長崎大江戸温泉物語 ホテル清風の口コミは?実際に泊まった感想を紹介♪




長崎大江戸温泉といえば「夜景が見える露天風呂」や「豪華なバイキング」が有名ですよね。

CMでもバンバン流れていますし(あのCM、本当気持ち良さそうですよね)。



が!あくまでCMはCM。実際に泊まってみたらどうなのでしょうか?



そこで今回は1歳赤ちゃん、3歳幼児の子供連れで「大江戸温泉物語 長崎ホテル清風」に泊まって来たので口コミというか実際のリアルな感想をご紹介。

大江戸温泉ホテルに泊まろうかどうか迷っている人はぜひ参考にしてくださいね♪


スポンサーリンク

長崎大江戸温泉物語 ホテル清風の基本情報

まずは長崎大江戸温泉物語 ホテル清風の基本情報を紹介です


【基本情報】
住所:〒852-8005 長崎県長崎市大鳥町523
電話:0570-040268
公式HP:長崎ホテル清風
【駐車場】
・無料で90台分あります
・ただし、駐車場まで少し離れている場合も。この場合、「駐車場~ホテルまで」の送り迎えをしてもらえますので、まぁ、問題ないと言えば問題ありません。


ご存じとは思いますが、ホテル清風の場所は「稲佐山」にありますよ~。

稲佐山と言えば長崎が誇る「世界新三大夜景」の絶景スポット。

そして、もちろんホテル清風からもこの「三大夜景」をたんまりと堪能することができちゃうんです。

それでは、今から「ホテルの写真」と一緒に泊まった感想を紹介していきますね。


フロントまでは長いエスカレーターあり

まず、ホテルに入ると「3階まで続く長いエスカレーター」があります。

フロントは3階になりますので、エスカレーターに乗って移動です。






↑スミマセン、1階からの写真を撮りそこねて3階からの写真です><

「子供が乗れるかなぁ」と少し心配しましたが、1歳&3歳ともにクリア。むしろ喜んでいました(笑)


高齢者や障害者は要注意 *バリアフリーではありません

ちなみに「1階から3階フロント」まではエスカレーターで行くしかありません。

エレベーターが利用できるのは3階以上になります。



ですので「車椅子利用者(障害を持った人、高齢者)の場合、利用するのはちょっとキツイかな」と思います。



ホテル内もバリアフリーはイマイチで色々なところに段差がありました。

普通の健常者が利用する分には全く問題ないのですが、足が不自由な人の場合キツイですのでその点はちょっと注意ですね。


ロビーはおしゃれ

ちなみにロビーはなかなかオシャレな作りになっておりまして。

ふかふかのソファーや椅子に座って景色をのんびり眺めながら(ロビーからでもかなりキレイ)、コーヒーなどが無料で飲めますよ~。

あと、夜はキャンドルが添えられていて幻想的な雰囲気でまたいい感じでした♪
(写真を撮りそこねてました、スミマセン><)



それから、このロビーから「卓球、カラオケ、ダーツ、漫画部屋」等に行けますよ。



利用したい人はホテル側に話して遊んでくださいね(漫画は自由に読めます。種類も多かったので漫画好きには嬉しい配慮ですw)


・ロビーでアメニティと浴衣をゲット

ロビーには「自由にとめれるアメニティグッズ&浴衣」があります。

こちらで必要なアメニティと浴衣を取って部屋へ行きます。



・ヘアゴム
・コットン&綿棒
・歯ブラシ(子供用、大人用)
・シャワーキャップ
・ヘアブラシ
・髭剃り
ある程度のものは揃っています。

ちなみに「シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、化粧水、乳液」などはお風呂に設置されていましたよ。






↑浴衣です。

サイズや柄も様々。かわいい浴衣が多くてテンションが上ります。

ちなみにもちろん「男性用」「子供用(90cm~)」も準備されていましたよ♪

子供用があるのは嬉しいですよね。



スポンサーリンク

部屋からの景色も素晴らしい♪

私達は8階に泊まりましたが、8階からの景色もか~な~り~キレイでした。

正直、部屋はそこまでキレイではありませんでしたが(や、普通に泊まる分には充分なキレイさでしたが)、そんなものは景色で全部帳消しおつりがきます。




↑部屋から見える景色(昼~夕方)




↑部屋全体の様子(夜/散らかっててスミマセン。部屋に入ったばかりの時はもう少しキレイでしたwww)



部屋から見える夜景は絶景でした♪



ちなみにお布団は最初から準備されていて、「自分で敷くスタイル」です。

基本的には「何でもセルフサービス」ですね。そのため、ホテル内の従業員さんは少なめ。

が、特段それで困ることはありませんでしたよ(*^^*)


バイキングは噂通り豪華絢爛

・窓際の席を確保するには!?

長崎大江戸温泉ホテルと言えば「バイキング」が目玉の1つですよね。

食べること大好きな私。

ウキウキしながらバイキングに行きました!




↑バイキング会場です。窓際の席に座れたらラッキー♪

夜景を見ながら美味しい食事を食べれます。(写真だと光が反射してキレイさがイマイチわかりにくいですね)



が、土日祝日は人が多く「窓際の確保」が難しいです(ホテル側に聞いてみましたが、土日祝日だと席の予約は出来ないとのこと)



早い時間に行くと窓際を取れるかもですが、まだ夜景とは言えないですし…。

ここばっかりは「運次第」といった感じでしょうか。

平日だと席の予約ができるかもですので(それでも団体客が入っていると予約できないと思います)、「窓際の席で食事をしたい!」という人は泊まる前にホテル側に席の予約ができるかどうか確認した方がいいですね。


・ディナーバイキングの様子

ディナーバイキングの様子です。

本当、種類も多いし、食べ物も美味しいしで良かったですよ~。(種類が多すぎて全部の写真を撮れなかったです><)




↑オシャレなアラカルト。一口サイズなのが女性に嬉しいですよね。




↑ぜひ食べて欲しい「お刺身関係」。新鮮で美味しかったです。

ちなみに食べ物はなくなってもすぐに補充されます。

私が泊まったのは土曜日で混み合ってはいましたが「お目当てのものが食べれない」なんてことはなかったですよ~。




↑デザートも和洋様々な種類があり大満足です。

ここには写っていませんが、「ぜんざい」や「自分で作れるソフトクリーム」「ハーゲンダッツのアイス」なんかもありましたよ~。




↑赤ちゃんや乳幼児がいるママには嬉しい「離乳食」まで揃っています!

これを見た時感動しました(笑)



他にも「シェフが直接作ってくれるオムレツ」や「ローストビーフ」等など…たくさんの料理がありました。

あと、ソフトドリンクやコーヒーなどは自由に飲めて、アルコール類だけが別料金でしたよ。



スポンサーリンク

11階の展望露天風呂には絶対に入るべし!

ホテル清風には「3階」と「11階」に露天風呂があります。

時間帯で「男女」入浴できる時間が変わるシステムですね。

よくCMに出ている展望露天風呂は11階。

断言します。



「11階の展望露天風呂には絶対に入るべきです!!」



もちろん、3階にも露天風呂があり、キレイな夜景をみることができます。

が、やはり11階から見る夜景は別格です。

気持ちがいい露天風呂に入りながら夜景を堪能できるなんてなかなかできることではありません。



実際に夜景がキレイですし、帰った後に友達に「キレイだったよ~」と話のネタにもなりますのでぜひ入っておきましょう。

ちなみにそれぞれのお風呂に入れる時間帯は…


【3階 満天の湯(サウナ無し)】
・15:00~20:00 … 女性
・20:30~24:00 … 男性
・ 5:00~ 9:30 … 女性
【11階 展望の湯(サウナ有り)】
・15:00~20:00 … 男性
・20:30~24:00 … 女性
・ 5:00~ 9:30 … 男性


このように時間差で男女が入れ替わりになっていますので、入れる時間に入りにいきましょう(時間帯は日によって変化する可能性があります)




↑11階の廊下から撮った夜景です。

この夜景をお風呂に入りながら見られるのですから本当にスゴイです。


朝食バイキングも美味しい

夕食が豪華なバイキングでしたが、朝食のバイキングも良かったです♪




↑パン派の人も嬉しい




↑個人的には「のっけ丼」がめちゃめちゃ美味しかったです(*^^*)




↑子供や女性は大好きフレンチトースト




↑日本人の心(?)お茶漬けです。種類が豊富で嬉しい!




↑朝食にだったスイーツが付きます♪
写真左側はヨーグルトとフルーツですよ。

朝食バイキングもディナーに見劣りせず、美味しかったです。



スポンサーリンク

バイキングのみ、温泉のみの利用(日帰り利用)はできる?

豪華なバイキング&温泉なので「宿泊せずに日帰りで利用できないかな?」と思うこともありますよね。



が、長崎大江戸温泉ホテルは日帰り利用はNG。



バイキングや温泉を楽しむためには「宿泊」する必要があります。

日帰り利用できたら便利なのですが、そうなるとさらに混み合いそうですものね。
ここばっかりは仕方がありません。

利用したい人は「泊まり」で利用しましょう!


・売店はあるけど閉まるのが早い

泊まる時に注意して欲しいのが「売店の閉まる時間の早さ」です。



なんとこの売店21:00には閉まります。



私は入浴後に「ちょっとお酒やつまみ、アイス等を買って部屋で飲みたいなぁ」と売店を訪れるとすでに閉まっておりました…。

近くにコンビニは車で5分の箇所。歩いて行けないこともないかもだけど、ちょっと遠い。

泣く泣く売店でのお菓子やおつまみ購入はあきらめました。

ちなみにお酒は自動販売機で購入出来ました!



ですので、「部屋でつまむ用のお菓子などが欲しい!」という人は早めに売店で購入しておくか、チェックイン前に近くのコンビニやスーパー等で買って持ち込んでおいた方がいいかなぁと思います。


・エステやマッサージを利用したい人は早めの予約を

もう1つ、ホテルに泊まると「マッサージを受けたい」という人もいますよね。
悪い事はいいません。



早めに予約しましょう。



土日祝日だとマッサージなどの予約もすぐにいっぱいになります。

私が19:30くらいに予約を入れようとしたときはすでに23:00まで予約がいっぱいな状態でしたよ。

本当、早め早めの予約がおすすめです。


大江戸温泉物語周辺のおすすめ観光地

ちなみに、せっかく大江戸温泉物語に泊まるなら、ちょ~っとだけ外出して「稲佐山」にも登って欲しいです。

ホテルから見る夜景もキレイですが、稲佐山から見える夜景も絶景ですよ~。

稲佐山への行き方等の詳しい情報は以下にまとめていますので、ぜひ読んでみてくださいね(*´ω`*)