シクラメンの花言葉の由来が可愛らしくてほっこり(*´ω`*)

こんにちはー!昨日、「シクラメンの花言葉」を知って、シクラメンを見習おうと決心した管理人のアスカです。

というのも、この前リビングで大口開けてヨダレを垂らしながら眠っていたら、ダンナ様から

「付き合っていた頃は、そんなことしなかったのに・・・」

と冷たい目で見られちゃいましたよ!このままじゃ、ダンナ様に呆れられてしまいます。シクラメンのように大和撫子のような女子を目指さなければ・・・

え?シクラメンの花言葉ですか?それは・・・この先を読んでもらえればわかります(*´ω`*)

スポンサーリンク

ぜひ見習いたいシクラメンの花言葉って


シクラメン全般の花言葉は「遠慮」「内気」「気おくれ」「はにかみ」。

私を代表として、現代の日本人女性が忘れてしまっている「大和撫子な古き良き女性」のようだと思いませんか?

ちなみにシクラメンの花言葉は色によっても違いますよ。
・赤・・・嫉妬、絆、愛情
・白・・・清純
・ピンク・・・憧れ、内気、はにかみ

赤色シクラメンの花言葉「嫉妬」は、赤い花びらが炎が燃え上がっているように見えることからきたみたいですね。内気な花でも怒らせると怖いのかもしれません。

スポンサーリンク

シクラメンの花言葉の由来って?

シクラメンは花言葉だけじゃなく、花言葉の由来まで大和撫子なんです!というワケで、由来を紹介です。

昔々、花好きのソロモン王が「花のデザインの王冠を作ろう!」と思い立ち、イロイロな花に「王冠のモデルになってくれない?」と頼むんですけど、全敗。

どの花にも相手にしてもらえません。

王様の王冠のモデルになれるってスゴイことなのに、花たちは何で断ったんでしょうね。ソロモン王がよっぽどブサイクだったのかな?(ソロモン王に謝れ)

そんな中、振られまくって「俺、人望なかったのかな」と落ち込んでいるソロモン王に一対の希望の光が・・・。

そう、シクラメンです。

シクラメンは王様の手を取り「私は他の花に比べたらキレイじゃないですけど、私で良かったらモデルを引き受けますよ」と優しく微笑みます。

ソロモン王は大喜び。テンション高めで

「ありがとう、シクラメン!私は君ほど美しく、優しい花には出会ったことがない!君こそ花の中の花!私にとっては唯一の『クイーン オブ フラワー』だ!!」

と感謝の言葉を述べると(いえ、こんなふうに言ったかどうかは分かりませんが)、嬉しさと恥ずかしさのあまりシクラメンは王様の顔を見る事ができず、頭を垂れてうつむいてしまったそうです。

シクラメンの和名がおもしろい


花言葉の前に、シクラメンの和名がおもしろかったから紹介です。シクラメンの和名。それは、

豚の饅頭」。

もう、「なんだそれ」って感じですよねΣ(・ω・ノ)ノ!こんな名前を付けられたシクラメンが可愛そうでなりません。

んで、なんでこんな名前になったかというと、

シクラメンの球根は豚の大好物。地中海地方では豚が土を掘ってシクラメンの球根を食べるので、シクラメンのことを「豚のパン」と呼んでいました。それを日本語に和訳するときに、

「豚のパン?パンってどう訳すんだっけ?まぁ、パンって饅頭みたいなものだよな。シクラメンの和名は豚の饅頭でいっか」

と何のひねりもなく、そのまま訳しちゃったのが原因です。

シクラメンって可愛らしい花なのに。もう少し、ひねってくださいよ、昔の人(笑)



☆他の花の花言葉も見てみませんか?☆
(´っ・ω・)っ【桜の花言葉】由来はワシントン大統領の逸話だった!?



↓シクラメンの「100年初恋」。忘れていたあの頃の苦い思い出がよみがえってきます(´;ω;`)



シクラメンの花言葉の由来 まとめ

どうでしたか?
シクラメンって花言葉はもちろん、花言葉の由来までも大和撫子のようで可愛らしかったですよね。私もシクラメンのように恥じらいを持ち、「古き良き大和撫子」のような女性を目指してみようと思います(*´ω`*)