蚊対策 部屋で効果的なグッズランキング!赤ちゃんやペットに無害なのは?

夏ですね~。今年もあの「憎い生物」がどこからともなく現れる季節になってきましたよ。ブーンブーンと飛び回り、勝手に人の血を吸うあの生物。


そう、「蚊」です!


もうね、何で「蚊」という生き物がこの世に存在しているのでしょうか?正直、蚊だけは地球上から絶滅してしまっても誰も困らないと思います。

夜、寝てるとブーンブーンと耳元で飛び回るし、叩こうと思って電気をつけるとどこかに隠れていなくなるし、しょうがないので電気を消して寝るとまた現れる・・・このエンドレス。

しかも、最近はデング熱等の伝染病まで運んでくるようになり、絶対に刺されたくないですよね。私だけならまだしも、今年はわが家にも赤ちゃんがいるので本当に困っています。


「誰かー!室内の蚊対策を教えてくださーい!」


って感じです。というワケで今回は「部屋の蚊対策ランキング」を紹介します。家の中に侵入してきた蚊にお困りの方はどうぞ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

蚊対策 部屋で効果的なグッズは何?

それでは、さっそく室内でできる蚊対策で私的に効果があったグッズのランキングを紹介しますよー。あ、あくまで私が使ってみた結果こんな感じでしたよーというだけですので、そこらへんはご了承くださいね。

部屋の蚊対策ランキング1位 スプレータイプ

蚊予防対策グッズは色々と使いましたが、私的に1番強力だったのは「スプレータイプ」のグッズです。「火も電気も使わないので安心安全。1プッシュで蚊がいなくなる」というヤツですね。具体的には以下のような商品です。

・蚊がいなくなるスプレー(大日本除虫菊)
・おすだけノーマット(アース製薬)
・おすだけベープクリスタ(フマキラー)


最初は「本当に効くの?どうせ夜になったら蚊が出てくるんでしょ!分かってるんだからねッ!」と疑っていたのですが、寝る前に1プッシュ or 1スプレーしてみると・・・


あんなに厄介だった蚊がパタリといなくなりましたよ!


もうね、「今までの蚊との戦いは何だったんだ!」ってくらい効果がありました。毎日毎日夜中に耳元でブーンと飛び回る蚊がいなくなりましたよ。本当、おすすめです。

夜に窓を開けて寝る人は網戸にスプレーするのも良いですよ。朝起きたら、蚊の死がいが床に落ちていますので、ビックリしないでくださいね。

ちなみに、昼間に飛んでいる蚊に振りかけてみると、数秒後にふらふらと落ちていきました。正直、効きすぎて怖いくらいです(笑)




部屋の蚊対策ランキング2位 液体系の蚊取り器具

次に効果があったのは、中に液体系の薬剤が入っている室内に置いておくタイプの蚊取り器具です。具体的な商品名を出すと「おくだけノーマット」らへんですね。

昔のノーマットは効き目がイマイチだったイメージがあるのですが、最近のはよく効きます。おいているだけで蚊がフラフラになり落ちてきますもの。ビックリですもの。液体系の蚊取り器具は

・電池タイプ
・コンセントタイプ

とありますが、中身の薬剤は一緒なので、効果はどちらも同じですよ。最近はノーマット用のオシャレな「コンセント式蚊取り器具」も販売されていますので、インテリアにこだわりがある人にもおすすめです。

見た目も可愛らしいので、蚊取りグッズを置いているようには見えませんよ~。

部屋の蚊対策ランキング3位 蚊取り線香

おそらく多くの人が蚊の予防対策といったら「蚊取り線香」を思い浮かべるでしょう。昔ながらの虫よけグッズですよね。完璧とまでは言いませんが、


やはり蚊取り線香は効果があります。


夜、寝る時に蚊取り線香を付けて寝ると、蚊取り線香なしの時と比べると蚊が寄ってくる確率が低いです。

独特の臭いが苦手ではなければ、ぜひ活用して欲しい一品ですね。

スポンサーリンク

部屋の蚊対策ランキング4 吊るす系・ハーブ系

吊るす系の蚊除けアイテムといえば、インパクトのあるCMで大人気の「虫コナーズ」。蚊に悩まされる私もさっそく購入。窓の外に吊るしてみましたよ。結果は…


普通に蚊が入ってきました。


う~ん、正直、目に見えて効果を実感できないので、どの程度効果があるのかよく分からないのですが、わが家の場合は効果がありませんでした。

が、私の友だちで「効果があった」という人もいるので、場所によっては効き目があるのかもしれません。


あと、ハーブの香りがする虫よけ(バポナの天然ハーブ等)も個人的にはあまり効果が無かったイメージです。ただ、確かに他の虫が家の中に入ってくる確率は減った気がしますので、蚊以外には効果があるかもしれません。

部屋の蚊対策ランキング5 窓に虫よけフィルムを貼る

窓に虫よけシートやフィルムを貼りつける対策です。フィルムによっては中々良いお値段がするので、安く虫よけ対策をしたい人には不向きです。

フィルムを貼ることで虫よけだけではなく、「紫外線カット」効果や「飛散防止」効果があるのも嬉しいところですよね。


が、蚊除け効果があまりなかったイメージです。


悲しいかな、値段が高かった割にはあまり効果が薄かったイメージですよ。んで、販売元のHP等を読んだら「蚊等の一部の虫には効果が期待できない」なんて書かれていました。

そりゃ、効果ありませんよね。(ノД`)・゜・。

というワケで、もしかしたら私と同じ過ちを犯す人がいるかもしれないので、念のため書いておきます。虫よけフィルムは蚊除け効果はありませんでした。あ、でも、紫外線カット効果はありましたよ!フィルム有りと無しでは部屋の中の涼しさが全然違いましたし!

番外編 ボウフラ対策で部屋の中の蚊が激減!?

もし、庭や家の周りに水場が多いなら、蚊が卵を産み付けてボウフラ(蚊の幼虫)が増えている可能性があります。こういった場合、ボウフラ対策をする事で部屋に入ってくる蚊の数も減らす事ができますよ。

詳しくは『ボウフラ対策 銅やメダカ、金魚、薬品等、完全駆除する方法を紹介!』をどうぞです。

スポンサーリンク

蚊対策 赤ちゃんやペットはどうする?

蚊の予防対策で気になるのは子供やペットがいる場合ですよね。大人だけなら上記ランキング1位の「スプレータイプ」が1番効果的なのですが、やはり赤ちゃんがいる場所で直接使用するのは避けたいものです。

ですので、基本的には以下のポイントに注意してみましょう。

・蚊取り線香やノーマットは子供の手が届かないところへ置く(火傷や感電等のケガの原因になります)

・喘息の子供は蚊取り線香の煙で咳が出やすくなるので注意する

・効果絶大の1プッシュのスプレータイプを使用する時は、赤ちゃんや犬、猫、ハムスター、熱帯魚等のペット、妊婦、赤ちゃんやペットが遊ぶオモチャを別の部屋へ避難させておく。使用した後も部屋は締め切らないようにし、空気が入れ替わってから入室する。

・網戸に虫よけスプレーをふりかける(スプレーをする時はベビーちゃんやペットちゃんがいない時にね)

・玄関や窓で幼児の手が届かないところに「虫コナーズ」や「芳香剤系」の防虫剤を設置

・玄関や扉、網戸を開け閉めする時は素早く行う。開けっ放しにしない。

・赤ちゃんやワンちゃん等の服は白系にする(蚊は黒い色が好きなので)


こんな感じでしょうか。蚊除けの薬剤の人体への影響は気になるところですが、スプレータイプを使用する時だけ子供たちを避難させるようにすれば、そこまで神経質にならなくても良いのかな、と思います。

が、やはりどーしても気になる!という人の場合は、最終手段です。


昔ながらの蚊対策「蚊帳(かや)」を使いましょう。


これなら薬剤は使わないので体に優しいし、冷房が直接当たるのも防いでくれるので一石二鳥です。今はけっこう大き目の蚊帳が安くで売ってあるので、「薬剤に頼りたくない!」という人は買っても良いかなぁと思います。


ちなみに犬や猫が蚊に刺されて起こる「フィラリア症」は予防薬でほぼ100%防ぐことができますよ。月に1粒飲ませるだけなので、そんなに負担もかかりません。

費用も最初にフィラリアに感染していないかの検査で2,000~3,000円。薬が毎月1,000円程度です。詳しくはかかりつけの獣医さんにきいてみてくださいね。



一緒に読まれている人気記事
デング熱の初期症状と治療法!子供が感染したら予防対策はどうする?
蚊に刺されやすい人と刺されにくい人の特徴って?対策はどうする?
蚊に刺された時の対処法!かゆみや腫れが長引く原因は?


蚊対策 部屋で効果的なグッズランキングまとめ

いかがだったでしょうか?室内の蚊対策では「1プッシュ」タイプのスプレーが1番効果的です。が、人体への影響が気になるので子供やペットがいる場合は、スプレーをする時に別室に避難させておきましょうね。

もし、薬剤に頼りなくない!というのであれば「蚊帳」を使うのが1番ですよ。最近は良い蚊帳が安くで売られているのでおすすめですよ( *´艸`)

もちろん、屋外での蚊対策も忘れずに行いましょうね。

→『庭の蚊対策!屋外の作業中に効果的なグッズや子供でも安全なものは?