赤ちゃんの紫外線対策にケープがオススメな6つの理由

になると赤ちゃんの紫外線対策が必要ですよね。

あなたはどんな紫外線対策をしていますか?日焼け止め、防止、日傘、ケープ、色々と考えられると思うのですが、


私はダンゼン、ケープがオススメです!


というワケで、今日は「赤ちゃんの紫外線対策にケープがオススメな理由」をまとめてみましたよ!

「お前はケープ会社の回し者か!」ってくらいケープのゴリ押しです(笑)

スポンサーリンク

1、ベビーカーでも抱っこ紐でも使える

ケープは「ベビーカー」だろうと、「抱っこ紐」だろうと関係なし!ベビーカーしか持っていない人、抱っこ紐しか持っていない人、両方を使い分けている人、



どんな人だって問題なく使えちゃいます。



これが日傘だったらどうでしょう?抱っこ紐には良くても、ベビーカーには使えませんよね。

しかも日傘だと片手がふさがるので、他に荷物が持てませんし(←コレ本当困る!)、時間と場所によっては赤ちゃんがうまく日陰になりません。



気が付いたら、足だけ紫外線が当たって真っ赤に・・・(´;ω;`)



なんて事も有ります。同様にベビーカー用の日よけも、足まではカバーできませんよね。

その点、「全身をカバーできる」上に、「ベビーカーでも抱っこ紐でも使える」ケープは優秀な紫外線対策グッズといえるでしょう。

スポンサーリンク

2、日焼け止めを塗らなくても良い

月齢が低い0歳時って、手に塗った日焼け止めをペロペロ舐めちゃいますよね。

しかも、まだ肌が弱いので、日焼け止めを塗るのに抵抗があります。その点、ケープなら上から被せるだけで、



日焼け止めを塗らなくても大丈夫♪



近くのスーパーに「ちょっとした買い物」に行くときや、上の子供の「保育園送迎時」など、日焼け止めを塗らずにさっと出かけられるので便利ですよ。


3、室内での冷房対策になる

夏の電車内お店の中って「冷房が効きすぎていて寒い!」って事がけっこうありますよね。そんな時でも



ケープがあれば無問題!



赤ちゃんにさっとかけるだけで、ちょっとした冷房対策になっちゃいますよ。もちろん家の中でも使えます。

気温の変化にデリケートな赤ちゃんにぴったりですね。


4、授乳ケープとして使える

特に月齢が低い乳児は授乳回数が定まっていないので、外出の時大変です。

自分が赤ちゃんを産んで気づいたのですが、大型スーパー以外じゃ中々授乳室ってありませんものね(´・ω・`)

そんな時でも、ケープを取り出せばあら不思議。なんてことないケープが



授乳ケープに早変わり!



これだとどこにでも外出できますね。他にも友達の家親戚の家に遊びに行って、授乳に別室を借りにくい時なんかにも使えちゃいますよ。

5、虫よけ効果がついているものもある

最近のUVケープはなんと虫よけ効果まで付いているんですよ!スゴイですよね。

数年前にはデング熱も流行りましたし、



夏の虫よけ対策には気を遣いたいものです。



ケープだと虫よけ効果がついている上に、肌が布で覆われるので、安心ですよね。ホコリや雨を防げちゃうのも嬉しいところです。

公園への散歩」や「海・山へのレジャー」、「田舎の実家への里帰り」にも最適です。


6、靴下を嫌がる赤ちゃんにも使える。

夏になると普段は裸足ですごす赤ちゃんも、外出する時は紫外線対策で靴下を履くと思うのですが、そんな時



靴下を嫌がる赤ちゃんっていませんか?



はい、うちの娘がそうで、靴下をはかせるとものすごーく嫌がって、無理やり脱いじゃうんです。何が気に入らないの、娘ちゃん(´;ω;`)

そんな靴下嫌いな赤ちゃんにもケープは大活躍!ケープだったら嫌がりようがありませんものね♪



赤ちゃんの紫外線対策にケープがおすすめ理由まとめ

いかがだったでしょうか?赤ちゃんの紫外線対策はしっかりしたいもの。

そんな時、どこでも使えて全身をカバーできるケープは本当オススメです!良かったら夏の日焼け対策候補として検討してみてくださいね(*´ω`*)