毛糸リースの作り方 クリスマスのボンボンや簡単な手作り方法はコレ!

リースには色々な作り方がありますが、中でも「ほんわかと暖かみがあって可愛らしいリース」といえば


毛糸のリースですよね。


しかも、毛糸のリースは「使う毛糸の種類や色」によって雰囲気をガラッと変えられます。クリスマス、ハロウィン、その他春夏秋冬どの季節のリースにもアレンジできちゃうので1年中大活躍ですよ。

あなたもぜひ毛糸のリースを手作りして、玄関やお部屋に飾ってみませんか?

というワケで今回は「毛糸リースの作り方」を紹介します。クリスマスやハロウィン向けの「オシャレなボンボンリース」や、その他「簡単に作れる毛糸リース」の手作り方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

毛糸リースの作り方 クリスマスのボンボンリースを手作り♪

毛糸 ボンボンリース 手作り
↑初めにこのリースの手作り方法を紹介します。けっこう可愛いですよね(*´ω`*)

毛糸リースの材料は?

まずは毛糸リースの基本「ボンボンリース」の作り方を紹介しますね。材料はこちらになります。

毛糸 ボンボンリース 材料

【ボンボンリース材料】

・毛糸(好きな色でOK)
・いらない紙(雑誌や新聞紙)
・リース土台
・グルーガン(ボンドや接着剤でもOK)



どれも100均で購入する事ができますよ。ちなみに、毛糸は「糸が太目の物」の方が作りやすいです。細い毛糸だとボンボンを作る時に何重にも巻く必要があり、時間がかかります。注意してくださいね。

毛糸の色は好きな色でOKです。

上記の写真では聖なるクリスマスを意識して「クリーム、ピンク、白」を購入しました。「もっとクリスマス感を出したい!」という人は「緑、赤、グレー」なんかでも良いですね。

「ハロウィンの毛糸リースが作りたい」という人は「オレンジ、黒、紫」系がおすすめですよ。

あと、毛糸のボンボンをリースに固定する時には「グルーガン」がすぐにくっつくので便利ですよ。

ダイソーやキャンドゥ、セリアで200円くらいで売っているので1つ買っているといざという時に重宝します。

グルーガンについてはこちらの記事「グルーガン 使い方のコツ!糸を引く時や付かない時、片付け方まで!」を参考にしてくださいね。


スポンサーリンク

毛糸リースの作り方 ボンボンを作るには?

それでは、実際に「毛糸のボンボンリース」を作っていきましょう!最初にするのは「ボンボン作り」からですよ。


【毛糸のボンボンの作り方】

1、要らない紙を丸めます。紙は新聞紙でも雑誌でもOKです。カラーの雑誌を使うと、キレイに毛糸が巻けなくても間から微妙にカラフルな色が見えて、けっこう可愛いですよ。

2、丸めた紙に毛糸を巻き付けます。下の写真のように毛糸の端を残して巻き付けると最後に簡単に結ぶ事ができますよ。

3、毛糸を巻いてしまったら、端どうしを結べばOKですよ。結んだ後は余分な毛糸はハサミでカットしてくださいね。また、結ぶ時はしっかりと力を入れてギュウギュウに結ぶのがコツですよ。

毛糸 ボンボンリース 作り方


途中、手が疲れて若干めげそうになりますが、根性で巻きましょう。続けているうちに毛糸を巻くのも上達しますよ。あと、ボンボンは同じ大きさの物だけでなく、大中小と色々な大きさの物を作った方が完成した時にかわいいですよ。

「毛糸のボンボン」を作ってしまったら、あとは簡単です。ボンボンをグルーガンでリース土台に固定していけば完成ですよ♪


製作時間は1時間30分くらいでした(*´ω`*)


あと、「毛糸を結び付ければグルーガンはいらないんじゃないの?」とも思っちゃいますよね。試してみた結果、結び付けるだけだとボンボンの重みで毛糸がずれてしまい上手く作れませんでした。やはり、グルーガンでしっかり固定するのがおすすめですよ。

毛糸でリースを簡単に作る方法は?

毛糸リース 簡単 手作り
↑とても簡単な毛糸のリースです。製作時間10分くらいで、あっという間にできあがります。

簡単な毛糸リースの材料は?

それでは次に「毛糸のボンボンなんて巻いてられない!もっと楽にリースを手作りする方法はないの?」という人のために「簡単な毛糸リースの作り方」を紹介しますね。

【毛糸リースの材料】

・毛糸(ふわもこモールがおすすめ)
・リース土台(雑誌や紙皿、アルミホイル、ワイヤー等で代用可)
・好きな装飾品


今回の毛糸はセリアで購入した「ふわもこモール」を使用しました。もちろん普通の毛糸を用意してもOKです。数種類の毛糸を順番に巻き付けていっても可愛いですよ。

私が手作りしたのは「クリスマス用」を意識していますので「白系の毛糸」を購入しましたが、ハロウィン向けのリースを作りたい人は「オレンジや黒系の毛糸」を購入すると良いですね。

簡単な毛糸リースの作り方は?

1、今回はリース土台も手作りしますよ。とはいっても、作り方はとっても簡単。以下のように雑誌や新聞紙を適当に丸めるだけでOKです。もちろん、ワイヤーやアルミホイルで手作りしても良いですよ。紙皿の中央をくり抜いて作るのもおすすめですよ。
毛糸のリース 簡単な作り方

2、後はひたすら毛糸をぐるぐるとリース土台に巻き付けていけばOKです。10分程度ですぐに出来上がりますよ(*´ω`*)
毛糸リース 作り方
これだけでも可愛いのですが、せっかくですからもう少しアレンジしてみましょう♪

スポンサーリンク

毛糸のリースを造花でアレンジ

毛糸のリース クリスマス ハンドメイド
↑造花をグルーガンでくっつけてみました。これだけでもかなり華やかになりますよね。ぜひあなたの好きな造花を飾り付けてみてくださいね。

クリスマスの時期でしたら、松ぼっくりや柊(ひいらぎ)の葉、鈴、リボンなんかもおすすめですよ。

毛糸のリースをハロウィン風にアレンジ

毛糸のリース ハロウィン 手作り
こちらは100均(セリア)で購入したフェルトのお化けをグルーガンで貼り付けた物です。こんな風にフェルトで作ったお化けを貼り付けると一気に「ハロウィン風」になりますよ。

裁縫が得意な人は「お化けのマスコット」を手作りして縫い付けても良いですね。

毛糸のリースをハート型にアレンジ

毛糸のリース ハート形 作り方
↑こちらはハート型にアレンジしたものです。ピンクの毛糸で作って、バレンタインの季節に飾るとオシャレですよ。

作り方はワイヤーやアルミホイルで土台リースを作る時に「ハート型」にして、そこに毛糸を巻き付けるだけですよ。ワイヤーで作るなら、三日月や星形も作れそうですよね。器用な人は挑戦してみても良いですね。


一緒に読まれている人気記事
クリスマスの飾り付けを手作り 簡単に部屋や壁を装飾する方法はコレ
クリスマスツリーの作り方 簡単おしゃれに手作りできる方法はコレ!
クリスマスリースの作り方 100均製品で子供でも簡単に手作り♪


毛糸リース クリスマスやハロウィン用を手作りまとめ

いかがだったでしょうか?毛糸リースはかわいいですし、簡単に手作りする事ができるのでおすすめですよ。

製作したリースはぜひ部屋や玄関に飾ってくださいね。私は玄関の内側に飾っていますが、主人から「可愛いね」と褒めてもらいましたよ。

ぜひあなたもクリスマスやハロウィンに「毛糸リース」を手作りして、子供や彼氏を感動させてあげてくださいね(*´ω`*)

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする