罰ゲーム用飲み物の作り方。酸っぱいドリンクや苦いお茶など!




ゲームをしたときに、何か罰が待っているとより盛り上がりますよね。

そこで、罰ゲーム用飲み物を用意してみるのはいかがでしょうか。

苦い、酸っぱい、辛い…どれも飲み物としてはきつい!と感じますよね。

特に一気飲みコールがあると、よりきつさは増すことに^^;



そこで「罰ゲーム用の飲み物で手軽にスーパーやコンビニで買える物から、自分で手作りできる強烈なドリンク」まで一気にご紹介していきます。



「会社の忘年会や新年会余興の罰ゲーム」、「中学、高校、大学の罰ゲーム」、「お祭りなどのちょっとしたイベント」等にぜひお使いくださいませ~。


スポンサーリンク

罰ゲーム用飲み物 苦いドリンク編

青汁ドリンク

苦い!の定番青汁ドリンク。

ただ、最近の青汁は味が改良されてきて、飲みやすい抹茶風味のものが多いです。



罰ゲーム用として選ぶ場合は「昔ながらの青汁」を選ぶようにしてください。



薬局に行くと苦いタイプのものも売られていますよ。

健康にはいいので、罰ゲームをうけながら体はきれいになっていくはず…!?


キダチアロエ原液

美容目的で飲んでいる方も多いキダチアロエ。

ただ、原液のまま飲むことはあまりなく、オレンジジュースやレモン果汁などで薄めて飲まれることがほとんどのようです。



このキダチアロエ原液、そのまま飲むとかなり苦いです(>_<)



量が多すぎると「お腹を壊す危険性」があるので、少ない量で一気飲みしてもらうのがおすすめですよ。


センブリ茶



旋回振りだしてもまだ苦いということから名づけられたセンブリ茶。



昔おばあちゃんにもらったことがあるのですが…びっくりするほど苦かったです。



一気飲みをしてしまう方に備えて、一応冷やしておいた方がいいかもしれません。

ただ、アンチエイジングにはかなり効果ありとのことなので、こちらも罰をうけつつもきれいになれるはずです!



スポンサーリンク

罰ゲーム用飲み物 酸っぱいドリンク編

じゃばら果汁

お昼の番組で紹介されて、人気が出たというじゃばら果汁。

こちらはレモン果汁のように調味料として使うものなので、そのまま飲むために作られたものではありません。



でも、そこは罰ゲームだから酸っぱい味を我慢してもらいましょう。



原液はさすがに酸っぱすぎるので、少し氷を入れてあげると飲む方も悶絶せずにすむかもしれません^^;


ノニジュース

美容に関心の高い人は飲んだことがあるかもしれません。

このノニジュース、かんきつ類の酸っぱさではなく、発酵系の酸っぱさなのでそちらが苦手な人は悶絶間違いなしです。

女性だと「意外とイケる!」という人が多いみたいですが、男性はどうしても受け入れられない味みたいですよ。


梅干しドリンク

クエン酸たっぷりの梅干しドリンク。



こちらも酸っぱいので罰ゲームにはおすすめです。



梅酢が入っているので、お酢が苦手という方は絶対避けたい飲み物のはず。

酸っぱかったけど疲れがとれた!なんていう嬉しい効果もあるかもしれません^^


罰ゲーム用飲み物 辛い飲みドリンク編

ウィルキンソンジンジャーエール



「おいしいドリンク?」と思いきや、これけっこう辛いんです。

炭酸も合わさって、口の中への刺激がすごいことに。

ただ、味としてはおいしいので、飲む量を多めにするなどして調整することで罰ゲームに適したドリンクになりますよ。


PIMENTO

フランス産の辛い飲み物。

罰ゲームのため、海外から取り寄せて見るのもアリかもしれません。

見た目は爽やかそうなのですが、ショウガ&唐辛子が入っているのでけっこうな辛さに!

後引く辛さなので、お水の用意を忘れないようにしてください。



スポンサーリンク

罰ゲーム用飲み物 手作りドリンク編

ここでは、罰ゲーム用飲み物の簡単な作り方をご紹介。

「罰ゲームを受ける人に何を入れているか見せながら作る」のもよし、「キッチンでこっそり作って来る」のもよし。

「これなら作れそう!」というものにぜひトライしてみてください。


調和を乱す!?コーヒー入りドリンク

「何を入れたらまずくなるのか分からない…」という人は、コーヒーを入れてみてください。

こうすることで飲み物の調和が一気に乱れます(笑)

家にあるものでサッと作れるので、罰ゲームドリンクには最適ですよ。


材料

・オレンジジュース

・りんごジュース

・ブラックコーヒー(インスタントをお湯で薄めたものでもOKです)


作り方

3つの材料を混ぜるだけ!

オレンジ&りんごだけならとてもおいしそうな色と香りなのですが、ここにコーヒーが加わることで一気にダークな感じに。

フルーティーさとコーヒーが見事にミスマッチで、「…まずい。」と言いたくなるドリンクです。


激辛!ヒリヒリドリンク

「市販の辛いドリンクでは物足りない!」という人は、自分で激辛ドリンクを作ってみましょう。

ただし、入れすぎには要注意。

お腹を壊さない程度に加減してくださいね。


材料

・からし

・わさび

・タバスコ

・サイダー(無糖だとより辛味が増します)


作り方

からし、わさび、タバスコをよく練り合わせて、少量のお湯で溶かします。

そこへよく冷えたサイダーを注いで出来上り。

辛い飲み物のときにサイダーのようなシュワシュワ感があると、口の中は余計ヒリヒリしてきます。

味も決して美味しいとは言えないので、罰ゲームには最適です。


皆で楽しく!ロシアンルーレットドリンク

皆で一気に飲んで、どれが外れかを楽しむロシアンルーレット。

見た目は変わらないようにしないといけないので、あまり色がついてしまう混ぜ方はおすすめできません。

そこで、「クエン酸を使った激スッパロシアン」を紹介しますよ。


材料

・かんきつ類の100%ジュース(オレンジ、パイナップル、グレープフルーツなど)

・クエン酸(粉)


作り方

最初に「外れドリンク」を作ります。



クエン酸は水100mlに対し小さじ2ほど入れれば充分酸っぱくなります。量は調節してくださいね。

クエン酸を少量の水でよく溶かし、そこへ100%ジュースを注いでいきます。

粉っぽさがなくなるように再度よくかき混ぜましょう。



これで激スッパドリンクの完成です。

残りは普通のジュースなので、「すべてが同じ分量くらいになるよう」に調整しながら注いでいってください。



【一緒に読まれている人気記事】
→『罰ゲーム 恥ずかしいセリフや質問集!最強に笑えるのはコレ!
→『面白い罰ゲーム 学校や会社の宴会で簡単にできる&盛り上がるのはコレ!
→『忘年会のゲーム 簡単で盛り上がる余興は?少人数・大人数・二次会でも!

罰ゲーム用ドリンクの作り方まとめ

いかがでしたか。

罰ゲーム用飲み物をご紹介してきましたが、個人的に一番きついのはセンブリ茶です(>_<)

でも、苦いor酸っぱいは体に良い飲み物であることが多いので、罰を受けてもせめてもの救いになるかもしれません。



注意して欲しいのは辛い飲み物。

食道や胃が痛くなるほど辛くなってしまわないように、自分でドリンクを作る際は加減してくださいね。

皆で楽しくゲームができるように、工夫しながら飲み物を作ってみてください!