忘年会のゲーム 簡単で盛り上がる余興は?少人数・大人数・二次会でも!

会社に勤めていると、毎年恒例で年末に忘年会がありますよね。んで、忘年会の幹事になった人が悩む事の1つといえば


忘年会で盛り上がるゲームについてです。



忘年会ではお偉いさんが出してくれた景品をかけて「余興のゲーム」をする事がありませんか?私の職場も毎年大規模な忘年会が開かれます。そして、毎年必ず「何かしらのゲーム」をしなければなりません。

ええ、もちろん社員は20代、30代、40代、50代、60代の男女バラバラ。


「誰かー!忘年会で簡単に盛り上がるゲームを教えてくださーい!」


って感じです。おそらく同じようにゲーム担当になって悩んでいる新人さんもいる事でしょう。というワケで今回は「忘年会で簡単に盛り上がるゲーム」を紹介しますよ。

大人数・少人数どちらでも対応できるゲームアイディアを色々と紹介しますので、忘年会の幹事になった人はぜひ参考にしてくださいね。

もちろん、忘年会だけではなく、新年会や飲み会、結婚式の二次会の余興ゲームとしても使えますし、家族も一緒に忘年会に参加する会社でもOKですよ。

スポンサーリンク

忘年会ゲーム 簡単で盛り上がる定番の余興は?

それではまず、確実に盛り上がる「忘年会の定番余興」から紹介していきますね。特に初めての幹事の場合、これらの余興を行うのが無難ですよ。

忘年会ゲーム1 ビンゴ

忘年会に限らずあらゆるパーティーで定番の人気ゲームといえば、間違いなく「ビンゴゲーム」でしょう。というのもビンゴゲームは

・誰でもルールを知っているのでルールの説明が不要
・必要な材料が100均でそろう
・子供から大人まで平等に楽しめる
・景品がある時の盛り上がり方が凄まじい


と老若男女、年代を問わずに楽しめるゲームです。皆さんルールを知っているので「進行が楽」という点でも、かなりおすすめですよ。

ちなみに、普通にビンゴを行った場合「最初に目玉商品が無くなると最後の方が盛り上がりに欠ける」という場合があるので、ビンゴの景品は「くじ引きで決める」のがおすすめです。

もしくは、ブービー賞で後ろから2番目にもう1つ「目玉商品」を準備しておくのも良いですね。これだと、最後まで社員のモチベーションが落ちることなく楽しむ事ができますよ。

 関連記事
ビンゴゲームの景品おすすめ!予算別に貰って嬉しい商品例を紹介!


忘年会ゲーム2 100円じゃんけん

こちらも余興で大盛り上がりのゲームです。私も忘年会や結婚式の二次会で行った事がありますが、皆さん、かなり大興奮でしたよ。


【ルールと遊び方】

1、皆さん100円玉を1枚準備してもらいます。この時、「基本的に100円ですが、太っ腹な人は500円や千円を出しても構いません」みたいな事を言うと、社長や部長といったお偉いさんは高い金額のお金を出してくれる場合があります( ̄ー ̄)ニヤリ

周りのモチベーションが上がりますし、「社長、すごーい!」と言われるお偉いさんも嬉しそうですよ。もちろん、大きな金額を出してくれた人は進行役がマイクで大げさに褒めたたえましょう。

あ、会社の雰囲気によっては「平等に100円」が良い場合もあるので、そこら辺はあなたの職場の雰囲気で調整してくださいね。

2、後は近くの人同士でじゃんけんを行い、勝った人が負けた人のお金を全部いただきます。

3、最後の一人になるまでじゃんけんを続け、優勝者が全金額をゲットできる仕組みです。参加人数にもよりますが、何かとお金がいる年末には「ちょっとしたボーナス」が入るので皆さんかなり盛り上がりますよ。

ちなみに30人参加で3,000円、100人参加だと10,000円の賞金になります。もちろん、上司が奮発してくれたら、さらに多い金額を得ることができますよ♪


スポンサーリンク

忘年会ゲーム3 カラオケやダンス

忘年会を旅館等を貸し切って行う時におすすめな余興の1つは「カラオケ」です。年齢に関係なく「カラオケ」が好きな人って意外に多いものです。

新人君や上司の意外な一面を見れたりして、けっこう盛り上がりますよ。


ただし、いきなりカラオケを始めても「全然希望者がいない」という場合もありますので、カラオケを余興で行う場合はあらかじめ何人かに「サクラ」をお願いしておきましょう。

実は「歌好きの上司」や「目立ちたがりの社員」はけっこういるものです。何人か事前に頼んでおくと良いですね。女性は1人では歌いたがらない人が多いので「グループでの参加」をお願いしてみると良いですよ。

ちなみに私の職場では「送別会では全員何かしらの余興を強制参加」でした。以外にみんな、ノリノリでカラオケやダンスを披露していて、毎回送別会は大盛り上がりですよ(*´ω`*)

関連記事
忘年会のカラオケで盛り上がる曲!年配上司に受ける歌20選!
忘年会の余興ダンス 簡単で盛り上がる曲!男子・女子おすすめはコレ!


忘年会で盛り上がるゲーム 少人数でも楽しめるのは?

次に、忘年会の参加人数が少人数でも盛り上がるゲームを紹介しますね。

もし大人数の会社の場合は、前もって部署ごとに選抜メンバーを選んでもらい、他のゲームと合わせて「チーム対抗戦」にすると、これらの少人数向けのゲームも一緒に遊ぶ事ができますよ。

忘年会ゲーム4 腕相撲

「腕相撲」も特に説明がいらないので、年齢に関係なく全ての人が簡単に楽しめるゲームですよね。んで、この腕相撲大会、普通に男性が行っても面白いのですが、


女性が行うとかなり盛り上がります。


普段は大人しそうなあの人が、以外にたくましかったりして見てるだけでもかなり面白いですよ。私も送別会で腕相撲に出た事がありますが、年齢関係なく真剣勝負できる職場だったので、相当盛り上がりました。

優勝者に何か景品があると、女性陣の「本気の底力」を見る事ができ、楽しいですよ(笑)

忘年会ゲーム5 パンストゲーム

腕相撲が「女性向けゲーム」なら、パンストゲームは「男性向けゲーム」になります。

もちろん女子が参加しても良いのですが、芸人でもない限りちょっと可愛そうなので、男子向けのゲームで勘弁してあげてください。


【遊び方】

1、ストッキングを2足分用意します。それぞれ足部分をしばり、1つにしておいてください。

2、パンストゲームは2人ずつ戦います。お互いストッキングの胴部分を頭に被って準備してください。

3、スタートの合図で反対方向に引っ張り合います。変な顔になるので、見ている人からしたらかなりインパクトがあり面白いです。

4、最後までパンストが脱げなかった人が優勝です。

5、トーナメントで「キング・オブ・パンスト」を決めてくださいね。なりふり構わず変顔で勝ち抜いた勇者には、みんなから賞賛の声が上がりますよ(笑)


忘年会ゲーム6 ストロー早飲み

こちらもある意味「余興で大人気のゲーム」になります。

ルールは簡単。コップに飲み物を入れ、参加者は超ロングストロー(ネット等で購入すると良いですよ)で飲み物を吸い、最初に飲み物を飲んでしまった人が勝ちです。


以外に難しいので、地味に盛り上がりますよ♪


コップの中身はアルコールが定番ですが、ストローでアルコールを飲むと酔いやすく「急性アルコール中毒」になる可能性があるのでちょっとおすすめできません。

コップの中身は青汁やコーラ、牛乳等の「一気に飲みにくい物」にしておくのが無難ですよ。「くじ引きで飲み物が決まる」というのも面白いですね。

ちなみに、このゲームなら「忘年会に家族が参加する会社」の場合でも、子供も一緒にゲームができますよ。子供にはハンデで飲みやすいジュースを準備してあげたり、ストローの長さを短くしてあげたりすると良いですね(*´ω`*)



忘年会ゲーム7 大福ロシアンルーレット

少ない人数の飲み会や合コン、二次会である意味定番のゲームといえば「ロシアンルーレット」ですよね。

私も過去によく行った事がありますが、毎回ドキドキで盛り上がりますよ。


【ルール】

1、幹事はいくつか大福(シュークリームやたこ焼きでもOK)を用意しておき、その中に1つだけ「タバスコ」や「わさび」「からし」等を入れておきます。

2、ゲーム参加者は大福を1つずつ選び、美味しく頂きます。

3、見ている人は「誰が外れ大福を食べたのか」を当ててください。演技力が問われるゲームですよ。


スポンサーリンク

忘年会ゲーム 大人数でも盛り上がるのは?

最後に忘年会で「100人以上の参加者がいても盛り上がるゲーム」を紹介しますね。100人以上の大規模な忘年会の場合、おそらく会場もホテルや旅館を貸し切って行うと思います。

ですので、ステージを使った余興ゲームを行い、全員がそれらを見て楽しむようなゲームがおすすめですよ。具体的には以下のようなゲームが人気ですよ♪

忘年会ゲーム8 ジェスチャー当てゲーム

「ジェスチャーゲーム」も色々なパーティーで定番な人気ゲームです。

簡単にルールを説明すると、ジェスチャー役が「一切喋らずにお題のモノマネ」を行い、何のモノマネを行っているか当てるゲームですね。

忘年会に参加する人数によって「チーム戦」にして「制限時間内により多くの正解を出せたチームの勝ち」としても良いですし、ステージでジェスチャーを行い、見ている人全員で「何のジャスチャーか当てる(当てた人には景品)」という風にしてもOKです。

ジャスチャーのお題によってはかなりの大爆笑になりますよ。

 関連記事
ジェスチャーゲームお題 面白い物を一覧で紹介!子供から大人までOK


忘年会ゲーム9 ○×クイズ

○×クイズも人数に関係なく盛り上がるゲームですよね。クイズ系は場所をとらずに簡単に参加できるし、クイズの数で時間の調整もできるので、いくつか考えておくと「進行役が場をつなぐ時」にも役立ちますよ。


ルールは簡単。進行役がクイズを出し、その他の人たちが○×で答えていきます。


クイズは何でも良いですが、「会社関連(できたら社長や上司等のお偉いさん関係のネタが良いですね。ただ、クイズのネタにされたくない人もいると思うので、そこら辺は上司の性格で判断してください)」と「時事ネタ」でOKだと思います。

可能なら、会場を○ゾーンと×ゾーンの2つに分けて、移動してもらうのがベストですが、難しいようならその場で全員立ってもらい、手で○×のポーズを作るだけでも構いません。クイズに正解した人はそのまま回答を続け、不正解だった人は椅子に座ってもらいましょう。

単純な余興ですが、けっこう盛り上がりますよ。

忘年会ゲーム10 間違い探し

忘年会のゲームというよりちょっとした余興になります。何人かで余った時間に余興をする時に行うと受けますよ。


【遊び方】

1、ステージ上で何人かで「とある静止場面」を作ります。例えば「野球をしているところ」とか「電車に乗っているところ」とかです。

2、1度ステージに幕を下ろします。忘年会会場にステージがない場合は、大きい布やブルーシートを両端で持って目隠しにしてください。

3、目隠しをしている間に、1の静止場面からどこか変化を付けます。例えば「野球ボールをジャガイモに変える」とか「靴下の色が派手になる」とか「電車のつり革がペロペロキャンディーに変化する」とかです。

4、あとは見ている人に「どこが変化したか」を当ててもらえばOKですよ。インパクトのある変化を付ける事がでたら、かなり大うけで会場が盛り上がりますのでぜひ挑戦してみてくださいね。



一緒に読まれている人気記事
忘年会 司会進行の流れは?挨拶例文や幹事の台本マニュアルを紹介!
クリスマスの過ごし方 カップルにおすすめなデートの楽しみ方はコレ!
クリスマス 一人での過ごし方・楽しみ方!ボッチは寂しいは間違い!?

忘年会のゲーム 簡単で盛り上がる余興は?少人数・大人数・二次会でもまとめ

いかがだったでしょうか?会社の忘年会では参加する年代がバラバラな事が多いので、ルールが簡単なゲームの方がみんな盛り上がりますよ。

特に人数が多い忘年会で全員を仕切るのは大変だと思いますが、周りに協力をお願いしつつ頑張ってくださいね。

あなたの会社の忘年会が大盛り上がりで成功しますように☆