バラの花言葉は色や本数で違うって知ってましたか?

「愛」と「美」の花言葉を持つバラ。ステキですよね。

「年齢の数に合わせてたバラの花束を男性からプレゼントされる」そんなシチュエーションを夢見る女性も多いのでは?

さて、そんなロマンチックなバラですが、実は本数によっても「花言葉」が変わるってあなたは知っていましたか?

スポンサーリンク

バラの花言葉は色で変わる

バラは昔から好きな人へ気持ちを伝える手段として使われていたそうです。だからバラの花言葉は恋愛関係が多いんですって。う~ん、やっぱりステキですね。


色別バラの花言葉(告白風:若干意訳)
・赤色・・・お前を愛してる
・白色・・・俺こそお前にふさわしい。
・ピンク・・・可愛いな。お前への愛を誓おう。
・黄色・・・最近、あいつと仲いいな。妬ける。
・紅色・・・お前に死ぬほど恋焦がれている。
・黒赤色・・・お前を死ぬまで憎む。
・黒色・・・お前はあくまで俺のものだ。


ロマンチックなバラの花言葉ですが、中には過激なものもあるみたいですね。「死ぬまで憎む」とか「お前はあくまで俺のもの」とか、情熱的というか。

ある意味、そこまで誰かを愛せるってスゴイことですよね。

ってか、この告白風花言葉・・・書いてて恥かしくなりました。(いや、思いっきり楽しいけど)

スポンサーリンク

本数で違うバラの花言葉

バラの花言葉は贈られる本数でも違ってくるんです。男性が女性にプレゼントする時は注意が必要ですね。

本数別バラの花言葉(告白風:若干意訳)
・1本・・・一目惚れだ。俺にはお前しかいない。
・2本・・・この世界は俺とお前の二人だけだ。
・3本・・・お前を愛している。
・4本・・・俺の気持ちは死ぬまで変わらない。
・5本・・・お前に出会えて、心から嬉しい。
・6本・・・お前に夢中だ。お互い敬い、愛し、分かち合おう。
・7本・・・ひそかにお前を愛していた。
・8本・・・お前の思いやり、励ましに感謝している。
・9本・・・いつもお前を想っている。一緒にいてくれ。
・10本・・・お前は全てが完璧だ。
・11本・・・お前は俺にとって最愛の相手だ。
・12本・・・俺と付き合ってくれ。
・21本・・・お前だけに尽くす。
・24本・・・24時間1日中お前を想っている。
・99本・・・永遠に愛してる。お前をずっと好きだった。
・100本・・・俺のお前への愛は100%だ
・101本・・・これ以上ないほど愛している。
・108本・・・結婚してくれ。
・365本・・・お前が毎日恋しい。
・999本・・・何度生まれ変わってもお前を愛そう。

いやぁ~、ステキですね。私、これ書きながら、ニヤニヤしてきました(*´з`)

誰か私にもバラの花束で告白してくれないかなぁ。(ムリ)

男性はぜひ、彼女の誕生日やプロボーズ、結婚記念日なんかにサプライズで贈ってみてくださいね。

きっと彼女さんや奥さんは感動して、しばらく、夕飯は好きな物を作ってくれますよ(笑)

ちなみにプロボーズに使いたい場合は、108本のバラの花束が理想ですが、100本のバラの花束で十分じゃないでしょうか。というか、彼女の年齢に合わせて買っても良いですよね。相場は100本で10,000~50,000円くらいするみたいですよ。




従妹のお姉ちゃんがバラの花束と指輪を貰ってプロボーズされたのですが、そんなことをしてくれる男性がいるんですね。うらやましいです(笑)


☆他の花の花言葉も見てみませんか?☆
(´っ・ω・)っ【ひまわりの花言葉】由来はドロドロの恋の三角関係!?


↓思わず感動しちゃったフラッシュモブ サプライズポロポーズ



バラの花言葉まとめ

いかがだったでしょうか?100本のバラ。一度は欲しいですよね~。

ちなみに男性から「バラの花束をもらいたい」という女性は自分からストレートに伝えないと、伝わらないですよ~。

私、ダンナ様にそれとな~く遠まわしに毎回「結婚記念日にバラの花束が欲しい」旨を伝えているのですが、未だに貰ったことは無いです(´;ω;`)

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする