風船はヘリウムガスで浮くの?売ってる場所や必要量、代わりの方法は?

結婚式や文化祭、子供や彼氏or彼女の誕生日等におすすめな特別な演出といったら、


「風船をいっぱい膨らませて部屋中に浮かべる演出」です。


色とりどりの風船がたくさん浮いている様子はポップでかわいいし、大迫力。大人から子供まで確実に喜びますし、ぐっと場が盛り上がる事間違いなしです♪

んで、風船を膨らませて上に浮かせる方法として真っ先に思いつくのは「ヘリウムガスを入れる方法」ですよね。んが、ここで1つの疑問が浮かび上がります。ずばり、


「ヘリウムガスでゴム風船が浮くのかどうか!?」


ちょっと悩んじゃいますよね。というワケで今回は「ヘリウムガスで風船が浮くかどうか」について紹介しますよ。一緒に以下の項目もまとめていますので、良かったら参考にしてくださいね。

ゴム風船はヘリウムガスで浮くの?
1個のゴム風船を浮かせるのに必要なヘリウムガスの量は?
ヘリウムガスを販売している場所やお店は?価格はどのくらい?
ヘリウムガス以外で風船を浮かせる方法ってあるの?


スポンサーリンク

風船はヘリウムガスで浮くの?

まず「ヘリウムガスでゴム風船が浮くかどうか」ですが、結論から言うと、


ヘリウムガスでゴム風船は浮きます。


が、アルミ風船(イベントで配っているオシャレなバルーン)と違って、ゴム風船の場合はゴムを広げる力が余計に必要なので、ゴム風船が浮遊するためには「かなりの量」のヘリウムガスが必要になります。

ちなみに、アルミ風船やフィルム風船の場合は中をヘリウムガスで満たすだけで良いので、ゴム風船程はヘリウムガスはいりませんよ。その分、お値段が高いですけどね(笑)

風船にヘリウムガスの量はどのくらい必要なの?

次に、「風船を浮かせるのに必要なヘリウムガスの量」ですが、これは風船の大きさや環境によって多少異なるので正確な答えはだせませんが、

一般的な普通のゴム風船の場合(11インチ、直径約28㎝)だと1個を浮遊させるのに


約12~15リットルのヘリウムガスが必要です。


ですので、仮に50個の風船を膨らませるとすると600~750リットル、100個だと1200~1500リットルのヘリウムガスが必要になります。

ゴム風船を浮かせるには、けっこうな量のヘリウムガスが必要なんですね(゚Д゚;)

スポンサーリンク

ヘリウムガス 風船用を売ってる場所は?市販品で買える?

次に「ヘリウムガスを購入できるお店」ですが、有名どころは以下のお店になりますよ。

ヘリウムガス 風船用の売り場1 ドンキホーテ

 
11リットルのヘリウムガスが約1,000円の価格で売られています(店舗によっては売ってないです)。

11リットルの量だと、ゴム風船1個を浮かせる事ができるかできないのギリギリラインです。元々あったアルミ風船の補充用としては使えますが、たくさんのゴム風船を膨らませるには量が少なすぎるのでおすすめできません。

ちなみにドン・キホーテには一緒に「声変え用のヘリウムガス」も売られていますので、間違わない用に注意してくださいね。


ヘリウムガス 風船用の売り場2 ダイソー(100均)

ダイソーにはアルミ風船(値段:108円)と一緒にヘリウムガスをその場で風船に入れてくれるサービスを行っています(値段:108円)。ですので、合計218円で可愛いフィルム風船を購入する事ができますよ。


私が知っている限り、1番の格安です。


子供や友人の誕生日会なら、アルミ風船を3~5個飾るだけでも、かなり喜ばれるのでおすすめです。

しかも、ダイソーでヘリウムガスを入れた場合、3日以内にしぼむようであればレシートとバルーンを持参すると再度ヘリウムガスを入れてくれるサービスも行っていますよ。これ、子供にはかなり嬉しいサービスですよね♪

ちなみに、ダイソーでヘリウムガスを入れてくれるのはダイソー商品のみです。風船を持ち込んでもヘリウムガスは入れてくれませんので注意してくださいね。

ヘリウムガス 風船用売り場3 その他のお店

風船用のヘリウムガスはその他にも、「トイザらス、東急ハンズ、ロフト」等にも売っています。が、どれもドン・キホーテと同じで11リットル前後しか入っていません。

補充用としては良いですが、大量の風船を浮かせるにはとてもじゃないですが量が足りません。

スポンサーリンク

ヘリウムガス 風船用のおすすめはネット購入!?

以上のように、大量の風船を浮かせるには「かなりの量のヘリウムガス」が必要で、お店で購入できるヘリウムガスでは量が足りません。

ですので、イベントでたくさん風船を浮かせる場合にはネットで「ヘリウムガスボンベ」を購入するのが1番です。価格の目安としては使い捨てだと1000リットル入りで15,000円、1500リットル入りで18,000円くらいですよ。


ヘリウムガスってけっこう高いんです(゚Д゚;)


ちなみに、普通のゴム風船にヘリウムガスを入れた場合、風船の大きさや環境にもよりますが持続時間は5~8時間程度です。イベントで使う場合は必ずその日の朝にヘリウムガスを入れるようにしましょう。間違っても前日に入れたりしたらダメですよ。


↓同じヘリウムガスでも「レンタル」だと費用を安くおさえることもできます。


風船をヘリウムガスの代わりで浮かせる方法はないの?

風船用ヘリウムガスは他の気体で代用できる?

ゴム風船を浮かせるには「ヘリウムガス」が最も適したガスになりますが、たくさんの風船を浮かせる場合、かなりの量のヘリウムガスが必要になり、その分予算も跳ね上がりますよね。すると、当然、予算に余裕がない場合、


「ヘリウムガス以外で風船を浮かせる方法はないのか?」


って考えちゃいます。まず、風船を浮かせるには、風船も含めて同じ体積の空気よりも軽くしないといけません。んで、空気より軽い気体は

・水素
・アンモニア
・メタン
・エチレン
・アセチレン


等がありますが、いずれも爆発の可能性がある「非常に危険な気体」になってしまいますし、アンモニアガスなんかは「有毒ガス」です。

となると、これらの気体を使うのはとても難しく、結果、軽くて毒性がなく、爆発することもない「ヘリウムガス」が風船を浮かせるのに1番適している事になります。

が、あきらめるのはまだ早いです!実はもう1つとっておきの方法があるんですよ。

風船をヘリウムガスなしで浮かせる方法!

さて、お待たせしました!「ヘリウムガス以外で風船を浮かせる方法」ですが、1番安くすむ方法は「風船用のフックシール」を使う方法です。

↓風船用フックシール(バルーンフックシール)はこんな感じの物ですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便対応可】フックシール 1枚
価格:21円(税込、送料別) (2016/10/27時点)



風船の上部分に「穴付きの透明なシール」を貼り付けて、その穴にリボンや紐(100均で売られているビーズ用の透明なヒモがおすすめ)を通して天井にくくり付ければ、普通に浮いているように見えますよ。

しかも、これなら風船の中に入れるのは「普通の空気」で良いので、かかる費用も

・ゴム風船(100個で200円~)
・フックシール(100個で800円~)
・ヒモ代(100円~)


こんな感じでかなり節約できます♪お金に余裕がない学生さんの文化祭等にはぜひ活用してみてくださいね。

風船はヘリウムガスで浮くの?売ってる場所や必要量、代わりの方法まとめ

いかがだったでしょうか?ゴム風船はヘリウムガスを入れる事で浮かす事はできますが、イベント等でたくさんの風船を浮かせるにはかなりの量のヘリウムガスが必要になります。

その場合、普通のお店では「補充用」のヘリウムガスしか売っていませんので、ネットで「ヘリウムガスボンベ」を購入するのがおすすめですよ。

もし価格をできるだけ安くすませたいなら、ヘリウムガスは使わずに「バルーン用フックシール」を使えば格安で風船を浮かせることもできますので、良かったら検討してみてくださいね(*´ω`*)