犬に夏場のエアコンは必要?留守番中や夜の設定温度、停電対策は?

犬や猫等のペットを飼っていると出てくる問題の1つが「夏場の暑さ対策」ですよね。

特に犬は暑さに弱く、熱中症になりやすいです。温度が22度、湿度が60%を超えたら熱中症になる確率が高くなると言われており、高温多湿な日本の夏は犬にはツライ環境です。

暑さに強い犬、弱い犬関係なく、全ての犬に「何らかの暑さ対策」は必要と考えられます。んで、日本の夏で最も簡単にできる暑さ対策といったら


エアコンを付ける事です(`・ω・´)


でも、夏場に24時間冷房をフル稼働させたら、結構な電気代がかかってしまいますし、「犬にエアコンって大げさなんじゃ?本当に必要なの?」と思わなくもないですよね。

そこで今回、「夏場の犬のエアコン事情」について、

・犬にエアコンは本当に必要なのか?
・留守番中の冷房の設定温度は?
・停電した時はどうする?
・夜もエアコンは付けるの?
・ぶっちゃけ、クーラーの電気代っていくら?


等々気になる情報を調べてみましたよ。わんこを飼っている人は参考にしてくださいね。


スポンサーリンク

犬に夏場のエアコンって必要なの?

日本の夏はジメジメして暑いです。ですので、ほぼ全ての犬に「何らかの暑さ対策」が必要になってきます。が、「夏場、室内で飼っている犬にエアコンが必要かどうか」となると、これは


犬種や住んでいる建物、地域によって違います。


としか言えません。ですので「全ての犬にエアコンは絶対に必要!」というワケでもなく、かと言って「つけなくても平気」というワケでもないんです。


例えば、以下のような暑さに弱い「短頭種や北方出身の犬」が、暑さの厳しい都会のマンションやアパートに住むならエアコン必須です。

暑さに弱い犬例

セントバーナード、シベリアン・ハスキー、ボルゾイ、グレートピレニーズ、シェットランド・シープドッグ、ブルドッグ、パグ、ボストンテリア、シーズー、ペキニーズ


逆に暑さに強い「毛の短い南方原産の犬」なら、田舎の風通しが良く涼しい場所でならエアコンなしでも耐えられるかもしれません。

暑さに強い犬例

グレーハウンド、ダルメシアン、ドーベルマン、ビーグル、ファラオ・ファウンド、ミニチュア・シュナウザー、柴犬、ケアーン・テリア、ウィペット、ボーダー・コリー



が、いくら比較的に暑さに強い犬種でも、日本の高温多湿な夏は犬には厳しいです。1人暮らし経験者ならわかると思うのですが、夏に仕事から帰ってきた時、アパートやマンションはサウナ状態になっていますよね。


人でも熱中症で亡くなるぐらいです。暑さに弱い犬ならさらです。


余程涼しい地域で、外出時窓を開けて風通しが良い状態にできる場合以外は、基本的にエアコンのクーラーを入れた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

犬の夏場エアコン 設定温度はどのくらい?留守番中や夜は?

犬の夏場エアコン 留守番中の設定温度は?

犬 夏 エアコン
わんこがいる家の夏場のエアコン設定温度は、飼っている犬種や住んでいる地域、外の温度でも変わってきますが、昼間の留守番中なら


25℃~26℃くらいがおすすめです。


が、温度と同時に湿度も大切になってきますし、必ずしも「何度まで温度を下げていたら熱中症にならない」というワケでもありません。中には室温が27℃で熱中症になる犬もいますし、逆に30℃超えても元気な犬もいます。

ちょっとアレな例になりますが、基本的に「人が暑い」と感じたら「犬はもっと暑い」と感じていると思ってください。昼間に犬が留守番する時間に自分も部屋にいたとして、「あなたが快適に過ごせる温度」は何度くらいでしょうか?

わんちゃんの留守番中もその「あなたが快適に過ごせる温度」を最低保つようにしたら良いですね(*´ω`*)

犬の夏場エアコン 夜もクーラーは必要?

夏場の日中にエアコンが必要なのは理解できますが、「夜なら涼しいし、エアコンを付けなくても大丈夫じゃない?」と思っちゃいますよね。

犬種にもよりますが、もし、住んでいる家が夜に窓を開けても大丈夫で、風通しが良く室内が涼しいならエアコンなしでもOKかもしれません。

が、窓を開けるのがNGで寝る時にあなたが「暑くて寝苦しい」と感じるなら、やはりクーラーを入れた方が良いでしょう。設定温度は昼間より高くても大丈夫です。あなたが「快適に眠れる温度」より高くならないようにしましょう。

ちなみにアパートでシーズーを飼っている私の友人(福岡市外で一人暮らし)は、

真夏は仕事に行く8時前に25℃設定でエアコンを付けています。帰宅後の夜は26~27℃設定に変え、朝4時に切れるように予約して寝ているそうですよ。

この友人、夏だけでなく、春や秋も暑い時期はエアコンを付けています。春や秋は10時~16時の間で28℃の冷房が付くよう予約しているそうですよ。


犬の夏場エアコンなしな例もあります

私の実家(長崎県の超田舎)ではチワワを飼っていますが、うちの母は


夏場でわんこが1人留守番している時もエアコンはつけません。


というのも、住んでいる地域が超田舎なので、昼間も窓、玄関を開けっ放し(網戸はしていますが)で風通しが良いんです。

加えて、実家のすぐ隣に祖母が住んでおり、母が外出中にはたまにチワワの様子を見に来てくれます。基本的にはエアコン推奨ですが、こういった例外もあるので、一応紹介です。

犬の夏場エアコン 電気代はいくら?

あと、主婦的に気になるのは「犬用に夏場のエアコンを付けっ放しにしていて、電気代は一体いくらになるのか」ですよね。日本で暑さに弱いペットを飼うのに「電気代を節約したい!」なんて言ってられませんが、やはり気になっちゃいます。

電気代はお使いのエアコンや、外気温度により異なりますので、はっきりとした事は言えませんが、上述した夏に犬用でほぼ24時間エアコンを付けっ放しにしている私の友人は


8月の電気代は20,000円を超えたそうです(ノД`)・゜・。


おお!恐ろしい金額ですが、こればかりは仕方ありません。「愛犬の命 > 電気代 」ですものね。ちなみに冬は夏よりも暖房代が高くなるそうですよ。

スポンサーリンク

犬の夏場エアコン 停電した時の対策は?

留守番中に愛犬用でエアコンをつけたままにしていて、1つ心配なのが


「停電した時はどうするの?」


ってことですよね。エアコンは電気で動くので、停電したら当然クーラーも止まります。日本は地震や台風の影響でいつ停電するかわかりませんし、電力会社の計画停電が実施される可能性もあります。

なんの停電対策もしていないと、「もしも停電してしまった時」にわんちゃんが心配ですよね。

そこで以下のような対策を立ててみましょう。

・部屋の出入り口にペット用の扉を取り付け、違う部屋へも行き来できるようにする(犬は自由に動けると、1番涼しい場所に自分で移動します)。

・大理石ボードやアルミ板、ひんやりシート等の冷たいボードを設置する

・大きいペットボトルを凍らせ、タオルを巻いて置いておく(保冷剤でも可。下が濡れるので注意して下さいね)

・水分補給用の水はたっぷりと用意しておく。中に氷を入れているとなお良し


真夏だと完全とまでは言えませんが、上記の対策をしているだけでも停電中は効果的ですよ。ぜひ試してみてくださいね。


一緒に読まれている人気記事
犬の暑さ対策おすすめ!屋外・室内でのグッズや簡単な方法を紹介!

犬の夏用エアコンは必要?留守番中の設定温度や停電時の対策は?

いかがだったでしょうか?犬は暑さに弱く熱中症になりやすいです。犬種や住んでいる地域にもよりますが、基本的には昼間に犬が1人で留守番をする時はエアコンをつけてあげましょう。

設定温度は都会の真夏なら25~26℃くらいがおすすめですが、これも犬種や外の温度で調整してあげてくださいね。

大切なわんちゃんが夏場に熱中症にならないように注意しましょうね(*´ω`*)

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする