顔の日焼け止めの順番は?塗り方や塗り直し方法、落とし方も紹介!

夏は紫外線の量が多くて嫌になっちゃいますよね。美白を目指す私としては「絶対に顔だけは焼きたくない!」と毎朝せっせと日焼け止めを塗っています。

ところで、首や手への日焼け止めの塗り方はわかるのですが、


「メイクの時、顔に日焼け止めを塗る順番がわからない(´;ω;`)」


という悩みを持っているのは私だけでしょうか?

ほら、メイクの時って朝から、化粧水、乳液、下地、ファンデーションと顔に塗る物がたくさんあるじゃないですか。ここで日焼け止めも塗るとしたら、「一体いつ、どの順番で塗ればいいかわからない」と思いませんか?

というワケで今回は「顔への日焼け止めを塗る順番」について調べてみましたよ。一緒に「日焼け止めの効果的な塗り方」や「落とし方」の方法もまとめていますので、良かったら参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

顔へ日焼け止めを塗る順番は下地の先?後?

さて、まずは顔へ日焼け止めを塗る順番ですが、結論から言うと


基本的に「下地の前」が正解です。


ですので、朝の洗顔後、顔に日焼け止めを塗る順番は以下の通りです。

1、化粧水
2、乳液
3、日焼け止め
4、下地
5、ファンデーション


日焼け止めは、上に下地、ファンデーションと塗り重ねる事で、紫外線をより強力に予防してくれます。ですので「下地の先に日焼け止めを塗る」のがおすすです。

また、下地には肌を整えてファンデーションなどの化粧のノリを良くする働きがありますので、下地はファンデーションの直前に塗った方が、お化粧の仕上がりをキレイにしてくれるんです(*´ω`*)

ちなみに日焼け止めと下地はそれぞれ分けて顔に塗るのが理想ですが、「下地効果がある日焼け止め」や「高SPF&PA機能がある下地」の場合は、どちらか片方だけでもOKです。朝が忙しくて時間がない人は、これらを利用するのも良いですね。

スポンサーリンク

顔の日焼け止めの塗り方! 効果的な塗り方は?

顔 日焼け止め 順番
せっかく顔に日焼け止めを塗るなら、効果的な塗り方をしないともったいないですよね。正しい日焼け止めの塗り方は以下の通りですよ。

1、手のひらに500円玉大の量の日焼け止めを出す

2、手のひらにとった日焼け止めを額、鼻筋、両頬、あごの五か所に分けて乗せる

3、顔に乗せた日焼け止めを優しく叩き込むように広げていく


私、時間が無い時はついつい日焼け止めを両手のひらで伸ばしてから顔に塗っちゃうんですけど、この塗り方だと日焼け止めにムラができちゃうんですよね(-_-;)

ですので、時間がある時はきちんと顔5ヶ所に日焼け止めを乗せ、叩き込みながら広げていくようにしています。こちらの方が日焼け止めの効果をより発揮できるのでおすすめですよ♪

あと、顔の中でも特におでこと鼻筋は日焼けしやすい場所なので、手のひらに残った日焼け止めがあれば、重ね塗りをするのがおすすめです。さらに効果的な紫外線予防になりますよ。

顔の日焼け止めを塗りなおすタイミングや方法は?

顔の日焼け止めを塗りなおす時間は?

顔の日焼け止めって塗りなおすタイミングがイマイチわかりませんよね。よく言われるのは3時間に1回は塗りなおす!という事ですけど、本当のところどうなんでしょうか?なんと、答えは、


使っている日焼け止めで違うんです!


はい、スッキリしない答えでスミマセン(ノД`)・゜・。

というのも、日焼け止めの効果が持続する時間は、それぞれ日焼け止めによって異なるんです。具体的にどのくらい効果が持つかはSPFの値で計算できますよ。基本的にSPF1で20分間日焼けを防ぎますので、例えば

SPF20 = 400分 = 6時間40分
SPF50 = 1000分 = 16時間40分


という風になります。が、実際には皮脂や汗で日焼け止めが落ちますので、何もしなくても汗が出てくる夏場は、やはり数時間に1回は日焼け止めを塗りなおした方が良いでしょう。

例え職場でクーラーが効いた部屋にいようと、皮脂の汚れ等で日焼け止めは落ちていますので、最低でもお昼休みの間に1回はお化粧直しと一緒に日焼け止めも塗りなおした方が良いですね。

顔の日焼け止めを塗り直し方法

次に顔の日焼け止めを塗りなおし方ですが、主に3つの方法がありますので順にお伝えしますね。

顔の日焼け止めの塗り直し方法1 化粧を全て落として塗り直す

ある意味1番シンプルな塗り直しの方法ですね。クレンジングジェル等を使ってアイメイク以外を1度落としてしまい、化粧水、乳液、日焼け止め、下地、ファンデーションと全てやり直します。

正直、面倒くさい大変です。

が、1番キレイに顔の日焼け止めを塗り直せる方法なので、時間に余裕がある人、絶対に焼きたくない人はこの方法がおすすめです。

顔の日焼け止めの塗り直し方法2 日焼け止め効果のある化粧品を使う

最近ではファンデーションやパウダーにも高いSPF、PA効果が付いている物があります。ですので、これらのUVカット機能がある化粧品を使えば、よれたメイクを普通に直すだけで日焼け止めの塗り直し効果が得られますよ。

方法は、脂取りやタオル、ティッシュ等を使って顔の皮脂や汗をそっと拭き取り、後はUVカット効果のあるファンデーションやパウダーでメイクを直すだけ!とっても簡単です。

私も仕事がある日は、毎日この方法を使って日焼け止めを塗り直していますよ。簡単なのでおすすめです♪

顔の日焼け止め塗り直し方法3 スプレータイプの日焼け止めを使う

最近顔の日焼け止めの塗り直し方法で流行っているのが「スプレータイプの日焼け止め(顔用)」を使うことです。使い方は簡単。


メイクの上からスプレーを振りかけるだけ。


時間がない時の日焼け止めの塗り直しに最適です。私も使ってみたのですが、本当にスプレーを振りかけるだけなので、楽です!ただ、振りかけるだけなので、イマイチ「日焼け止めを塗った!」という感覚が薄いです。

最初は「コレ本当に効果あるの?」と半信半疑だったのですが、特に肌が焼けるということはなかったので、効果はちゃんとあるみたいですよ。仕事が忙しくて日焼け止めを塗り直す時間がないという人はスプレータイプの日焼け止めを利用するのがおすすめです。

顔の日焼け止め 落とし方は?

最後に顔用日焼け止めの落とし方ですが、実は使っている日焼け止めによって落とし方が異なります

ですので、使っている日焼け止めに表示されている落とし方でクレンジングを行いましょう。主な落とし方は以下の4つになっていますよ。

顔の日焼け止めの落とし方1 お湯で落とせるタイプ

SPFやPAの値が低い日焼け止めには、お湯でおとせるタイプの物があります。こちらの日焼け止めはお湯で優しく顔を洗うだけでもOKです。

とはいえ、顔には皮脂の汚れや汗の汚れがたまっていますので、お湯だけではそれらの汚れまでは落とす事ができません。美容の事を考えると、お湯で顔を洗った後に洗顔までするのがおすすめです。

顔の日焼け止めの落とし方2 石鹸、洗顔で落とせるタイプ

赤ちゃん用日焼け止め等は石鹸のみで落とす事が可能です。石鹸や洗顔をよく泡立てて優しく包み込むように顔を洗いましょう。この時、ゴシゴシこするとお肌を傷つけて、顔トラブルの元になりますので、絶対に強くこすらないようにしましょうね。

顔の日焼け止めの落とし方3 クレンジングで落とせるタイプ

SPFやPAが高いタイプの日焼け止めはクレンジングで落とさないといけないタイプの物もあります。このタイプの日焼け止めは普通の洗顔だけでは落ちませんので、市販のクレンジングを使って落としましょう。

クレンジングだけでは顔の汚れが落ち切っていませんので、やはりクレンジング後に洗顔まで行うのがおすすめです。

顔の日焼け止めの落とし方4 専用のクレンジングで落とすタイプ

中には専用のクレンジングでしか落とせないタイプの日焼け止めもあります。日焼け止めとセットで専用のクレンジングまで買わないといけないので、お財布的にはちょっと痛いですけど、日焼け止め効果はかなり高いです。

強力な日焼け止めを使いたい!もしくは余程好きなメーカーがある!という人以外は、市販の洗顔やクレンジングで落とせるタイプの日焼け止めを購入するのがおすすめです。

こちらのタイプの日焼け止めはそれぞ専用のクレンジングの仕方が表記されていると思いますので、そちらの方法でクレンジングをしてくださいね。

 関連記事
日焼け対策まとめ!紫外線を防止し、全身美白になる予防方法はコレ!
日焼けで顔がヒリヒリ!痛みや赤みを取り美白に戻すケア方法は?
唇の日焼け予防には日焼け止め用リップクリームがおすすめ!

顔の日焼け止めの順番や塗り方、塗り直し、落とし方まとめ

いかがだったでしょうか?メイク時に日焼け止めを塗る順番は基本的に「下地の前」が正解ですよ。

日焼け止めを塗り直す時は、SPFとPAが含まれたファンデーションやパウダーを使うと便利ですね。落とす時は日焼け止めに記載された落とし方で正しくクレンジングするのが大切ですよ(*´ω`*)