バレンタインで上司へのメッセージはどう書くの?例文付き!

バレンタインで職場の上司へチョコレートを渡す時ってありますよね。ええ、ウチの職場でも渡します。ぶっちゃけ


メンドクサイ(-_-;)


と思っちゃいますが、上司の見栄のため、そして今後の職場での円滑なコミュニケーションのため、気持ち良くチョコレートを渡してあげましょう。さて、その時に悩んじゃうのが


上司へ贈るメッセージの文


ですよね。そこで今回は「職場の上司に贈るバレンタインメッセージ」についてまとめてみましたよ。例文も書いているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

上司へ贈るバレンタインメッセージのポイント


上司へメッセージですが、いくつか気を付けないといけないポイントがあります。せっかくのバレンタインチョコレートがトラブルの原因になっては大変です。具体的には以下のポイントに注意してくださいね。


・敬語で書く
あくまでビジネスの関係ですので、「いつもありがとう~♪これからもよろしくお願いね(*´з`)チュー」みたいにくだけすぎるのはダメ。基本は敬語で書きましょう。親しき仲にも礼儀あり、ですよ。


・複数で贈る場合は、全員の名前を書く
特に社員が多い会社だと、上司が誰からもらったのか分からない時があります。何人かでまとめてバレンタインのチョコレートをあげる時は全員の名前(名字だけでOK)を書きましょう。

女性社員の人数が多くて書けない場合は「○○課女性社員一同」でも良いですけど、お局様から「ちょっと!私の名前もちゃんと書いた(゚Д゚)ノ!?」とお叱りを受けないためにも、できたら全員の名前を書くのが無難です。


・奥様に誤解されないように書く

上司が既婚者の時は、一番注意しないといけないのは「奥様」の存在です。善意であげたはずのバレンタインチョコから、あらぬ誤解を受け「どこぞの小娘がワタクシの夫に色目を使いよって(゚Д゚)ノキー」嫉妬されたら大変です。

メッセージにハートマークを書くのは厳禁。メッセージカードも可愛らしいものは避けて、シンプルなものを選びましょう。

スポンサーリンク

上司へのメッセージ例文は?


それでは、実際にどんなメッセージを添えると好印象かつ誤解を受けないのでしょうか。いくつか例文を紹介します。

いつもありがとうございます。
これからもご指導宜しくお願いします。

ささやかですが、感謝の気持ちです。
これからも宜しくお願いします。

いつもお世話になっています。
まだ寒い日が続きますので、風邪等をひかないように気を付けてください。

いつもフォローしてくださり、ありがとうございます。
まだまだ至らない点等ありますが、これからも頑張ります。

上司へのメッセージは長々と書くのではなく「日頃の感謝の気持ち」と「これからも宜しくお願いします」の2点を簡潔にまとめて書けばOKです。あらぬ誤解を受けないように短くシンプルに!


こちらの記事も一緒にチェック!
バレンタイン 会社で配る義理チョコ相場は?手作りやゴディバはOK?
バレンタイン会社の渡し方やマナー 配るタイミングはいつ?休みの時は?


一緒に読まれている人気記事
バレンタイン 脈ありの反応は?お礼メールやお返しで男心を判断!
バレンタインデート 誘うのは男女どっちから?渡すタイミングは?
バレンタインデートプラン おすすめは?彼氏・彼女が喜ぶのは?

上司へのバレンタインメッセージまとめ

いかがだったでしょうか?
上司へのバレンタインメッセージは日頃の感謝の気持ちを込めつつ、シンプルに短く書くのが基本です。ちょっとメンドクサイですけど、これも職場での円滑な人間関係のためです。ささっと無難に終わらせちゃいましょう♪