日焼けで顔がヒリヒリ!痛みや赤みを取り美白に戻すケア方法は?

夏といえば海に山に川!アウトドアが楽しい季節ですよね。でもうっかり日焼け止めを塗り忘れて(もしくは日焼け止めを塗っていたとしても!)、


顔や腕が真っ赤に腫れてヒリヒリ痛い(ノД`)・゜・。


なんて事になってしまう事もありますよね。日焼け後の顔や腕のヒリヒリとした痛み!たまりません!しかも女性としては「現在の痛みや赤みをどうにかしたい!」という悩みと同時に


「日焼けがシミにならないかな!?」
「肌が黒くなったけど、元の白い肌に戻るの?」
「美白効果があるケア方法を知りたいんだけど!」


といった悩みも出てきますよね。そこで今回は日焼け後の顔の痛みや赤みを取り、美白にも効果がある「日焼けしたお肌の正しいケア方法」を紹介しますよ。正しいケアを行うと痛みも赤みもすぐに良くなります。

特に女性の顔の日焼けはきちんとケアしないとシミやシワの原因にもなってしまいますものね。ここで「日焼けした顔の正しいお手入れ方法」をお勉強しましょう♪

スポンサーリンク

日焼けで顔がヒリヒリ痛い!赤い!まずは冷やしてほてりを抑えよう

日焼け 顔 ケア
日焼け後の顔や腕のヒリヒリとした痛み!あまりにも酷い痛みだと、夜眠れなくなっちゃうこともありますよね。この痛みを早く取り除くには、最初に「しっかりと冷やす」事が重要です。


というのも、日焼けはちょとした「火傷」と同じ状態です。


料理で火傷した時、最初に患部を水で冷やしますよね。それと一緒で日焼けした顔もまずはしっかりと冷やしてあげましょう。

具体的には「冷水で濡らしたタオル」や「保冷剤を包んだタオル」を日焼けした顔や腕に当てましょう。この時、直接氷や保冷剤を肌に当てると「しもやけ」状態になって肌を傷めるので必ずタオルに包んで当てましょうね。

身体全体を日焼けしているなら、お風呂で冷水シャワーを浴びるのも良いですね。

しばらく顔を冷やしていると、腫れや熱を持ったほてりは治まると思います。そうしたら、次のステップに進みましょう。

ちなみに「長時間外にいたワケでもないのに顔が真っ赤になる」「日焼け止めをしっかり塗っていたのにすぐに顔が赤くなった」「かゆみやぶつぶつができた」という場合は、「日焼け止めが合っていない」か「紫外線アレルギー」の可能性があります。

その場合は、いくらケアをしてもきちんと対策をとらないと同じ症状でキツイ思いをしますので、早めに発疹やかゆみの原因を調べてみましょう。詳しくはこちらの記事でまとめています。

→『腕の日焼け後のかゆみ!原因は日焼け止め?紫外線アレルギー?


スポンサーリンク

日焼けした顔の痛みがとれたら保湿ケアを!

日焼け後の顔の保湿 まずは化粧水で顔パックを

日焼け後のほてりがおさまったら、次に大切なのは「保湿」です。日焼け後の肌は乾燥しやすく、アフターケアを何もしないと「シミ、シワ、たるみ」の原因になってしまいます。

ですので、化粧水や乳液で保湿して、しっかりとお手入れしましょう。コットンに化粧水をたっぷり含めて、顔にパックするのがおすすめですよ。

この時、敏感肌の人は自分の肌に合った「敏感肌用の化粧水」を使いましょうね。



ちなみに私のおすすめは「カーマインローション」です。



私が日焼けで顔、身体がヒリヒリする時は、カーマインローションを冷蔵庫で冷やして、「乾燥してきたなぁ」と思ったら唇以外の顔、首、腕、足という風に全身にカーマインローションを塗りまくっています。ちょっと臭いがキツイですが、美白の為に我慢です(笑)

カーマインローションはドラッグストアで400円程度で売っています。全身使えるので1本買って手元に置いておくと夏に大活躍してくれますよ。

*唇だけは皮膚というより粘膜なので白色ワセリンを塗っていますよ。日焼けした唇のケア方法はこちらの記事に詳しく書いていますので、どうぞです。

→『唇日焼けの治し方!蜂蜜は逆効果!?病院を受診するタイミングは!?


日焼けした顔の保湿にはアロエパックもおすすめ

日焼けした顔の保湿ケアで化粧水以外にぜひためして欲しいのが「アロエジェル」です。私のサーファーの友達は海に行った後、必ずこのアロエジェルを使ってアロエパックをしているそうです。

私も試してみたのですが、確かに保湿力がすごい!お肌がぷるぷるになりましたよ!というのもアロエには「消炎効果や保湿効果」があり、


保湿に関してはヒアルロン酸の2倍もの保湿力があるんです!


さらに、アロエにはメラニンを抑制する働きもあるので、シミ、そばかすの予防にもなります。日焼けした顔を癒し、美白効果もあるアロエはまさに「日焼け後の顔のアフターケア」に最適ですね♪

ちなみに、日焼けした顔のケアで「キュウリパック」も効果的という話もありますが、キュウリはシミの元であるメラニンを増やす働きがあります。美白効果が期待できるどころか、逆にシミを増やしてしまいます。

同じく、レモンやオレンジ、キュウイ等の果物を使ったパックも美白効果はなく、美容とは逆効果ですのでやめておきましょう。


スポンサーリンク

日焼け後に皮がむけてきたら?

日焼けが酷かった場合には、いくら保湿しても3日~1週間くらいで皮がむけてくる場合があります。日焼けの状態にもよりますが、むけきるまで2週間程かかります。

皮がむける場所とむけない場所があったりすると、肌がまだらになって嫌ですよね。


「どうにかして皮をきれいにむく方法はないかな?」


と思ってしまいますが、日焼け後の皮は無理にむくと肌を傷めるので、むかない方が良いですよ。日焼け後の皮むけにもやはり「保湿」することが大切なので、化粧水やローションを1日に何度も塗り、しっかりと保湿してあげてください。

特に寝る前は化粧水やアロエジェルをたっぷり塗りましょう♪

日焼けした顔のケア 美白に戻す1番の方法は?

日焼けした顔を冷却し、保湿までしっかりとしたら、あとは「美白効果がある対策」をしっかり行ってあげましょう。


美白で最も効果的なのは「肌のターンオーバーを促す」ことです。


若い時って、日焼けしてもすぐに白い肌に戻っていましたよね。あれは肌のターンオーバーが活発で新しくキレイな肌が次から次へと作り出されていたからです。

しかし、残念ながら年齢とともにターンオーバーの力衰えてきちゃいます。ターンオーバーを促進し早める・・・というか、「正常に戻す」には以下の方法が有効ですよ。

日焼け後の美白ケア1 夜は早めに寝て、充分な睡眠をとる

睡眠不足はお肌の大敵です。特に成長ホルモンの分泌が活発になる22時~2時のゴールデンタイムには必ず寝ておきたいところです。

日焼け後の美白ケア2 バランスの良い食事を取る

肌のターンオーバーにはビタミンAやビタミンC、E、D等のビタミン類に加えて、タンパク質にミネラルと色々な栄養素が必要です。1種類を偏って摂取するのではなく、あらゆる栄養をバランス良く取ることが重要ですよ。

日焼け後の美白ケア3 ストレスをためない

ストレスはお肌以外にも健康にも悪いですよね。ストレスをためやすい人は、映画鑑賞やジョギング等自分なりの「ストレス発散方法」を見つけましょう。

日焼け後の美白ケア4 日焼け対策をしっかりと!

紫外線を浴びると肌が傷つき、その傷を修復しようとハイスピードで肌のターンオーバーが進みます。早すぎる肌のターンオーバーは「手抜き工事」状態。却ってシミやシワの原因になってしまいます。

「正常な肌のターンオーバー」を促すためにも日焼け止めや帽子等でしっかりと日焼け対策を行いましょう。

日焼け後の美白ケア5 保湿ケアを入念に行う

正常な肌のターンオーバーには「水分」が必要不可欠です。ターンオーバーが活発になるゴールデンタイムまでには洗顔で顔の汚れを落とし、化粧水で肌に水分を与え、乳液などで水分が逃げないように入念に保湿ケアしてあげると良いですね。

このように美肌、美白効果があるターンオーバーには「規則正しい生活」に加えて「日焼け対策」と「お肌の保湿ケア」しっかりと行う事が大切です。現代社会で「規則正しい生活」は中々難しいところがありますが、美容の為と割り切ってできる範囲で頑張りましょう♪

 関連記事
顔の日焼け止めの順番は?塗り方や塗り直し方法、落とし方も紹介!
日焼け対策まとめ!紫外線を防止し、全身美白になる予防方法はコレ!


日焼けで顔がヒリヒリ!痛みや赤みを取り除くアフターケアは?

いかがだったでしょうか?日焼け後の顔のヒリヒリとした痛みや赤みにはまず冷やし、ほてりを取った後にしっかりと保湿することですよ。

その他、美白、美肌のためには良質な睡眠、バランスの取れた食事などの規則正しい生活も重要です。正常なターンオーバーを促し、早く元のキレイなお肌に戻しちゃいましょう(*´ω`*)