鯉のぼりは何歳まで飾るの?

5月の子供の日といえば「鯉のぼり」ですよね。小さい時は私の実家でも、毎年5月になると大きな鯉のぼりが飾られていましたよ。ところでこの鯉のぼり、

「子供が何歳まで飾ればいいの?」

と疑問ですよね。私の実家でも鯉のぼりを小さい頃に飾っていた記憶はあるのですか、最近はまったく飾っていません。

一体いつの間に飾らなくなったのでしょうか?

というワケで今回は「鯉のぼりは子供が何歳まで飾るのか」について調べてみましたよ。良かったら参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

「鯉のぼりを何歳まで飾るのか」に決まりはない

色々調べてみたのですが「鯉のぼりは何歳まで飾るのか」にこれといった決まりはないようです。ですので、


子供が何歳になっても飾って大丈夫ですよ(*´ω`*)


とは言っても、毎年鯉のぼりを飾るのは正直言って面倒大変ですよね。

「鯉のぼりは何歳まで飾るのか」、多くの家庭ではだいたいこの3つのパターンに分かれるようですよ。

・6歳~7歳まで飾る
・子供が恥ずかしがる年齢まで飾る
・子供が何歳になっても飾る

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。


鯉のぼりは子供が6歳~7歳まで飾る

一番多かったのは「子供が6歳~7歳まで鯉のぼりをあげる」という意見です。6歳~7歳というと、


小学校入学の時期ですね。


とりあえずは「子供が鯉のぼりを喜ぶ小さいうち」は飾っておこうと思う親が多いようです。

それで、子供があまり鯉のぼりを喜ばない時期・・・小学校入学らへんを区切りとして飾るのを止める家庭が多いようですよ。

ちなみに昔は子供の死亡率が高く7歳まで生きることができたら、無事に育つと言われていました。

そのなごりで「鯉のぼりは7歳まで飾る」という地域もあるようですよ。

スポンサーリンク

子供が恥ずかしがる年齢まで鯉のぼりを飾る

次に多かったのは「子供が恥かしがる年齢まで飾る」という意見です。目安としては、小学校中学年


だいたい10歳頃まででしょうか。


このくらいの年齢になると、家に端午の節句の鯉のぼりを飾っているのを友達からからかわれて恥ずかしがる子供が出てくるようです。もちろん、全ての子供に当てはまるワケではありませんが。

息子さんから「鯉のぼりを飾るのをやめてほしいんだけど」と言われたら、息子さんの見栄のためにも飾るのはやめたほうが良さそうです。

何歳まででも飾る

どちらかというと少数派ですが、中には「子供の年齢なんて関係ない!」


「親が好きな時期まで飾る!」


という方もいるようです。子供の日の鯉のぼりには「子どもの健康と出世を祈る」という意味もあるようですし、親にとっては「子供はいつまでも子供」。

「子供が何歳になっても飾りたい!」という気持ちも分かりますよね(*´ω`*)

毎年5月になると青空に鯉のぼりが泳ぐ風景は見ていて和みます。子供が嫌がらないのであれば、何歳まででも飾って良いですよね。


一緒に読まれている人気記事
五月人形の兜を飾る時期や場所、飾り方は?


「鯉のぼりは何歳まで飾るの?」まとめ

いかがだったでしょうか?子供の日の鯉のぼりは「何歳まで飾る」という決まりはありません。

子供の意見も聞きつつ、親であるあなたが好きな時期まで鯉のぼりを飾りましょう。