ライブの髪型 ミディアムアレンジ18選。自分で簡単にセット可能!

ライブにおすすめなミディアムヘア



大好きなアーティストの音楽やパフォーマンスを体感できて楽しい時間を共有できるライブ。

そんなライブを楽しむためにも外せないのがマナー。



周りの人に迷惑がかかるような行為や、ライブ当日の髪型も気をつけたいポイントの1つです。

ライブではしゃいでも崩れない髪形なんてあるのでしょうか?

そんな風に悩んでいるそこのあなた。



ここでは「ミディアムでも自分で簡単にセットできるライブヘア」をご紹介しますよ。



記事の後半では「動画付き」で自分でアレンジできる髪型も紹介していますので、コンサート予定の皆さん、ぜひこれらの髪型でライブを思いっきり楽しんじゃいましょう♪


スポンサーリンク

ライブの髪型 ミディアムなら結ぶべき?結ばなくても大丈夫?

大前提として髪はまとめておくのがベストです!

はしゃぎすぎて長い髪が周りの人の邪魔にならないように注意しましょう。

高めのポニーテールやボリューミーなお団子ヘアも後ろの人に対して邪魔になってしまうことがあります。



トップでポニーテールをしていた場合にはロングヘアーなどは揺れたり、周りの人の顔に当たったりする恐れがあります。

人の髪が顔に当たるなんていい気はしません。また、時には非常に痛い時もあります。



そういったことを考えるとライブでの髪型やアレンジは気配りとして大事なことになってきます。



髪の量も長さも人それぞれなので、留めやすいアクセサリー、ヘアクリップ、バレッタなども工夫する必要があります。

ヘアピンで髪を留めてライブでも崩れないようにアレンジする事も出来ます。



せっかくのライブをより楽しむためにもマナーを守りつつ、髪型にもこだわって最高の想い出を作りたいですね。



スポンサーリンク

コンサートの髪型 ミディアムでおすすめなのは?

編み込み風フィッシュボーン

オススメの髪型としてまず、『編み込み風フィッシュボーン』があります。

(フィッシュボーンとは編み込み方法のひとつです)

くるりんぱを4回繰り返して結んだ毛先をフィッシュボーンするだけで、簡単かつ崩れにくく、オシャレな髪型に仕上がります。


セット方法

1.センターで2等分し、ハチ上の髪を分け取ります。分け目をジグザグにするとナチュラルに仕上がります。

2.分け取った髪をくるりんぱします。

3.2段目の毛束を耳の上くらいで分け取り、くるりんぱします。1~2の工程でくるりんぱした毛束の上でむずび、毛束が隠れるようにします。

4.同様に3段目の毛束を耳真ん中くらいで分け取り、くるりんぱします。

5.同様に残った髪をくるりんぱします。4段に分けてくるりんぱすることで編み込み風に見えてきます。

6.残りの毛束をフィッシュボーンにし、毛先をシリコンゴムで結びます。

7.逆サイドも同様にフィッシュボーンします。綺麗な編み目で動いても崩れにく髪型の完成です!


ツインおだんご

隣の人と密着するようなライブの場合は、おさげやローポニーテールでも注意が必要です。

そこでオススメなのが『ツインおだんごヘアアレンジ』です。

フィッシュボーンした毛束を真ん中で半分に折り、編み始めた部分と毛先をシリコンゴムできつめに結びます。コンパクトにまとまるのでライブの間も安心です。


低めのまとめ髪

こなれた雰囲気や大人っぽくしたい人にぴったりなのが『低めのまとめ髪』です。

人が密集するようなライブで髪の事をきにしないで楽しみたい方にオススメです。


セット方法

ハチ上の髪を分けとります。手ぐしでざっくり分けることでナチュラルに仕上がります。

分け取った毛束できつめのくるりんぱを作ります。



2段目の毛束を耳上くらいの位置で分け取り、くるりんぱします。

最初にくるりんぱした毛束の上で結び、耳前がたるまないように毛束を隠します。

残りの髪をセンターで2等分し、襟足付近からそれぞれ三つ編みにして毛先をシリコンゴムで結びます。

三つ編みにした毛束を丸めてシニョン風にまとめ、アメピンを使ってしっかり固定します。


ツインお団子

キュート系女子をアピールできるツインお団子は崩れにくくて気分も盛り上がってライブに最適です。お団子が大きくなり過ぎないように小さくまとめるのがポイントです。

髪をセンターで2つに分け、ハチ部分で襟足がたるまないよう注意しながらツインテールにします。

毛束を三つ編みにし、毛先をシリコンゴムできつめに結びます。

根元の結び目を隠すように三つ編みを巻きつけ、アメピンで固定します。



スポンサーリンク

ミディアムのかわいいアレンジ。自分で簡単にセットできるのは?


【ミディアムやボブでもできるヘアスタイル3選】





こちらでもくるりんぱ、三つ編みが大活躍ですね。

1つ結びやポニーテールもくるりんぱや三つ編みが加わればオシャレなヘアスタイルに大変身。

最後のヘアスタイルが特に可愛かったです。


【本気で崩さない綺麗なポニーテールの結び方】



チアダンスで踊ってる時もダンスしてる時もいつも崩れないという最強のポニーテール。

彼女が言うようにまさに戦争状態。全身を使いながらセットしていきます。

ゴムの結び方にも2重にしてたのを1本にするなど裏技もあり。

リボンの結び方も上手でとても可愛らしく出来上がっていました。


【ミディアムヘアの簡単ヘアアレンジ】



後れ毛や毛先の崩れがあると女性らしく上品な感じになりますね。

ゴムとピン1、2本で出来てしまうのもすごいです。波ウェーブも加わり、アクセサリー等付けたらパーティーにもいけそうなくらい豪華な出来上がりです。


【1番簡単なスカーフアレンジ方法】



三つ編みにスカーフを巻きつける方法です。これから暖かくなってくる季節にぴったりです。スカーフが3COINSの物と言われ、びっくり。全然見えません。

毛先を崩すときは緊張しそうですね。


【フィッシュボーンのやり方】



上記で紹介したフィッシュボーンのやり方です。難しそうに感じますが、動画を見ながらやれば簡単にできそうです。


バンダナセットするなら?

【バンダナを使って簡単に出来る三つ編みヘアアレンジ】


普通の三つ編みがバンダナを巻いただけでとってもオシャレに!とっても簡単なので、バンダナに挑戦したい方は是非!!


【カジュアルなポニーテールバンダナアレンジ】



ポニーテールにバンダナを巻きつけ、毛先をつまんでボリュームを出すだけ。

初心者向けのヘアアレンジです。


【3分でできるヘアアレンジ ~バンダナ~】



三つ編みをバンダナに巻きつけるとは予想外でした。こんなやり方もあるんですね。

夏にピッタリの爽やかなヘアスタイルです。


【くるりんぱと三つ編みでこなれバンダナアレンジ】



簡単と書いてますが見てて細かい作業にびっくりです。

三つ編みのほぐし方も大胆でびっくり。

ちょっと間違えばボサボサ頭になてしまうところをバンダナが引き締めています。



スポンサーリンク

ツインテールにアレンジするなら?

【ツインテールの作り方】



基本的なツインテールの作り方です。

ファッションに年齢は関係ないの言葉がいいですね♪見習いたいです。


【くるりんぱツインテールのやり方】



コテで内巻き、外巻きにするとかなりゴージャスになりますね。姫って感じです。

モデルさんの髪の毛のカラーもかなりカラフルなので余計に豪華です。

前から見ると普通のツインテールですが、後ろから見るととても個性的で可愛いです♪


【ハートのローツインテールアレンジ】



ハートのツインテールなんて初めて見ました!皆さんよく考え付きますね。

そして手先が器用な方なんですね。感心してしまいました。

最後にリボンも出てきて完全にお嬢様スタイルですね。完敗です。


【高校生向けの可愛い系くるりんぱツインヘアアレンジ】

https://youtu.be/kiBV1ZC7xPU

懐かしいジグザグ分けが出てきて喜んでしまいました。

それに加えてくるりんぱと三つ編みにお団子。最強ですね。

アニメのキャラクターみたいで可愛いです。


【いまどきのツインテールの作り方】



いまどきのツインテールとのことですが、かなり凝った作りになっています。

コテで巻くとルーズ感が出て可愛いですね。かなり憧れます。