかければOKなので以下の計算になります。

 

・1024GB(ギガバイト) × 5 = 5,120GB(ギガバイト)

 

なので、「5TB(テラバイト)は 5,120GB(ギガバイト)」になります。

 

GB(ギガバイト)をTB(テラバイト)に変換したい場合

逆に「5,120GB(ギガバイト)をTB(テラバイト)に変換したい」という時は割ればOKなので、以下の計算式になります。

 

・ 5,120GB(ギガバイト) ÷ 1024GB(ギガバイト) = 5TB(テラバイト)

 

なので、 5,120GB(ギガバイト)は5TB(テラバイト)という事になりますよ。

スポンサーリンク

テラバイトとバイトの変換計算式は?

また、中には「TB(テラバイト)やGB(ギガバイト)をB(バイト/Byte )に変換したい」という事もあるかもしれません。

この時、基本となる数値は以下の通りです。

  • 1KB(キロバイト)=1,024B(バイト)
  • 1MB(メガバイト)=1,048,576B(バイト)
  • 1GB(ギガバイト)=1,073,741,824B(バイト)
  • 1TB(テラバイト)=1,099,511,627,776B(バイト)

今回は「テラバイトをバイトに変換する計算式」を紹介しますね。

TB(テラバイト)をB(バイト)に変換したい

まず「 3TB を Bytes に変換したい」という時は、掛け算を使います。

 

・1,099,511,627,776B(バイト)× 3 = 3,298,534,883,328 Bytes 

 

「3TB は 3,298,534,883,328 Bytes 」という途方もない数字になります。

ちなみに 3,298,534,883,328 Bytes は約3兆3千億です。スゴイ数字ですよね(笑)

B(バイト)をTB(ギガバイト)に変換したい

逆に「3,298,534,883,328 Bytes を TB に変えたい場合には割り算になります。

 

・3,298,534,883,328 Bytes ÷ 1,099,511,627,776B(バイト)= 3TB

 

「3,298,534,883,328 Bytes は 3TB」という事ですね。

ちなみにGBとBの変換方法については以下の記事でまとめていますよ。

テラバイトとギガバイトの大きさまとめ

TB(テラバイト)とGB(ギガバイト)というのは、パソコンやスマホに保存できる容量の大きさを表す単位です。

TBテラバイトの方が大きく、より多くのデータを保存できますよ。

ノートパソコンやハードディスクを購入する際はTBやGB数を確認した上で、どれを買うか決めると良いですね。

 

↓こちらの記事もオススメ↓

タイトルとURLをコピーしました