日焼けが食べ物で悪化!?本当に美白やシミのケアに効くのはコレ!

私は去年の6月に出産しました。毎年夏は日焼け止めで紫外線を完全防御していたのですが、去年は赤ちゃんのお世話で日焼け対策なんてしている余裕もなく、


気が付いたら日焼けで真っ黒な肌になっていましたよ(ノД`)・゜・。


元々肌は黒い方なのですが、全く日焼け対策をしていなかった去年は特に日焼け具合が酷かったです。いくら赤ちゃんのお世話があったからとはいえ、


女を捨てすぎというね。


んで、どうにかして美白ケアを行いたいけど、赤ちゃんに授乳中だとアヤシイ商品に頼りたくないですよね。そこで去年は身体に優しい自然の物、ずばり「食べ物」で美白を目指しましたよ。

というワケで今回は去年私が調べた「日焼け対策に効果的な食べ物」を紹介しますね。これらの食べ物のお蔭で、私の焼けた肌も大分白く戻りましたよ♪

「美白に効果的なシミを消し去る食べ物」や、逆に「日焼けを悪化させてしまう注意が必要な食べ物」までまとめて紹介していますので、良かったら参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

日焼けが食べ物で悪化!?注意が必要な食べ物はコレ!

まず最初に「日焼けに悪い食べ物や飲み物」から紹介しますね。これらの食べ物や飲み物は日焼けを悪化させちゃう原因になりますので、夏場は特に食べるのを避けたいですね。

日焼けを悪化させる食べ物1 ソラレン

日焼け 食べ物 悪化
日焼けに悪い食べ物の代表といえば「ソラレン」です。ソラレンは紫外線を吸収する働きがあるので、逆に日に焼けやすくなっちゃうんです。

んで、ソラレンは「オレンジ等の柑橘系」に多く含まれるのですが、柑橘系というと、美白に効果的な食べ物でもありますよね。

そう、これらの美白に良い柑橘系果物は「肌を白くしてくれる効果」と「肌を日焼けで黒くしやすい効果」の全く性質が異なる効果を併せ持っているんです。


「じゃあ、どうすればいいんじゃー( ゚Д゚)」


って感じですよね。でも、大丈夫♪実はソラレンは「食後2時間が日焼けをしやすくなるピーク」で、その後徐々に効果は減っていき、8時間後には日焼け悪化効果も完全に無くなってしまうんです。

ですので、外で活動する機会が多い朝食や昼食にはソラレンを食べるのを避け、


太陽が沈む夕食時に食べるようにするとOKです♪


これならソラレンの良い効果だけを吸収できますよね♪

ソラレンを多く含んだ食べ物
グレープフルーツ、キュウイ、オレンジ、アセロラ、レモン、きゅうり、セロリ、パセリ

日焼けを悪化させる食べ物2 甘い物・油っぽいもの

甘~いお菓子やがっつり揚げ物…ついつい食べたくなっちゃいますよね。が、某CMじゃありませんが、


「美味しい物は糖分と脂肪でできています」


糖分と脂肪が日焼けに悪いのは何となく想像できますよね。砂糖や油はお肌を酸化・老化させるとともに、お肌をプルプルにしてくれるコラーゲンが生成されるのを邪魔しちゃうんです。

私も甘い物好きなので、夏場にアイス等を食べたくなる気持ちはよ~くわかりますが、日焼けを予防し、美白を目指す時は食べる量を減らした方が良いですね。

糖分と脂肪が多い食べ物
お菓子、アイス、ケーキ類、ラーメン、揚げ物、ファーストフード

日焼けを悪化させる飲み物1 カフェイン

コーヒー好きの人は要注意。なぜならコーヒーに含まれるカフェインはシミを取り除き美白効果をもたらす


ビタミンCを破壊してしまうんです!


日焼けをケアし白い肌に戻してくれるビタミンCを破壊しちゃうなんて…恐ろしい子!

夏場はアイスコーヒーや冷たい緑茶をがぶ飲みしちゃいますが、美白を目指す女子としてはコーヒーや緑茶はぐっと我慢して、水や麦茶を飲みましょう。

キレイなモデルさんもカフェインじゃなくて「水」を飲んでますしね♪

カフェインが多く含まれた飲み物
コーヒー、緑茶、紅茶、ココア、コーラ、抹茶

日焼けを悪化させる飲み物2 アルコール

これまた夏に飲むと美味しい飲み物が出てきましたよ!飲み会やバーベキューなんかで飲むビールたまりませんよね!


が、アルコールを分解するのには「多くの水分」が必要です。


お酒を飲み過ぎると身体の水分が失われてお肌は水不足。シミやシワの元になっちゃうんです。しかもアルコールはビタミンを破壊したり、炎天下で飲むと日焼けの炎症を促進したりと、まさに美白の敵なんです!

夏に冷たいビールや酎ハイを飲みたい気持ちもよ~くわかりますが、飲み過ぎは注意ですよ。

スポンサーリンク

日焼けに効く食べ物は?日焼け後のケア対策もこれでばっちり!

次に日焼けからお肌を回復させてくれる素敵な食べ物を紹介しますよ。夏はこれらの食べ物を積極的に摂取して、シミの無い白いお肌を目指しましょう♪

日焼けに効く食べ物1 ビタミンA

ビタミンAは美白に必要不可欠!嫌なシミを消し、美白に戻してくれる効果があるんですよ。また、肌に潤いを与えてくれるので、乾燥肌対策にももってこいです。

ついでにニキビの予防にも効果的なんですよ。

ビタミンAは油と一緒に食べると吸収が良くなりますので、炒め物にして食べるとより強力な美白効果が期待できます(`・ω・´)


ビタミンAを多く含む食べ物
レバー、うなぎ、卵、牛乳、にんじん、ほうれん草、モロヘイヤ、かぼちゃ

 関連記事
うなぎは栄養価が高く健康・美容効果が期待できる万能食材!


日焼けに効く食べ物2 ビタミンC

「美白といえばビタミンC、ビタミンCといえば美白」ってくらい、ビタミンCが白いお肌に効果的なのは誰でも知っていますよね。ビタミンCはシミの原因になるメラニンの生成を抑え、コラーゲンを作り出すのを促進してくれるんです。

ただ、ビタミンCは6時間ごとに尿から排出されちゃいます。ですので朝、昼、晩、毎食ビタミンCを摂取するのが理想なんです。


が、ここで問題発生です!


ビタミンCを多く含む食べ物といえば「柑橘系の果物」ですよね。

そう、実は柑橘系の食べ物にはもれなく美肌と逆効果な「ソラレン」も付いてきちゃうんです。朝や昼に果物を食べたいけど、食べると逆に日焼けもしやすくなる…どうすればいいの!?って感じですよね。

解決策としては、「朝、昼はサプリメントでビタミンCを摂取して、夜だけ食べ物を食べる」のが良いかなぁと思います。これなら毎食ちゃんとビタミンCが取れますよね♪



ビタミンCが多く含まれる食べ物
アセロラ、キウイ、ゆず、レモン、イチゴ、じゃがいも、赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、キャベツ

日焼けに効く食べ物3 ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用があるので、シミやしわを取り除き、肌の老化を予防してくれます。その効果から「若返りビタミン」とも言われ、なんと


ビタミンCよりも美肌効果が高いとも言われているんですΣ(・ω・ノ)ノ!


し、か、も、ビタミンEの効果はこれだけじゃございません。ビタミンEは血行を良くし、皮膚の新陳代謝を高めてくれる事で、お肌のターンオーバーを促進してくれるんです。

ですので、シミやそばかすを消し去り、日焼けで黒くなった肌を白く治すのも早いというワケです♪

ビタミンEを多く含んだ食べ物
いくら、たらこ、モロヘイヤ、うなぎ、かぼちゃ、赤ピーマン

日焼けに効く食べ物4 リコピン

最近、美白効果として大注目されているのが「リコピン」です。んで、リコピンといったら、「他の食べ物はどうでもいい」ってくらい有名なのがトマトですよね。驚くことなかれ、なんとトマトに含まれたリコピンの抗酸化力は


ビタミンEの100倍とも言われているんですΣ(・ω・ノ)ノ!


もうね、とりあえず美白になりたければ「トマトを食べといてください」ってくらいスゴイです。私も毎日トマトを食べるようにしています(笑)

それから、トマトは普通に食べるより、加工したり、油と一緒に食べた方がより効果的にリコピンを摂取できるので、「トマトスープ」にしたり「トマトジュース」を飲んだりするのがおすすめですよ。

日焼けに効く食べ物5 コラーゲン

はい、ぷるぷる美肌の元といったらコラーゲンですよね。

コラーゲンが減少すると肌の弾力が失われ、肌のターンオーバーも乱れてしまいます。シミ、くすみが増え、肌がたるんでしまうんです。怖いですよね。

お肌は白ければ良いってワケじゃありません。コラーゲンを摂取して、張りと弾力のある「若いお肌」を目指しましょう!

コラーゲンを多く含んだ食べ物
豚足、鶏皮、牛スジ、手羽先、エビ、すっぽん、うなぎ、なまこ

日焼けに効く食べ物6 アミノ酸

アミノ酸は肌のターンオーバーを促進しシミやくすみ、そばかすを消してくれます。さ、ら、に、ここがアミノ酸のすごいところなんですが、なんと


「メラニンが増え過ぎるのを抑えてくれる働き」もあるんです。


つまり、アミノ酸は「日焼け予防効果」&「日焼け後の美白ケア効果」の2つの効果がある「1粒で2度おいしい栄養素」なんですよ。ステキ過ぎます♪

アミノ酸を多く含んだ食べ物
卵、肉、魚、豆腐、牛乳

日焼けに効く食べ物7 亜鉛

亜鉛にはコラーゲンを生成するのを助けてくれるので「美肌美人」を目指す為に重要な栄養素なんですよ。

また、ビタミンCと一緒に摂取する事で、肌のターンオーバーを促進し、日焼けで傷ついた肌を新しく再生してくれます♪

特に日本人は亜鉛が不足しがちなので、普段から積極的に摂取したい栄養素ですね。

亜鉛を多く含んだ食べ物
牡蠣、レバー、うなぎ、卵、ゴマ

日焼けに効く食べ物8 カルシウム

カルシウムと言ったら骨を強くしてくれるイメージがありますが、カルシウムの効果はそれだけじゃありません。


血液の状態を正常に保ち、細胞の分裂を促進してくれるんですよ。


つまり、日焼けのケアにも効果的という事です。私は今まで牛乳があまり好きじゃなかったのですが、この効果を知ってからは毎日牛乳を飲むようにしてますよ(*´ω`*)

カルシウムを多く含んだ食べ物
牛乳、しらす、ししゃも、桜エビ、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品

一緒に読まれている人気記事
日焼け対策まとめ!紫外線を防止し、全身美白になる予防方法はコレ!


日焼けに効果的な食べ物、逆効果な食べ物まとめ

いかがだったでしょうか?日焼けには「効果的な食べ物」と「逆効果な食べ物」があります。効果的な食べ物を中心に、色々な食材をバランスよく食べるようにすると良いですね。

また、日焼けに効く食べ物でも、食べ方を間違ったら逆に日焼けを悪化させる物もあるので注意してくださいね。