蚊に刺された時の対処法!かゆみや腫れが長引く原因は?

蚊に刺された(噛まれた)時あなたはどんな対処をしますか?私は「爪でバッテンを付けて我慢する」という方法を取っていたのですが、


正直、ほとんど効き目がありません。


というか、むしろかゆみが強くなるし、赤く腫れるし、下手したら跡が残りそうだしで最悪です。本当、蚊が多い田舎に住んでいる私としては、蚊のかゆみ問題は死活問題です。かゆみが気になって家事や仕事に集中できませんもん。


「誰かー!蚊に刺された時の正しい対処法を教えてくださーい!」


って感じです。というワケで今回は「蚊に刺された時の対処法」についてまとめていましたよ。少しでも早くかゆみを取りたい人はぜひ参考にしてくださいね。特に小さい子供がいる人や跡を残したくない人は要チェックですよ!

スポンサーリンク

蚊のかゆみ 原因はなに?

まず、なぜ蚊に刺された時に「かゆみや赤い腫れ」が起こるのかというと、


原因は「蚊の唾液」です。


というのも、蚊は人や動物の血を吸う時、皮膚に「唾液」を注入するのですが、この唾液には

1、私たちが痛みを感じなくさせる効果
2、血が固まらなくなる効果


があります。「人に気付かれずにゆっくり血を吸うためにできた唾液」なので蚊にとっては最高の唾液ですよね。しかーし、この唾液が私たちの皮膚に入ると、体が「異物が入ってきた」と判断し、アレルギー反応を起こしちゃいます。結果、


蚊に刺された場所がかゆくなったり、腫れあがったりしちゃうんです。


つまり、蚊に刺された後の腫れやかゆみは「アレルギー反応」なんですね。ちなみにこの「アレルギー反応」ですが、人によって早く出る人と、遅く出る人がいるんですよ。

赤ちゃんや幼児

赤ちゃんや乳幼児は蚊に刺されてから1~2日後にかゆみや腫れが出現します。蚊にあまり刺された事がないため、体が「蚊の唾液」を異物と判断せず反応が遅れちゃうんです。

しかも赤ちゃんは大人と比べて体温が高く蚊に狙われやすい上に、まだ蚊への対抗ができていないため、アレルギー反応が重症化しやすいという特徴があります。

もし赤ちゃんの皮膚が以上に腫れる事があったら、早めに病院へ連れて行ってくださいね。重度になると全身に蕁麻疹(じんましん)ができる事もあるので要注意ですよ。

小学生くらいの子供

蚊に刺されるとすぐにかゆみや腫れが出現し、その後症状が長引きます。やっとかゆみがなくなったと思っても、数日後にぶり返す事があるので厄介です。

蚊に噛まれる回数が増え、体がすぐに「蚊の唾液」をアレルギー源と判断し反応しますが、まだ体内に抗体ができてしまっていないため回復まで時間がかかっちゃいます。

・青年期~成人

すぐにかゆみや腫れが出現し、その後すぐに治まります。私たち成人になると、蚊に噛まれてもかゆみや腫れはそう長引きません。

そういえば、子供の頃の方が蚊に刺された時かゆみを我慢できずにかきむしっていた覚えがありますが、最近はそこまで長引きませんよね。これは蚊に刺される回数が増え、体の中に耐性ができてきているからなんですね。

・高齢者

蚊に刺されても特に何の反応も出ません。蚊に刺された回数が多いシニア世代にまでなると、蚊に刺されてもなんの反応もでない、ある意味「無敵」な状態になります。

そういえば、おばあちゃんやおじいちゃんが「蚊に刺されて痒がっている姿」ってあまりみないですよね。うらやましいですが、その分今まで何百回と蚊に刺されてきた結果です。私もいつの日か、この「無我の境地(?)」まで到達する事ができるのでしょうか?

スポンサーリンク

蚊に刺された時の対処法は?

蚊に刺された時の対処法
さてさて、それではお待たせしました!蚊に刺された時の正しい対処法を紹介しますね。蚊に刺されてかゆみを消し去る方法ですが、方法としては3つあります。

1、50℃以上のお湯で温める
2、氷で冷やす
3、ムヒ等を塗る


それでは、それぞれ具体的に見ていきましょう!

蚊に刺された時の対処法1 50℃以上のお湯で温める

蚊に刺された箇所をお湯で温める方法です。ちまたでは「かゆみの成分が分解されるから」なんて言われていますが、そうではなく、熱さで血流が一時的に抑えられるからです。が、この効果が出るのは


少なくとも50℃以上の「熱湯」レベルのお湯です。


50℃以上のお湯といえば、かなりの熱さですよね。いくらかゆみが止まるとはいえ、下手したら火傷する可能性があるので、個人的におすすめできません。どうしてもやってみたい人は火傷に気を付けてから行ってくださいね。

蚊に刺された時の対処法2 氷で冷やす

蚊に刺された箇所を氷で冷やしてみてください。脳がかゆみより冷たさを優先して感じるようになるので、かゆみが一時的におさまります。


が、氷が解けて冷たさがなくなると、またかゆみが襲ってきます。


氷に頼る場合は、あまり頼り過ぎずに、あくまで一時的にかゆみをとるための対処法として利用すると良いですね。

蚊に刺された時の対処法3 ムヒ等を塗る

なんだかんだで1番効果的なのは「薬に頼る」事です。他の方法と比べて、確実にかゆみが治まります。虫刺されのかゆみに効く薬といえば

・ムヒ
・キンカン
・ウナコーワ


ここら辺が有名どころですね。蚊に刺された場所を発見したらすぐにこれらの薬を塗ってしまいましょう。コツは「軽く叩くように塗る」事です。液体が乾いたらまた薬を塗り、5分後にもう1度同じようにして塗ると、私の場合はほぼかゆみが取れてしまっていますよ( *´艸`)

また、これらの薬にはだいたい「ステロイド剤」が入っていますので「副作用が起きないの!?」と心配される人もいるかもですが、ステロイド剤で副作用が出るのは広範囲に長期間塗り続けた場合です。


少量を数日塗る分には問題ありません。


が、もしどうしても気になるのであれば「ムヒ・ベビー」ならステロイド剤は入っていませんので、ムヒベビーを利用するのがおすすめです。これなら赤ちゃんや小さい子供にも安心して使う事ができますよね。

蚊に刺された時の対処法 これらの方法は効果なし!?

ちなみに「蚊にさされた時の対処法」として以下のような内容をネットでよく見かけますよね。

・セロハンテープを貼る
・水で洗い流す
・石鹸で洗う
・塩を塗る
・酢を塗る
・爪でバツを付ける


私が試してみた結果、


全く効果がありませんでした。


特にセロハンテープはむしろかゆみが増した気がします。そもそも蚊に刺された時点で「蚊の唾液」が体内に入りこんでいるので、「かゆみの原因となっている成分」を取り出したり分解したりすることはできないんです。

素直にムヒを塗りましょう。

蚊に刺された 腫れやかゆみが酷い時には!?

蚊に刺された時、腫れやかゆみが酷い時ってありませんか?

実は蚊には種類があり、刺された蚊によってかゆみや腫れの強さが違ってくるんですよ。日本で代表的なものは以下の3種類です。

・アカイエカ(家の中にいる蚊)
・チカイエカ(冬にいる蚊)
・ヒトスジシマカ(やぶ蚊:外にいる蚊)


私たちが普段噛まれるのは主に家にいる「アカイエカ」です。この蚊に刺された時には、そこまでかゆみも腫れも酷くはなりません。


が、問題は「やぶ蚊」です。


庭や公園で遊んだ時や山でバーベキューをした時にやぶ蚊に刺されると、一般的に普段よりかゆみや腫れが酷くなりやすいです。アカイエカに刺された時は30分程度で引く腫れが、ヤブカの場合5日くらい腫れ続ける場合もあるんですよ。

しかも、やぶ蚊は数年前に流行した「デング熱」の原因となっている蚊です。やぶ蚊に刺された後に高熱が出たら「デング熱」を疑った方が良いでしょう。

→『デング熱の初期症状と治療法!子供が感染したら予防対策はどうする?



また、やぶ蚊に刺された場合だけ「蚊アレルギー」が出る人もけっこう多いです。


蚊アレルギーになると刺された箇所が膿みただれてしまいます。将来的に跡が残る可能性もあるので、蚊に刺された場所が大きく腫れ、熱を持っていたり膿が出てくるようであれば皮膚科を受診するのがおすすめです。

病院で処方されたお薬なら市販されている薬より効き目もありますよ(*´ω`*)

もちろん、蚊に刺されない対策もしっかり行いましょうね。
蚊対策 部屋で効果的なグッズランキング!赤ちゃんやペットに無害なのは?

蚊に刺された時の対処法!かゆみや腫れが長引く原因まとめ

いかがだったでしょうか?蚊に刺された時かゆみが起こる原因は「蚊の唾液」にあります。

1度刺されるとこの唾液を取り出したり分解したりするのは無理なので、かゆみを取り除くには「ムヒ」等の薬を塗るのが1番ですよ。

もし腫れやかゆみが酷く長引くようなら「蚊アレルギー」かもしれませんので、その際は早めに病院を受診してくださいね。