インフルエンザ時の入浴はいつから?一緒に家族が使っても感染しない?

インフルエンザや風邪などの時、気になる問題の1つと言えば、


「入浴はいつから入って良いのか?」


ですよね。私が子供の頃は「熱がある時はお風呂に入らない方が良い」と言われていましたが、今と昔では考え方が変わっている事が多いです。現在は「どの方法が正しいのか」気になりますよね。というか、単純にお風呂に入らないと気持ち悪いですし、


「可能ならできるだけ早く入浴したい(*´Д`)」


って思っちゃいますよね。というワケで今回は「インフルエンザ時の入浴はいつから可能なのか」についてまとめてみましたよ。

その他にも「インフルエンザ感染者が使用したお風呂場をそのまま使ってうつらないか」や「子供や幼児と一緒に入浴しても大丈夫か」等についても一緒に紹介していますので、良かったら参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

インフルエンザ時の入浴はいつから可能なの?

インフルエンザ時についての入浴ですが、結論から言ってしまうと、


動けるまで回復しているなら問題なく入浴できます。


昔は「病気時の入浴は禁止」としている場合が多かったですが、現在では「軽い入浴」でしたら心身ともにリラックスできますし、「体を清潔に保つ」という目的でも「インフルエンザ時であってもお風呂に入ってOK」となっています。

ただし、あくまで「動けるまで回復している場合」に限ってですよ。

「まだ高熱が続いており、歩くのもふらふらしている」という状態の場合、かえって入浴で体力を奪われますので、お風呂に入るのはNGです。体力が回復するまで入浴は我慢して、それまでは、


蒸しタオル等で体を拭く程度で済ませましょう。



ちなみに「熱」だけで判断するなら「38℃」が一つの判断材料となります。私なら38℃以上の熱があるなら「濡れタオルで清拭するだけ」にとどめ、熱が37℃代になってから入浴を行います。

とはいっても、人によって平熱が違うように、38℃以上あっても比較的元気な人もいれば、37℃代でもかなりキツイ人もいます。

ですので、熱が微熱まで下がっていたとしてもまだ「めまいやふらつきがする」という場合は、完全にインフルエンザから回復するまでお風呂は我慢していた方が無難ですよ。

ちなみに、「蒸しタオルの作り方」ですが、簡単なのは電子レンジでチンしてしまう方法です。タオルを水で濡らしてしっかりとしぼった後、


500Wのレンジで約1分間温めるだけで完成です♪


チンする時間はお使いのレンジによっても変わると思うので、良い具合に調整してくださいね。あと、私はそのままタオルだけをチンしますが、気になる人はラップで包んだり、ジップロックやビニール袋に入れてからチンすると良いですね。

取り出す時は火傷に注意して、実際に使う前にタオルを広げてみて熱すぎないかチェックするのお忘れなくです。


スポンサーリンク

インフルエンザ時のお風呂で注意する事

次に、インフルエンザ時に入浴する時の注意点ですが、基本的に以下のポイントを守って入浴を行うようにしてくださいね。

長風呂は体力を消耗するので禁止

長時間お風呂に入ると、かえって体力が奪われてしまいます。寒くなければシャワーだけで済ませるがベストです。冬で寒い場合は、少しの間だけお風呂に浸かって、体が温まったらすぐに出るようにしましょう。

入浴後に体を冷やさない

お風呂から上がった後に体を冷やしてしまったら、風邪やインフルエンザを悪化させてしまいます。できるだけ早く洋服を着て、体が温まっているうちに寝室へ戻りましょう。

バスタオルの共有は厳禁!

家族がいる場合、バスタオルの使いまわしをすると家族にインフルエンザがうつってしまう可能性があります。

ですので、感染者が使用したバスタオルの使いまわしは絶対にせず、使用したタオルはすぐに洗濯機に入れてしまい、他の家族が触らないようにしましょう。

ちなみに「感染者が使った衣類・バスタオル」ですが、洗濯してしまえばインフルエンザウイルスは落ちてしまいますので、他家族の衣類と一緒に普通に洗濯してしまって大丈夫ですよ♪

インフルエンザで入浴 感染はしない?

次に家族がインフルエンザに感染した場合、「同じお風呂に入ってインフルエンザがうつらないか?感染者が入浴した後の浴室は消毒が必要かどうか」が気になりますよね。

ここのところですが、インフルエンザウイルスは「熱や湿気に弱い」という特徴があります。ですので、基本的に


感染者が入った後のお風呂に他の家族が入っても大丈夫


インフルエンザが感染する事はほぼ無いですよ。わが家も去年、夫がインフルエンザに感染した時、夫が入ったお風呂で特に消毒する事もなく普通に私も子供(0歳赤ちゃん)も入浴しましたが、うつる事はなかったですよ。

とはいえ、やはり「100%大丈夫」とまでは言えないので、インフルエンザに感染した人は1番最後にお風呂に入るようにすると良いですね。

心配な人はさらに浴室を消毒すると完璧です。インフルエンザの除菌・消毒については以下の記事を読んでみてくださいね。

→『インフルエンザの除菌方法 感染者の家族に市販スプレーは効果ある?

インフルエンザ時の入浴 一緒に入っても良いの?

子供が赤ちゃんや乳幼児でまだ一人でお風呂に入れない場合、ママは「インフルエンザの幼児と一緒にお風呂に入って感染しないの?」と心配ですよね。

ここのところですが、上記したようにインフルエンザウイルスは「湿気と熱に弱い」という特徴がありますので、


一緒のお風呂に入った場合でも感染する確率はかなり低いです。


ですので、さっと素早くお風呂に入る程度なら、一緒に入浴してしまっても大丈夫です。

んが、やはり「100%感染しない」とまでは保証できないので、さらに感染の確率を下げたいなら「マスクをしたまま入浴する」という方法もあります。が、正直マスクをしたままお風呂に入ったら息苦しくてキツイですよね( ;∀;)

というか、むしろ過呼吸になってしまいそうなので、あまりおすすめできないです。

やはり幼児や赤ちゃんがインフルエンザに感染している場合、「長湯せず、さっとお風呂を終わらせる(もちろんバスタオルの共有は厳禁)」するか、「完全にインフルエンザが治ってしまうまで蒸しタオルで体を拭く方法で我慢する」のがおすすめです。


一緒に読まれている人気記事
家族がインフルエンザ 対処法は?他人にうつらない予防対策はコレ!
インフルエンザ時の食事 栄養があって効果的なおすすめレシピは?
インフルエンザの隔離期間はいつまで?仕事や学校の休みは?
インフルエンザ予防 子供向けで効果的な対策や予防グッズは?


インフルエンザ時の入浴はいつから?一緒に家族が使っても感染しない?まとめ

いかがだったでしょうか?インフルエンザ時に動けるまで回復しているなら、少しぐらい熱があっても入浴して大丈夫ですよ。

ただし、長風呂は体力を消耗しますので、体が温まったらさっとお風呂からあがりましょう。

入浴後は体を冷やさないように注意して、早めに休んでくださいね。早くインフルエンザが良くなると良いですね(*´ω`*)

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする