さが桜マラソン2016のゲスト、交通規制、コースは!?

数年前からマラソンブームですよね。私も4年前、

「ダイエットのためにもジョギングを始めるか!最近マラソン人気だし、出会いもあるかも~」

と不純な動機でジョギングなんて始めてみたのですが。ええ、3ヵ月で挫折しました。2kg痩せたのがすぐに元通りになりましたよー。

え?出会いですか?あるはずありません!(キッパリ)

そんな三日坊主ならず三ヶ月坊主な私ですが、今回は佐賀で行われる「さが桜マラソン」についてまとめてみましたよ。

スポンサーリンク

「さが桜マラソン」って何?


「さが桜マラソン」は「佐賀城跡」や「吉野ヶ里史跡」など佐賀の歴史溢れる名所を巡るマラソンですよ。その名の通り、コースの所々に美しく咲き誇る桜が植えられてあります。キレイな景色で疲れた選手の心を癒してくれますよ。

そして!

給水場には「さがほのか」というイチゴが置かれているのもこの退会の特徴です。正直、このイチゴが食べれるだけで「退会に参加したい!」と思った人もいるはず!

え?そんな食いしん坊は私だけですかΣ(・ω・ノ)ノ!


開催日:2016年4月3日(日) 9:00スタート
開催場所:佐賀県総合運動場前(国道263号)スタート
参加人数:10,000人(マラソン・・・8,500人、ファンラン・・・1,500人)
公式HP:さが桜マラソン2016

スポンサーリンク

「さが桜マラソン」のコースはどうなってるの?




「さが桜マラソン」のコースですが、全コースを車で紹介しているこんな動画がありましたよ~。この動画を見ていると、なんだが自分がコースを走っているような感じがして気持ちが良いですよね♪

BGMで流れる大会のテーマソング「いこう」もいい感じです。聞いてると「よし、頑張ろう!」って元気が出てきます(*´ω`*)


走る人だけではなく、応援する人も「最初はここで応援して、次はあっちで」みたいに応援ポイントをシュミレーションするのにも使えますよ。

※注意※
2014年大会から30km付近の折り返し地点と総合運動場へのアクセスが変更になっているようですよ!チェックしておきましょう!


コース概要(42.195km)
1、佐賀県総合運動場前(国道263号)スタート
 ↓
2、佐賀城本丸歴史館(約6km)
「幕末・維新期の佐賀」について知れます。歴史好きな人はぜひ行ってみましょう!
 ↓
3、念仏橋(約15km)
「念仏橋 念じて渡ろうみんなの橋」。念仏橋にはいくつかの伝説があります。調べてみると面白いですよ。
 ↓
4、吉野ケ里歴史公園内(約23km)
言わずと知れた「弥生時代」の遺跡ですね。もしかしたら卑弥呼がいたかも?
 ↓
5、多布施川沿い(約37km)
景色がのどかな川沿いです。桜がキレイですよ。
 ↓
6、佐賀県総合運動場陸上競技場でゴール


ちなみにファンラン(9.8km)はマラソンコースの前半部分を利用して走りますよ。

「さが桜マラソン」のゲストは誰?


2016年さが桜マラソンのゲストは「有森裕子さん」です!  

有森裕子さんといえば、1992年バルセロナ五輪で銀メダル、1996年アトランタ五輪で銅メダルを獲得し、「自分で自分をほめたい」の言葉でも有名な人ですね。


有森さんと一緒に走れるなら、「ぜひ参加したい!」と思っちゃうミーハーな私です(笑)


その他にも、1996年アトランタパラリンピックで金メダルを獲得した「栁川春己さん」がマラソンに参加しますよ。ファンランには1968年メキシコ五輪で銀メダリストを獲得した「君原健二さん」が出場です!

2015年「さが桜マラソン」の結果は?




上の動画では2015年の桜マラソンダイジェストを紹介していますよ。これだと、大会の雰囲気も分かっていいですよね(*´ω`*)

それから、大会に出場するとなると、ライバルがどのくらいのタイムか気になりますよね。2015年の結果はこんな感じですよ。
男子
1位 福田 将治さん 2:22:29
2位 福地 宏行さん 2:27:40
3位 李  德洪さん 2:29:41

女子
1位 俵  千香さん 2:50:04
2位 王  敏 さん 2:57:26
3位 酒見 のりこさん2:58:08


「さが桜マラソン」当日の交通規制は?


現時点では、公式HPでもまだ「交通規制」について発表されていませんが、例年当日は細かい交通規制があるようです。近くを通る予定がある人は要注意ですよ。事前に確認しておくと、安心ですね。


ちなみに2016年の交通規制情報はこちらです。
(´っ・ω・)っさが桜マラソン2016 交通規制情報


さが桜マラソン2016まとめ

いかがだったでしょうか?2016年さが桜マラソンのゲストは有森祐子さん、栁川春己さん、君原健二さんですよ。


それから、景色が美しい「さが桜マラソン」ですが、実は地元の皆さんの「道路沿いの温かい応援」も魅力の1つなんです。当日は、走る人も、応援する人もいっぱい楽しみましょうね。