【絵本読み聞かせの効果】親子のコミュニケーションが人間性を育てる?

絵本の読み聞かせって脳の成長に良い効果があるっていいますよね。「本当かいな」と思いながらも、娘が3ヵ月の頃から絵本の読み聞かせをしていたら、

6ヵ月で絵本大好きっ子になりましたよ(*´ω`*)

泣いている時でも絵本を見せると泣き止んじゃいます。これ、かなり便利です。

思わぬところで絵本読み聞かせ効果が現れましたよ!というワケで今日は「絵本の読み聞かせの効果」についてまとめてみましたよ~。

スポンサーリンク

読み聞かせの効果 親子のコミュニケーションがとれる


絵本の効果ってイロイロありますけど、1番の重要な効果ってコレだと思うんです。特に子供が小さくて言葉が話せない時って、どうやってコミュニケーションをとればいいかわかりませんよね。そんな時、絵本を読み聞かせることで


誰でもカンタンに子供とコミュニケーションがとれますよね。


しかも肌を合わせて1つの絵本を読むのって子供の「ママといると安心するなぁ」という気持ちを育てるのに良いんです。この「ママと一緒にいると安心できる」という気持ち(愛着)は、心理学でも「子供の情緒の安定」や「健康な成長」に大きな影響があると実証されているんですよ~。


「愛着を育てる読み聞かせ」のポイントですが、
・ヒザの上で抱っこして読む
・一緒に横になって体をくっつけて読む


こんな風に体を密着させて読むと、子供は「ママに守られている」と安心できます。子供が心地よく感じるのがポイントですよね。これだけでも立派なコミュニケーションになりますよ~(*´ω`*)

スポンサーリンク

読み聞かせの効果 人間性を豊かにする


絵本って「次はどうなるんだろう」ってドキドキワクワクしながら読みますよね。続きは知っているはずなのに、なぜか毎回ドキドキワクワクして楽しみながら読めちゃいます。

一般的に絵本の効果って

・好奇心が育つ
・共感力がつく
・語彙(ごい)が増える
・脳が発達する
・集中力がつく


と言われてますけど、難しいことは考える必要はなくて「ドキドキワクワクしながら読める」コレが大切なんじゃないのかなぁ、と。だって、1番大切なのは


子供とあなたが楽しんで読める


ってことですからね♪子供とあなたが一緒に楽しめること前提で、ついでに上に挙げたような良い効果もあって、総合的に「人間性が豊かになる」んじゃないのかなぁ、と思います。

難しく考えず、「子供と楽しんじゃおう♪」という気持ちで読み書かせすると良いですよ~。


[adsense]

読み聞かせの効果 ステキな思い出ができる


読み聞かせ効果
私、小さい頃、お母さんのヒザの上で絵本を読んでもらうのが大好きでした。


お気に入りの絵本は「眠りの森の美女」。


王子様が眠りについているお姫様を助けて、最後は2人で幸せに暮らすという女の子なら誰もが憧れるプリンセスのお話です。

ハッピーエンドのストーリーが好きだったのはもちろんですが、それよりもお母さんに抱っこされて絵本を読んでもらえるのが嬉しかったのを覚えています。抱っこされたくて、何度も何度も「絵本読んで」とおねだりしてお母さんを困らせたものです。

こんな風に20年以上たっても色あせない、心がほっこりする思い出を子供に残すことができるってステキじゃないですか?


一緒に読まれている記事
【絵本読み聞かせのコツ】赤ちゃんに読み聞かせする時にはどうするの!?


絵本の読み聞かせの効果 まとめ

いかがだったでしょうか?
絵本の読み聞かせの効果ってイロイロありますけど、難しいことを考える必要ありません。「子供とあなたが一緒に楽しむこと」が一番大切です。肩の力を抜いて、子供と楽しい時間を過ごしてくださいね(*´ω`*)