納豆は何回混ぜるのが一番おいしいの?500回混ぜてみた!

納豆は何回混ぜるとおいしい?
 

「かき混ぜればかき混ぜるほど美味しくなる」

 

そんな噂がある納豆。

なんでも混ぜた方が粘りが出てきて旨味が増すんだとか…。

でも、本当に納豆を混ぜただけで美味しくなるのでしょうか?

納豆好きな私としては試さずにはいられません!

 

ということで、今回は「納豆を自分で混ぜて本当に美味しくなるのか検証」してみましたよ。

 

回す回数「0回、10回、30回、100回、200回、400回、500回」でそれぞれ食べて検証してみましたので、納豆好きな同士はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

納豆は何回混ぜるのが一番美味しいの?究極の回数を追求してみた

まず、今回の実験に選んだ納豆はこちらです。

国産だしかけ納豆
元気納豆の「国産だしかけ~長崎県産焼きあごだし入り~」です。

あごだしのタレが美味しいです!

見かけたら買ってみてくださいね。

 

さて、それでは「納豆は何回混ぜるのがおいしいのか」の実験を始めようと思います!

0回(混ぜない)

開けたばかりの納豆
まず、開けたばかりの納豆はこちら。

うん、見るからに普通の納豆です。

お箸で伸ばしてみると…

混ぜてない納豆
 

至って普通な伸び具合。ねばねばも普通です。

通常、この状態で食べることはないのですが、少しだけ食べてみます。

普通の味です。あえていえば、少し硬い?

「ねばねばがあまりないので、少し物足りないなぁ」といった感じです。

 

10回

10回かき混ぜた納豆
次に10回混ぜた納豆がこちら。

私は普段このくらい混ぜてから、食べます。

10回混ぜた納豆
さっきよりも納豆の伸びが良くなったというか、伸びる時の糸が太くなった気がします。

食べてみると、「あぁ、いつもの美味しい納豆だな!」といった感じです。

 

30回

30回混ぜた納豆
30回ぐるぐるかき回した納豆がこちらです。

ちなみに私の夫は大体30回くらいかき混ぜているので、いつもこんな感じの納豆を食べています。

「そんなに混ぜてきつくない?」と聞いたら「このくらい混ぜた方が美味しい!」だそうです。

 

30回混ぜた納豆
伸ばしてみると「ねばねばの糸」にさらに弾力が出てきた感じがします。

食べてみると…うん、確かに美味しい!

口の中に納豆の風味が広がります。

私は今まで「10回くらい混ぜる派」でしたが、「30回くらい混ぜる派」になってもいいかな、と思えました(笑)

 

スポンサーリンク

100回

先ほどまでは「誰でも普通に混ぜる範囲」だと思います。

いよいよここからは「100回越え」ですよ。

が、ここで1つ問題が…!

 

腕がキツイ!!

 

そう、納豆をかき混ぜるのがキツイのです。

普段、運動をしていない私にとって「納豆をかき混ぜる」のはかなりの重労働。

そりゃ30回程度なら大丈夫ですが、100回を超えてくると腕が悲鳴を挙げ始めます。

 

そして、納豆は混ぜにくい。

どうにかして、納豆を混ぜやすくする方法はないのか…

そう考えた私は最終的に「4本のお箸をグーで持ってグルグルかき混ぜる」という方法に行きつきました。

 

こうやると、納豆が一塊になるのを防げるので、効率よく混ぜられる(気がする!)。

納豆を100回以上混ぜる際は、ぜひやってみてください。

 

話を戻して、納豆は100回以上混ぜるとどうなるのか、その答えは…

 

お箸で100回かき回した納豆
ねばりが強くなり、全体的に白っぽくなりました。

糸に空気が入り、膨らんだような感じ?

泡も増えた気がします。

 

100回かき混ぜた納豆
伸ばしてみると「白っぽい糸」がたっぷりと納豆にまとわりついてきます。

食べてみると・・・今までより納豆が柔らかくなっています。

「ふんわりとした食感」といった感じです。

 

200回

200回かき混ぜた納豆
さらに100回かき混ぜて合計200回混ぜた納豆です。

ここまでになると、かき混ぜる時も「無我の境地」です。

ひたすら無心でかき混ぜます。

 

200回混ぜた納豆
 

納豆を伸ばすと・・・あれ?逆に伸びが悪くなったような…。

ねば~っと伸びるののではなく、すぐに糸が切れるようになりました。

というか、時間がたつにつれて「糸にできた泡」が消えていきます。

 

400回

さらに混ぜること200回。

無我の境地を通り越して、悟りを開けそうです。

腕が棒のようだ…(白目)。

 

回した回数400回の納豆
↑400回かき混ぜた納豆がこちら。

かき混ぜすぎて納豆の粒がくだけ、破片ができています。

ひたすら無心で混ぜたいたつもりですが、きつさのあまり混ぜ方が乱暴になっていたようです。

400回混ぜた納豆
伸ばしてみると…伸びている糸も淡々しい。

混ぜるのをやめると、泡が消えていく音が聞こえてくる気がします…。

ちなみに味は「さらに納豆が柔らかくなった」といった感じ。

おいしさ的には100回目とさほど変わらないです。

 

500回

巷では「424回混ぜた納豆が至高である」と言われていますが、あえて424回は飛ばし500回まで混ぜてみます。

そしてついに…500回混ぜました!

500回かき混ぜた納豆
↑500回混ぜた納豆がこちら。

さらに大豆の破片が目立ちます。正直、見た目的には汚いけど気にしない!

この納豆の欠片こそが「私が頑張った証拠」です(`・ω・´)キリッ!

 

500回混ぜた納豆
↑伸ばすとこんな感じ。

「ねばねば」というより「ふわふわ」という印象で、「メレンゲ」のイメージです。

食べると納豆がより柔らかくなり、味もマイルドになっています。

 

え?

美味しいか、美味しくないかが知りたいですって?

正直に言っていいかな?

 

30回混ぜた納豆が一番おいしかった!!

 

あと、タレなしだとあんまり美味しくない!!(言い切ったー!!)

タレをかけてみる

タレ付き納豆を食べなれているせいか、タレがない納豆だとあんまり美味しいと感じません。

いや、美味しくないワケじゃないんです。納豆自体は大好きなんです。

でも、やっぱりタレが付いた味付き納豆の方が好き。

というワケで、500回混ぜた納豆にタレをかけてみました。

 

が!

 

納豆のタレ
 

なんてことでしょう、

今回選んだ納豆は「タレ2.5倍の量」の納豆でした。

さらに納豆はちょこちょこ味見をしていたので、3/4くらいの量に減っています。

量が減った納豆に2.5倍の量のタレをかけると…

 

500回混ぜた納豆にタレをかけてみた
 

こんなことになってしまいました><

しかも、頑張ってかき混ぜてできた「ねばねば」が、タレでどんどん消えていきます。

お菓子を作る人なら「頑張って泡立てた卵にバターや牛乳を加えると、泡が一気に消えてガッカリする状態」と言えば通じると思います。

 

なんてこった、せっかくの苦労が・・・!!

 

でも、これはこれで美味しそうなので、ご飯にかけてみます。

納豆は「ご飯にかけて食べるまで」が命です。

500回混ぜた納豆ご飯
 

白ご飯に納豆!

うん、最高の組み合わせです。

そして「タレ多いな!」と思ったけど、ご飯にかけると丁度良い感じですね。

食べてみると・・・

 

めっちゃ美味しい!!

 

タレのお陰で美味しいのか、混ぜたから美味しいのかわかりませんが、とても美味しいです。

腕がきつかったけど、頑張ってかき混ぜた甲斐がありました♪

スポンサーリンク

納豆を混ぜる回数は何回がベストか比較してみたまとめ

いかがだったでしょうか?

納豆をかき混ぜる回数ですが、個人的には「30回」が一番おいしかったです。

でも旦那は100回の方が美味しいと言っていたので、感じ方は個人差があるんだと思います。

 

あと、2.5倍量のタレをかけると納豆がすごく美味しかった!

「国産だしかけ~長崎県産焼きあごだし入り~」かなりオススメなので、納豆好きは一度買って食べてみるといいよ。

 

↓こちらの記事もオススメ↓

納豆の賞味期限切れはいつまで食べれる?おいしい食べ方も紹介!
納豆に砂糖を入れると粘り気がスゴイことに!気になる味は?

次にみんなが読んでいる記事



雑学
スポンサーリンク
カナエをフォローする
なんでも情報発信局
タイトルとURLをコピーしました