エンジンオイルの交換時期が過ぎた!普通車・軽自動車の目安は?

私は田舎住まいなので自動車が必須です。仕事がある日は家と職場を毎日車で往復しています。ですので、車は足代わり。メンテナンスは欠かせません。が、今日ふと次のエンジンオイル交換時期を確認すると、


うっかり3ヵ月も過ぎてましたよー!


車のエンジンオイルの交換時期って気づいたら過ぎてませんか?ガソリンスタンドやオートバックスで交換してもらい、「次は〇〇くらいに交換してくださいね」と言われますが、いつもうっかり過ぎています。んで、ふと思ったのですが、


エンジンオイルの交換時期って過ぎても大丈夫なのでしょうか?


いつもちょこちょこ過ぎてはいたのですが、3ヵ月も過ぎていたのは初めてなので、急に「車が故障しやすくなるんじゃないのか」と不安になってきましたよ。

気になったので元整備士の友達に「正しいエンジンオイルの交換時期」について

・エンジンオイルを交換するのに適正な距離や期間は?
・オイルフィルターではどうか?
・普通車と軽自動車で違いはあるのか?
・交換時期を過ぎてしまった場合どうなるのか?

上記の内容を聞き、まとめてみました。車に乗られている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

普通車のエンジンオイル交換時期 目安はどのくらい?

普通車のエンジンオイル交換時期は?

まず、一般的な普通車のエンジンオイル交換時期ですが、目安としてよく言われているのは

・距離・・・5,000km走ったら交換
・期間・・・半年経ったら交換


この走行距離と期間のうち「早い方」で交換ですよね。が、これはガソリンスタンドの整備士等が言っているだけであって、「正確なエンジンオイルの交換サイクル」ではありません。というのも、


「正しいオイル交換の時期」は車種や使用状況によって異なるからです。


ですので、まずはあなたが乗られている車の「エンジンオイルの適正交換時期」を確認してみるのが1番です。メーカー指定の交換時期は、取扱説明書かボンネット裏側に記載されていますので、そちらを確認してください。

もし、取扱説明書が見つからない場合は、車のメーカーに問い合わせてみるか、HPで確認してみた方が良いですね。

ちなみに、一般的な普通車だと大体このくらいが目安になっています。

・ガソリン車・・・15,000km or 1年
・ターボ車・・・5,000km or 6ヵ月
・ディーゼル車・・・10,000km or 1年


よく聞く「目安」の倍近くの走行距離&期間は持ちます。が、この目安もメーカーによって推奨している距離や期間が異なりますし、普段の車の使用状況によっても異なります。

例えば、以下のような「自動車に負担が大きい使用状況」なら、エンジンオイルが劣化するのも早いです。

・営業車等で走行距離が年間2万km以上ある

・買物や子供の送迎等で1回8km以内の短い距離しか走らない

・渋滞や信号待ちをすることが多く、低速走行やアイドリング状態が多い

・山道の上り下りが多く、ブレーキを頻繁に使用する

・砂利道、雪道、凹凸道など、道が悪い場所をよく走る


ですので、もし車を運転する時、上記のような状況が多いなら、メーカーが推奨している交換時期より早めのサイクルでメンテナンスを実施するのがおすすめです。

オイルフィルターの交換時期の目安は?

エンジンオイルを交換する時、一緒に「オイルフィルターはどのくらいの頻度で交換するべきか」と悩んでしまいますよね。オイルフィルターの交換時期は一般的には「エンジンオイルを交換する時に2回に1回交換する」のが目安と言われています。

が、大手メーカーが推奨している「標準交換時期」はこんな感じですよ。

・ガソリン車・・・15,000km
・ターボ車・・・10,000km
・ディーゼル車・・・10,000~20,000km


これを見ると、オイルフィルターを交換する時期は必ずしも「エンジンオイル交換時に2回に1回」とは限らずに、

エンジンオイルを頻繁に交換する人は「2~3回に1回」交換。逆にあまり交換しない人は、「エンジンオイルを交換する時に毎回一緒にオイルフィルターまで交換」。

という風に、エンジンオイルを交換するサイクルに合わせてオイルフィルターも交換すると良いですね。

スポンサーリンク

エンジンオイルの交換時期 軽自動車の目安は?

エンジンオイル 交換時期 過ぎた

次に軽自動車のエンジンオイルの「おすすめ交換時期」として、よく言われているのはこのような時期です。

・距離・・・3,000km
・期間・・・3ヵ月


見ての通り、普通車より軽自動車の方が交換時期が早くなります。

というのも、普通車のエンジンオイル量が4~5リットルなのに対し、軽自動車は2.5~3リットルと少なめです。少ない排気量でエンジンを高回転させるので、その分オイルに負担がかかり、劣化するのも早くなるんです。

とはいえ、大手メーカーHPで軽自動車のエンジンオイルの交換時期を見ると

・距離・・・10,000km
・期間・・・1年間


としているメーカーもあります(もちろん、もっと早い時期の交換を推奨しているメーカーもありますが)。現代は昔よりも車の性能も高くなっているので、必ずしも3,000kmや3ヵ月で交換する必要はなさそうです。

ただし、普通車同様に軽自動車も「車に負担がかかる使用状況」の場合は、標準交換時期より早めの交換が望ましいので、ご注意くださいね。

ちなみに、私の母親も軽自動車に乗っていますが、エンジンオイルを交換するのは「車検時のみ」です。

年間走行距離は6,000kmくらいで、10年以上同じ車に乗っていますが、未だに故障1つしていません。

私の母親の例は少し極端ですが、そこまでオイル交換の時期に神経質にならなくても大丈夫そうです。


スポンサーリンク

エンジンオイルの交換時期が過ぎた!車は大丈夫!?

前回のエンジンオイル交換時に指定された交換時期が過ぎてしまった場合、「車が故障するんじゃないか!?」と心配ですよね。結論から言いますと、少しくらい交換時期が遅れたからといって、


すぐに車が故障するワケではありません。


極端な話、車が「走るだけでOK」なら、エンジンオイルが入ってさえいれば、古いオイルだったとしても車は動きます。

上記したようにメーカーが指定している普通車のオイル交換時期の目安は15,000kmですし、私の母のように「車検の時にしかエンジンオイルを交換しない」という人も多いです。

それでも、大抵の車は問題なく走りますし、もし故障したとしても、故障の原因はエンジンオイルではなく、他の箇所にあるのがほとんどです。


にも関わらず、なぜ皆「オイル交換が大切」と言うのかというと、オイルを使い続けると、当然ながら汚れて性能が落ちてしまいます。そうなると、

・車のパワーが落ちる
・燃費が悪くなる
・寿命が短くなる


等の問題が出てきます。また、さらに悪くなると非常にマレですが、エンジンが焼き付いたり、マフラーから煙が出てくる事もあります。そうなると、修理費がかえって高くなってしまいます。


だから、そうなる前にオイル交換が必要なんです。


元整備士の友達に言わせると、「最初のうちは交換頻度が多少遅くても大丈夫だけど、走行距離や使用年数が長くなるにつれて、オイル交換をサボっている車は異音がしたり、振動や燃費が悪くなる」との事。

車を使い捨て感覚で乗るなら「車検時のみのエンジンオイル交換」で大丈夫でしょうが、長く乗り続けたいなら最低でも「メーカー指定の交換時期にはエンジンオイルを交換」した方が良さそうです。


ちなみに、ガソリンスタンド等で「5,000km or 半年」での交換を勧めるのは、オイル交換を忘れてしまった場合、次のタイミングで交換しようとする人が多いためだそうです。

例えば、5,000kmで交換を逃すと、次のタイミングは10,000km。これなら特に問題がありません。が、10,000kmで案内していた場合、次のタイミングは20,000km。これだとオイルへの負担が大きい上に距離が長いので、お客さんも忘れがちになるんだとか。


エンジンオイルの交換時期が過ぎた!普通車・軽自動車の目安は?まとめ

いかがだったでしょうか?エンジンオイルの交換時期を過ぎたからといって、すぐに車が故障する事はありませんので、安心してください。

エンジンオイルの適正交換時期は車種によっても異なりますので、まずは使用されている車種の適正交換時期を確認してみると良いですね。